世界と戦う為に。オーストラリアへの留学・進学なら

無料ご相談・お見積り

ページを選択

持込が禁止されているもの

生活用品:持参したほうが良い生活用品

オーストラリアで快適に生活する為に、渡豪の際に持参したほうが良い生活用品をご紹介します。

コンピューター

現地でも日本語対応のコンピューターを手に入れることは出来ますが、日本でパソコンやインターネットを頻繁に利用している人は、使い慣れたものを持参することをお薦めします。

変圧器

オーストラリアの電圧は240V(日本の電圧100V)で日本と違います。日本のドライヤー、充電器などの電化製品やコンピューター等を持参する場合、必ず製品にあった変圧器やプラグをご確認ください。

洋服や下着

オーストラリアでは最近、下着の質がよくなり購入しやすくなりました。しかし、小柄の方の下着や洋服は、少ないようです。日本の下着や洋服は、すぐれていますので、自分にフィットするものを持参されたほうが良いでしょう。靴もサイズが小さめ(23センチ以下)の方は、日本から余分に持参されたほうが良いでしょう。

常備薬

風邪薬、胃腸薬、痛み止め等の薬はオーストラリアでも買えますが、日本で服用しなれているものを持参されることをお薦めします。また、痒み止め、目薬、シップ等日本で使用しているものを持って来られると良いでしょう。

化粧品や日焼け止め

化粧品はオーストラリア人の肌質に合わせて作られているので、アルコールや香料が入っている物が多くきつすぎて合わない場合があります。特に敏感肌の人は、日本で使い慣れたものや愛用しているものを持参されることをお薦め致します。オーストラリアは紫外線が強いですので、日本から使い慣れた日焼け止めクリームも持参されたほうが良いでしょう。

その他 持参すれば重宝するもの

最近は主要都市にかの有名な百円SHOPがオープンしていますので、何でも手に入るようになりました。日本では百円ですが、オーストラリアでは$2.80、ちょっと高めです。しかし、品質と物価を考えるとお得です。
筆記用具
ノートやペン、消しゴム、マーカー等は、日本製品のほうが質は優れていますし、種類も豊富です。こちらでも買えますが、高いです。
辞書
電子辞書は大変便利です。こちらでも買えますが、型が古くとても高いので、持参されたほうがよいでしょう、普通の英和・和英辞書も持参したほうが良いかもしれません。特に現地の私立ビジネス学校、TAFEや大学等では、試験時に辞書の使用を認めている学科もあります。
緑茶、インスタント味噌汁
現地のスーパーでも緑茶のティーバッグは買えますが、高価でおいしいとはいえません。また、インスタント味噌汁もスーパーで売っていますが、高いです。日本から持参したほうがよいでしょう。税関で申告することをお忘れなく。
折り紙
ホームステイ先にいる子供、ボランティア先の老人ホームや幼稚園で日本のおりがみを披露するチャンスがあるかもしれません。こちらではスーパーに売っていませんので、持参したほうがよいでしょう。日本独特の模様の折り紙も人気があります。また、プレゼントとしても喜ばれます。

オーストラリア国内に持ち込めないもの

海外からの旅行者のための重要な検疫情報(申告しなければならない品目・持込み禁止品目)です。

 

お問い合わせボタン