世界と戦う為に。オーストラリアへの留学

無料ご相談・お見積り

ページを選択

オーストラリア永住ビザについて

オーストラリア永住ビザについて

永住ビザは自力での取得が可能です。
オーストラリア移民省HPによりますと、具体的には
・年齢(45歳未満)
・英語(IELTS全セクション6.0以上)
・職業、技能
の最低条件を満たした上で、経験、学歴などを加味したポイントテストでミニマム60点以上を獲得する必要があります。
その他諸条件はありますが、つまり上記3項目の最低条件は最低でも満たさないといけません。

年齢・・・こちらは動かしようがありません。45歳以上の方はこの制度では残念ながら申請不可となりますが、ポ イントテストのスコアバランスから、現実的には40歳を超えると難易度がかなり増してしまいます。40歳、あるいは45歳を超えてしまう場合は別ページの【オーストラリア就労ビザについて】をご参照ください。

英語・・・IELTSの6.0というスコアについてぴんと来ない方も多いかと思いますが、TOEICで言えば概 ね750~850点くらいとお考えください。ただ、英語についてもスコア次第でポイントも異なり、経歴次第ではありますが多くの場合は最低で もIELTS7.0はほしいところです。英語についてはネイティブスピーカー並みの英語力になることは難しいといえますが、IELTS6.0 あるいは7.0というスコアは、努力の質と方法でクリアすることは十分可能ですし、実際に達成する日本人も決して少なくありません。

職業、技能・・・移民省がリストアップしているオーストラリアの需要職業リストがこちらです。

つまり、オーストラリアでこれらの資格や技能、経験を持つ人材が不足している為、海外から移住を促進してオーストラリア経済に貢献してもらい たい、というのが永住ビザの制度のひとつです。

厳密には、これらの多くはオーストラリアで通用する資格を保持している必要があります。日本は資格制度が鎖国的 で、海外の資格を保持していても日本で認められるものは多くありませんが、つまり日本の資格を持っていてもオーストラリアでそのまま通用する とは限りません。しかしながら、職種によっては資格を移行できる物や、上記リストの職種の中でも資格ではなく経験のみを対象としているものも あります。
オーストラリア永住ビザに興味があり、この職業リストに近い経験や資格(オーストラリアのもの以外でも)をお持ちの方は、ぜひお気軽に弊社ま でお問い合わせください。

オーストラリア就労ビザについて

最新ホットニュース

おすすめ大学コンテンツ

留学生インタビュー①

ウーロンゴン大学で経済学を勉強している学生にインタビューをしました。

留学生インタビュー②

ウーロンゴン大学の大学院でプロジェクトマネジメントを勉強している学生にインタビューをしました。

オーストラリア大学.comの特徴

  • オーストラリアの大学や各州の教育省に認められた正式な留学指定窓口だから安心
  • 全ての大学を公平に判断、あなたのキャリアパスにあった「この一校」を選定
  • 複数同時出願も可能
  • アドバイスや手配費は無料(大学によっては出願申請費がかかることをご了承ください)
  • 正規留学相談だけを扱ってきた経験豊富なカウンセラー陣
  • 大好評!気になる卒業後の進路の無料相談

無料留学カウンセリング

海外留学に興味はあるけどどんな留学をしたいのかまだ決まらない方から、やりたい仕事や取りたい資格など目的や目標に向けた具体的なプランまで、お気軽にご相談いただけます。

お問い合わせボタン