オーストラリアでの滞在先の探し方

オーストラリア留学を計画している時、「滞在先の探し方が分からない」「そもそもどんな種類があるの?」と困ってしまう方も多いようです。

慣れない国で部屋探しをするというのはとても不安ですよね。しかし妥協して決めてしまうと、実際に住んでみたら酷かったということも。

オーストラリアの住まい事情は日本と大きく異なるため、部屋の種類や部屋探し方法の違いについて、事前に知っておく必要があります。

満足した留学生活を送るため、部屋探しを成功させましょう。

滞在先の種類

家賃や条件は都市によって異なりますが、一般的な目安は以下の通りです。

主な滞在先としては、シェアハウス 、学生寮、ホームステイ、アパートの4つがあります。

日本では一人暮らしがほとんどですが、オーストラリアは家賃が高いため、部屋やアパートをシェアして暮らすスタイルが一般的です。

 

 

シェアハウス

ほとんどの学生やワーキングホリデーの方が選ぶのがシェアハウス 。

大きな一軒家をオーナーが貸し出し、5-10人で住むという場合が多く、部屋によって個室だったり、一つの部屋を数人でシェアしたりします。

契約する前に内覧する必要があるため、渡航後に探して決めるのがおすすめです。

メリット・デメリット

○家賃の範囲が広いため、安く済ませることもできる

○物件数が多く、住みたい場所で見つけやすい

○家具完備、光熱費&wifi込みで、初期費用がかからない

○契約が簡単

×プライベートが少なく、共用が多い

×ハウスメイトとのトラブル

×安い部屋だと古い、汚い、狭いことが多い

探し方

シェアハウスの探し方については別の記事で詳しく紹介しています。

 

学生寮

大学はキャンパス内に学生寮を持っていることが多く、大学生の方はそこに住むことができます。大学が学生寮を持っていない場合や、カレッジ・TAFE・語学学校の学生が学生寮に住みたい場合は、会社が運営している学生寮に住むことができます。

部屋の質と家賃は、シェアハウスとホテルの間という感じです。

メリット・デメリット

○学校から近くて通学が楽

○学校or運営会社の管理でセキュリティ安心

○契約が簡単

○建物が綺麗で娯楽設備があることも

○学生同士の交流が盛ん

×家賃が高く、光熱費・wifi別

×学生が集まるため、騒音が気になることも

×部屋がすぐ埋まる

 探し方

大学が学生寮を運営している場合は、大学を通じて申し込みましょう。

それ以外は、以下のようなwebサイトを使って自分で探す必要があります。

iglu

Scape Living Student

Unilodge

 

入学直前になって寮に申し込もうとしても、人気で埋まっている場合がほとんど。学生寮に住むことを考えている方は、進学を決めると同時に申込をするのがベストです。

 

 

ホームステイ

現地の人とオーストラリアらしい生活してみたいという方に人気のホームステイ。長期で滞在する方よりは、語学学校などの短期留学の方が選ぶ傾向があります。

食事付きがほとんどで、毎日朝食と夕食が出るところもあれば、週末は昼食も出るというステイ先があります。

ただリスクも大きく、事前に家庭を見学できないため、実際の雰囲気や家族の人柄などは行ってみるまでわかりません。さらにシェアハウスのように気軽に入居・退去をするのが難しいです。

そのためホームステイをしたい人は、いきなり長期の契約をするのではなく、短期から始めるのがおすすめです。

メリット・デメリット

○食事、家具、光熱費・wifiが込み

○英語の練習ができる

○知り合いができ、オーストラリアの暮らしを知ることができる

○現地でのサポートをしてくれることも

×当たり外れが大きい

×郊外にあることが多く、交通の便が悪い

×ステイ先独自のルール(シャワーは○分までなど)

×提供される食事が合わないことも

探し方

学校がホームステイ先の斡旋をしていることもありますが、していない場合は自分で探す必要があります。

弊社で紹介しているのはAHNというサイトで、オーストラリア全土のホームステイ先が探せます。

ステイ先の希望としてよく聞かれるのは「ペットがいてもいいか」「子供のいる家庭でもいいか」などです。

細かな要望を伝えることもできますが、必ず聞いてもらえるとは限りません。

アパート

自分でアパートのオーナーや不動産屋と契約して、一室を借りるタイプ。駐車場やベランダ、専用のジムがついていることもあります。

契約時のやりとりは全て英語となり、交渉やトラブルへの対処などの難易度が高め。さらにwifiや光熱なども自分で契約する必要があります。

家賃は挙げた中で一番高いですが、2~3人でシェアすれば比較的安く借りられることも。そのため友達やパートナーと一緒に住んでいる人も多いです。

家具が全て備わっていることはあまりなく、自分で買い揃える必要があります。

学生やワーキングホリデーでアパートに住んでいる人は少なく、現地で働いている人や長期滞在者が多めです。

メリット・デメリット

○自由度が高い

○プライベートが守られる

○建物が綺麗

○セキュリティがしっかりしている

×家賃が高い

×契約やトラブル解決を自分でする必要あり

×最低契約期間が長い

探し方

以下のwebサイトではオーストラリアの物件を探すことができます。

realestate  domain

その他にはfacebookなどのソーシャルメディアやwebサイトで、アパートの部屋を貸し出している人を探すこともできます。

オーストラリアではアパートを個人で契約した人が、使わない一部屋を誰かに貸す(又貸しのような形)ことがよくあります。

その場合は個人間での契約となり、家賃や条件は先に契約した人が決めることが多いです。

 

 いい滞在先が見つかりますように!

住みたい滞在先のタイプは決まりましたか?

 探すのは大変かもしれませんが、一度いい住まいを見つけたら、留学生活はより充実したものになります。

いい滞在先を見つけられるように、事前の下調べは入念に行ってくださいね。

オーストラリア留学について何かわからないことがありましたら、お気軽にご相談ください。

留学生インタビュー①

ウーロンゴン大学で経済学を勉強している学生にインタビューをしました。

留学生インタビュー②

ウーロンゴン大学の大学院でプロジェクトマネジメントを勉強している学生にインタビューをしました。

Facebook instagram LINE 無料で相談する