世界と戦う為に。オーストラリアへの留学・進学なら

無料ご相談・お見積り

ページを選択

オーストラリアならでは!観光学とホスピタリティ

ホスピタリティ2 オーストラリア最大の産業の一つが旅行分野ですが、この分野に力を入れている教育機関は非常に多いといえます。特に専門学校でこの学科を持っていないところは珍しいくらいです。専門学校では主に実務分野(ガイド、手配、リテール、ホールセール、企画など)を主に学ぶのに対し、大学ではそれらも含む場合もありますが、むしろ旅行業をマーケティング、ビジネス面から捉えたものになっています。やはりマーケティング含めビジネスの基礎科目はおさえますが、専門分野として旅行に特化したビジネスを学んでいきます。いずれにせよ実務的にはもちろん、学問の1つとしても確立されている点で、日本とは大きく異なりますね。

広く観光業界に身を置いて仕事をしたい人は、専門学校への進学を考えるかもしれません。専門学校は、卒業後に即戦力として働ける人材を育成する訓練機関ですが、観光学を勉強するとひと口に言っても、ツアー・ガイドから手配業務、その中でも個人、団体、国内、海外の業務に分かれます。また、ツアー企画、マーケティングも観光学の一部です。各専門学校では、各自の希望分野に合わせたコース選択が可能です。

オーストラリア仕事バーテンダー

大学、大学院においては、より企画色、イベント色、マーケティング色の強い分野を学ぶことになります。専門学校で学ぶことも、大学で学ぶことも、いずれも大事な分野ですから、本格的に学びたい方は組み合わせて勉強されています(その場合は専門学校から大学に編入するパターンです。このパターンだと理論と実践、現場と管理の両方をバランスよく学べます)。また、学問としてのTourismの考え方=無形のモノのマーケティングの考え方は、スポーツ・マーケティング、イベント・マーケティング、ホスピタリティーをはじめとするサービス・マーケティングにも通じます。

ホスピタリティとは「おもてなし」という意味で、例えばレストラン業やホテルなどを思い浮かべればよろしいかと思います。ツーリズムとかぶる面もありますが、ホスピタリティの実務やマネジメントの方法論は旅行業とは似て非なるものですから注意が必要です。やはりこの分野も専門学校だと実務面を主に学び、ビジネス局面を大学でやる形です。多くの場合専門学校→大学編入という形か、専門学校で終わられるケースが多いようです。ホスピタリティのコースも、観光学と同様、専門学校過程では実務とその周辺理論を中心に学び、大学に進んだ場合は、ホテル経営などホスピタリティ産業にかかわるビジネス、マーケティングの側面を勉強します。

専門学校で実務面を主に学び、ビジネス局面を大学で勉強する形が主体です。多くの場合専門学校→大学編入という形か、専門学校で卒業するケースが多くなっていますが、最初から大学に入り、その中の1年目などに実務を学ぶ形もあります。ホスピタリティのコースも、観光学と同様、専門学校過程では実務とその周辺理論を中心に学び、大学に進んだ場合は、ホテル経営(レストラン含む)などホスピタリティ産業にかかわるビジネス、マーケティングの側面を勉強します。

ホスピタリティ1

ホスピタリティ実務の中には調理師も含まれます(調理師を目指さない方はもちろんホテル実務のほうに進むことができます)。調理師や菓子職人、パン職人を選択する場合、多くは1年~1年半かけて実務、半年~1年かけて飲食店運営、経営の全般を勉強する形になりますが、実務部分のみで終えても構いません。

ホスピタリティの分野の中でも調理関係についてはかつてはオーストラリア永住ビザ取得に直結し、今でも永住ビザに直結しないまでも就労ビザの取得チャンスは 数多くあります。しかし法改定により、今後(まだはっきりわかっていませんが)この分野での就労ビザ取得が困難になることも予想されています。しかし、調 理師の技術がある方、あるいは調理師ではなくても飲食店の現場と運営の経験と知識のある方で、一定以上の英語力のある方はアジアでかなり高いニーズがあり ます。また、外国人観光客が激増する日本国内においても高い需要がある分野であるといえます。ホテル業界はともかく、飲食業界はきついし待遇がよくない、 と、敬遠されがちですが、もうすでにその今までの常識は覆され始めています。

なぜオーストラリアの永住ビザや就労ビザには調理師が有利?

ツーリズム、ホスピタリティ共に、プログラムの中にインターンシップを取り入れている学校も多くあります。その際場合によっては有給のインターンシップになる場合もあり、経験のみならず給与も手に入れ、中には在学中継続してアルバイトしたり、さらには卒業後そのまま就職する学生も少なくないようです。

ホスピタリティを学べるオーストラリアの大学 一覧

クイーンズランド州によいホスピタリティの大学が集中していますが、特にグリフィス大学はQS world university rankings 2017のhospitality and leisure management部門で9位に入っています。これは世界の星の数ほどある大学の中でのランキングですので、大変すごいことがわかっていただけると思います。

グリフィス大学
大学名
グリフィス大学 QLD
ボンド大学 QLD
クイーンズランド大学 QLD
マードック大学 WA
エディスコーワン大学 WA
ビクトリア大学 MEL
ラトローブ大学 VIC

専門学校、大学、大学院、どれが良い悪いではなく、一人ひとりの目的や経歴によりお勧めのプランも異なってきますので、この分野にご興味のある方は、費用、見積もりなど、是非お気軽にオーストラリア大学.comまでお問い合わせください。

就職・仕事サポート

最新ホットニュース

おすすめ大学コンテンツ

留学生インタビュー①

ウーロンゴン大学で経済学を勉強している学生にインタビューをしました。

留学生インタビュー②

ウーロンゴン大学の大学院でプロジェクトマネジメントを勉強している学生にインタビューをしました。

さまざまな形の豪州挑戦をサポート

 

英語とスキルと就職を同時に。

手に職+英語は最強のオプション!
現地就職のチャンスも圧倒的に広がります。

豪州の大学で学び、世界と戦う。

世界と戦う覚悟があるなら今しかない!
当社の様々なサポート体制で全力でサポートします。

キャリアチェンジするなら今です。

一生もののスキルを豪州で身につけましょう!
技能スキル留学は本当にオススメです。

まずは、とにかく英語を極める。

英語が出来ないと何も始まらない!
初めの一歩をオーストラリアで踏み出してみませんか?

オーストラリア大学.comの特徴

  • オーストラリアの大学や各州の教育省に認められた正式な留学指定窓口だから安心
  • 全ての大学を公平に判断、あなたのキャリアパスにあった「この一校」を選定
  • 複数同時出願も可能
  • アドバイスや手配費は無料(大学によっては出願申請費がかかることをご了承ください)
  • 正規留学相談だけを扱ってきた経験豊富なカウンセラー陣
  • 大好評!気になる卒業後の進路の無料相談

無料留学カウンセリング

海外留学に興味はあるけどどんな留学をしたいのかまだ決まらない方から、やりたい仕事や取りたい資格など目的や目標に向けた具体的なプランまで、お気軽にご相談いただけます。

お問い合わせボタン