世界と戦う為に。オーストラリアへの留学

無料ご相談・お見積り

ページを選択

IT(情報工学)

オーストラリア 情報工学

将来を見据えたオーストラリア留学で意義のある学科の1つがITです。ITといっても分野はかなり幅広く、基礎研究はアメリカや日本の方が進んでいるといえますが、オーストラリアのIT技術は技術の応用化、実用化に優れていると言う点で特徴があります。

たとえば、各国政府は早くから、各種サービスの「電子化」に取り組んできましたが、オーストラリアでは、パソコン普及率の高さにそのニーズが裏付けられ、政府は早くから積極的に電子化を促し、現在では完全に電子政府となるに至りました。 ほとんどの人が、観光ビザや学生ビザなどをオンラインで申請するのですが、ビザ手続きのオンライン化についてもオーストラリアは先進国です。そのほか、納税などの行政手続き、保険手続やデビット・カード機能など日常生活に至るまで、情報技術革新のお世話になっています。

オーストラリアでITを学ぶ意義

オーストラリアでITを学ぶ意義は、普及、実用ベースの研究だけにとどまらず、日豪での就職面でも有意義です。IT学位はオーストラリアでの就職、永住ビザ取得のためにも有利ですが、永住ビザ取得後でも(ビザと無関係でも)、今オーストラリアでは「日本語のできるITパーソン」が不足しており、今から皆さんのうちの誰かがその人材になっても価値がある人材になります(少し前の情報ですがAmazonオーストラリアで日本人エンジニアを募集していました)。

また、日本でも「英語のできるITパーソン」は相変わらず人材不足ですから、とりあえず卒業後オーストラリアで働き、ちょっと恋しくなったら日本に戻るか…ということも十分に可能です。逆でも構いません。

ITをベースにしたコースは各大学とも特に力を入れており、一人ひとりのニーズや経歴に合ったコースを選ぶことも可能です。

大学院では、IT+MBAコースなども開講されており、文系出身者でも、厳密にはITとは言いませんが、IS(情報システム)を学ぶことでITを実社会に活用させる理論と実践を学び、かつ永住ビザとキャリア・アップを狙うこともできます。

オーストラリアのIT大学ランキングTOP3

2017年現在、オーストラリア国内の機関が発行しているIT大学ランキングTOP3は、1位 ウーロンゴン大学、2位 モナッシュ大学、3位 チャールズスタート大学の順番です。

オーストラリアのIT(情報工学)大学・大学院一覧

コース名 大学
Master of Computer Science ウーロンゴン大学
Master of Computer Science クイーンズランド大学
Master of Computer Science ニューサウスウェールズ大学
Master of Computer Science ニューイングランド大学
Master of Computer Science アデレード大学
Bachelor of Commerce/Bachelor of Computer Science ラトローブ大学
Bachelor of Computer Science スインバン工科大学
Bachelor of Computer Science - Bachelor of Laws ウーロンゴン大学
Bachelor of Computer Science (Simulation and Serious Games) フリンダース大学
Bachelor of Computer Science グリフィス大学
Bachelor of Computer Science RMIT大学
Bachelor of Computer Science モナッシュ大学
Bachelor of Engineering カーティン大学
Bachelor of Computer Science チャールズスタート大学

英語力が足りなくても大学付属の英語コースを受けることで入学は可能です、また永住を含めた情報工学進路の相談等承っております、是非一度お問い合わせくださいませ。

最新ホットニュース

おすすめ大学コンテンツ

留学生インタビュー①

ウーロンゴン大学で経済学を勉強している学生にインタビューをしました。

留学生インタビュー②

ウーロンゴン大学の大学院でプロジェクトマネジメントを勉強している学生にインタビューをしました。

お問い合わせボタン