世界と戦う為に。オーストラリアへの留学・進学なら

無料ご相談・お見積り

ページを選択

オーストラリアの大学一覧

オーストラリアには37の公立大学と2つの私立大学、あわせて39の総合大学があります。
中には複数都市や複数の州にまたがってキャンパスを持っている大学もありますが、以下の一覧ではメインキャンパスのある州で統一しています。

また最近オーストラリアの学費があがっていることからだと思いますが、「安い大学はどこでしょうか?」という質問を多くいただきますので、オーストラリアの学費が安い大学ランキングもご参考にしてみてください。またご希望の大学が既にある場合、大学提携の学校に入ることで結果的に学費が安くなったり、希望の大学に入学出来る可能性が高まる事もありますので、大学提携・付属 ファンデーション・ディプロマコース一覧もチェックしてみてください。

ご興味ある大学や学部、学費やスケジュール、大学入学から卒業までの流れ等、些細なことでも構いません、無料ですのでお気軽にお問い合わせください。

学費が少し上がっている?

オーストラリア政府は2018年から2021年にかけて、学校への費用は毎年最大1.8%、段階的に増加し合計7.5%の増加となると発表しています。ただオーストラリア国民が受けれる日本でいう教育ローンが受けれる年収閾値は下げたりしてバランスを取っています。学費があがっているにもかかわらずオーストラリアへの大学留学の人気は衰えていません、その背景には特にアジアの留学生人気があると考えます。

奨学金を賢く利用しよう

こちらのページでも紹介していますが、奨学金は数多くありますので一度チェックしてみましょう。返済が不要の奨学金は中々ハードルが高いですが、日本でも低利子の奨学金がありますので、検討してみましょう。

ACT州(オーストラリアンキャピタルテリトリー)

オーストラリアの首都キャンベラをかまえるACT州ですが、なんといっても名門オーストラリア国立大学があります。

大学名 Timesランク
オーストラリア国立大学 47位
キャンベラ大学 401~500位

NSW州(ニューサウスウェールズ州・州都シドニー)

NSW州(ニューサウスウェールズ州・州都シドニー)

オリンピックで一躍有名になったシドニーですが、オーストラリアでも随一の大学が集結しています。また学生が多いことから仕事や生活面でも非常に便利です。

大学名 Timesランク
シドニー大学 60位
シドニー工科大学 201~250位
マッコーリ大学 251~300位
ウエスタンシドニー大学 401~500位
ニューサウスウェールズ大学 78位
オーストラリアンカソリック大学 501~600位
ウーロンゴン大学 251~300位
ニューカッスル大学 201~250位
ニューイングランド大学 -
サザンクロス大学 501~600位
チャールズスタート大学 -

VIC州(ビクトリア州・州都メルボルン)

メルボルンもシドニーと同じく大学が集まっています。特にRMITはアートやファッションなどのカルチャーの分野で人気がありますし、またメルボルン大学も日本の留学生から人気が高いです。

大学名 Times
メルボルン大学 33位
モナッシュ大学 74位
RMIT大学 401~500位
ラトローブ大学 351~400位
スインバン工科大学 351~400位
ビクトリア大学 351~400位
バララット大学 -
ディーキン大学 251-300位

QLD州(クイーンズランド州・州都ブリスベン)

クイーンズランド州は名門クイーンズランド大学がありますし、また看護に強いサンシャインコースト大学や、海洋学や環境学などに強いジェームスクックなど、各大学で特化したコースを持つ大学が数多くあります。

大学名 Times
クイーンズランド大学 60位
クイーンズランド工科大学 201~250位
ジェームスクック大学 251~300位
グリフィス大学 251-300位
南クイーンズランド大学 601–800位
サンシャインコースト大学 501–600位
セントラルクイーンズランド大学 501–600位
ボンド大学 501~600位

SA州(サウスオーストラリア州・州都アデレード)

SA州(サウスオーストラリア州・州都アデレード)

WA州(ウエスタンオーストラリア州・州都パース)

WA州(ウエスタンオーストラリア州・州都パース)

NT準州(ノーザンテリトリー)

NT準州(ノーザンテリトリー)

TAS州(タスマニア州・州都ロンセストン)

TAS州(タスマニア州・州都ロンセストン)

オーストラリアの大学を選択する3つの理由

ここではオーストラリアの大学が選ばれる理由をおさらいしましょう。

1.教育

高い教育水準

オーストラリアの大学は世界的に見て教育水準が高いです。世界のトップ100大学に6大学がランクインしているほどです (日本は5大学)。更に、オーストラリアの大学は全部で39大学ですが、そのうち37大学が国立大学です。39大学しかないにもかかわ らず、世界トップ100大学に6大学がランクインしているので、いかに教育水準が高いかを物語っています (日本の大学数は758大学)。

入学しやすい

オーストラリアの大学は、原則書類審査で進学が可能です(条件あり)。また、アメリカの大学のように難解な試験 ( SAT/ACT、GRE/GMAT等) を受験する必要もありません。更に英語の推薦状を用意する必要もなく、これだけ高い教育水準であるにもかかわらず、アメリカやイギリスの大学と比べると、とても入学しやすい環境です。

また成績判定も、日本でいうところの偏差値の高い高校か低い高校かというレベルでは見られません。純粋のその高校や大学の成績をで評価されます。そもそもオーストラリアには偏差値という考え方がありません。

2~3年で学士取得可能

オーストラリアの大学は学部にもよりますが、一般的に3年制です。オーストラリアの大学に入学するには、一定の英語力等が必要ですので、高校卒業後、大学で英語を使って授業が受けられる準備をする為の学年に入学することが一般的です。よって、それを加えても大学によってはちょうど4年間で大学を卒業することができます。大学によっては、1年3学期制(通常2学期)の所もあり、最短2年での学士取得も可能です。

安全

治安が良い

まずは、オーストラリアは日本と同様に、銃規制が敷かれています。また、夜も普通に外を歩ける環境です。イギリスの経済専門誌『工コノミスト」による安全な都市トップ50には、6位にシド二ー、9位にメルボルンがランクインしています。

時差がない

時差がないこともオーストラリアが日本との関係で有利な点です。例えば大都市のシドニーとは時差が1時間です (夏時間は2時間)。日本の家族や友達との連絡は何も気にすることなく、ラインも FBもスカイプもでき、とても安心です。

日本に友好的な親日国

オーストラリアには親日家が多く、日本語学習者の数は世界で第4位 (英語圏ではダントツNO.1) とその数字を今も伸ばし続けています。また、生活環境も多くの日系のお店やレストランも進出してきており、食に関しても日本にいるときとそう変わらない環境で生活をすることも可能です。

無料通訳サービス

オーストラリアは、多文化主義で世界中からいろいろな国の人が集まる為、公共機関の無料通訳サービスが充実しています。なのでビザや銀行関連、医療で困った時は実は日本の通訳サービスを無料で利用することが出来ます。

環境

多文化主義

多文化主義オーストラリアは、長く政府の政策の元、多文化主義がとられている影響で、世界各国の人たちが集まる国です。その為、オーストラリアにいる人々は母国語が違う人に対してあまり抵抗がなく、外国人に対して慣れているので、私たち日本人も暮らしやすい雰囲気です。オーストラリアにいながら普通に世界中の人々に出会い、自然と異文化交流しながら、多種多様な考え方を学ぶ事が出来る国なのです。

学生ビザで働ける

これも大きな特長です。他国の学生ビザでは、一般的に働くことができません。でもオーストラリアでは、学生ビザでも働くことができます。働くことで、学費や生活費を補助することもできますし、英語の環境で社会経験を積むことは、大学卒業後の就職等の際にとても役立つ経験となります。

英語条件はありますが、学士や修士号卒業後(2年以上の勉強)は、1~2年間の就学ビザの取得も可能になってくるので、海外での職歴を積むこともできます。

就職・仕事サポート

最新ホットニュース

おすすめ大学コンテンツ

留学生インタビュー①

ウーロンゴン大学で経済学を勉強している学生にインタビューをしました。

留学生インタビュー②

ウーロンゴン大学の大学院でプロジェクトマネジメントを勉強している学生にインタビューをしました。

さまざまな形の豪州挑戦をサポート

 

英語とスキルと就職を同時に。

手に職+英語は最強のオプション!
現地就職のチャンスも圧倒的に広がります。

豪州の大学で学び、世界と戦う。

世界と戦う覚悟があるなら今しかない!
当社の様々なサポート体制で全力でサポートします。

キャリアチェンジするなら今です。

一生もののスキルを豪州で身につけましょう!
技能スキル留学は本当にオススメです。

まずは、とにかく英語を極める。

英語が出来ないと何も始まらない!
初めの一歩をオーストラリアで踏み出してみませんか?

オーストラリア大学.comの特徴

  • オーストラリアの大学や各州の教育省に認められた正式な留学指定窓口だから安心
  • 全ての大学を公平に判断、あなたのキャリアパスにあった「この一校」を選定
  • 複数同時出願も可能
  • アドバイスや手配費は無料(大学によっては出願申請費がかかることをご了承ください)
  • 正規留学相談だけを扱ってきた経験豊富なカウンセラー陣
  • 大好評!気になる卒業後の進路の無料相談

無料留学カウンセリング

海外留学に興味はあるけどどんな留学をしたいのかまだ決まらない方から、やりたい仕事や取りたい資格など目的や目標に向けた具体的なプランまで、お気軽にご相談いただけます。

お問い合わせボタン