世界と戦う為に。オーストラリアへの留学・進学なら

無料ご相談・お見積り

ページを選択

別の項でも解説していますが、日本とオーストラリアでは高校までの教育制度が異なる為、日本の高校を出てオーストラリアの大学に進学する為には、Foundationと呼ばれる教養課程を修了する必要がありますが、近年ではTAFEや大学付属の専門学校に入学し、大学に編入すると言う流れも一般化してきています。 このページでは、それら専門学校についてもう少し詳しく解説します。

オーストラリアにはTAFEと呼ばれる公立の専門学校があります。日本にも専門学校は多数ありますが、オーストラリアのTAFEは、世界的にも認められている学位で、様々な分野で実践的なことを学び、実務現場で即戦力となる人材育成、輩出を行っています。学位は、Certificate III、Diplomaなどの呼称です(厳密には、Certificateは修了証、Diploma以上が学位)。このTAFEの卒業だけでも社会人として十分に通用するのですが、卒業後に大学に進学(編入)するパターンも多数見受けられます。また、大学付属コースとしてDiploma(専門学校課程)を開講している大学も多数存在します。同じDiplomaでもこの2つは全く異なりますので注意が必要です。どちらが良い悪いということはありません。目的にあった選択肢を選びましょう。Foundationも含めてメリット、デメリットを羅列してみます。

Foundationコースのメリット・デメリット

メリット

  • 必要な科目をFoundation中に履修し、基準となる成績を満たせば、オーストラリアの全大学、全学部への進学が可能
  • 原則英語を母国語としない留学生を受け入れている為、授業にもスムーズに入っていける
  • リサーチ、プレゼン、レポートなど大学で必要なノウハウを学べる

デメリット

  • 他の選択肢と比べて大学卒業までに時間がかかる

TAFE進学のメリット・デメリット

メリット

  • 実務的なことを学べる
  • その為TAFE、大学在学中にもアルバイトを見つけやすい
  • TAFEで終えて大学編入しない場合でも、学位として世界的にも認められている

デメリット

  • 大学進学を見据えている場合、リサーチ、プレゼンスキルなどが他の選択肢と比べて若干遅れることがある(若干です)
  • 大学付属Diplomaと比べると、単位免除が限られる場合が多い。結果、大学付属よりは卒業まで時間がかかる
  • 単位免除を得られる大学に限りがある

大学付属専門学校進学のメリット・デメリット

メリット

  • 原則英語を母国語としない留学生を受け入れている為、授業にもスムーズに入っていける
  • リサーチ、プレゼン、レポートなど大学で必要なノウハウを学べる
  • 原則、3つの中で一番早く大学を卒業できる

デメリット

  • 全ての大学でこの制度を受け入れているわけではない
  • 受け入れている大学でも、全ての学部学科に対応しているわけではない
  • Diplomaで終えた場合に、ペーパー上は学位にはなるが、実質あまり認められていない(ただし日本では、日本の大学編入例はあります)

つまりどの選択肢も一長一短、どのような学科を希望し、将来どうしたいのか次第でお勧めのプランも大きく異なります。大学.com.auは、オーストラリアの大学に正式に認められた相談窓口ですから、留学や進路のご相談、出願手続き代行も無料です。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせボタン