世界と戦う為に。オーストラリアへの留学・進学なら

無料ご相談・お見積り

ページを選択

こんにちは。本日の投稿では、オーストラリアの永住権申請時、追加スコア5点を獲得することができるNAATI資格について紹介しようと思います。まず、NAATIとは(National Accreditation Authority for Translators and Interpreters)の略でオーストラリアの国立通訳・翻訳の認定協会と思っていただければと思います。

オーストラリアの通訳/翻訳者は永住権を申請することができる職種リスト(SOL Skilled Occupation List)には含まれていませんが、雇用者のスポンサーシップを得て永住権申請時することができるCSOLリストの中に含まれております。

natti

オーストラリアの永住権申請時の追加スコア5点について&NAATI通訳・翻訳資格とは?

オーストラリアNAATIで認証を受ける方法は以下の通りです。

1)オーストラリアの大学/大学院でNAATIが認証されたプロセスを通じた資格獲得
2)オーストラリアNAATI試験を通じた資格取得

試験を通じて資格を取得するか、認可された課程を修了して取得する2つの方法があります。以下は、オーストラリアNAATI協会で認定する通訳・翻訳社レベルです。オーストラリア永住権申請時に追加5点を受けることができるレベルはProfessional(Lv 3)以上です。

* Paraprofessional Translator(Lv2)* Paraprofessional Interpreter(Lv2)* Professional Translator(Lv3)* Professional Interpreter(Lv 3)* Advanced Translator(Lv4)* Conference Interpreter(Lv 4)* Advanced Translator(Lv 5) -トップレベルの翻訳者・Conference Interpreter(Senior)(Lv 5) -トップレベルの通訳

オーストラリア永住権NAATI認定されている通訳・翻訳学科の大学院リスト

RMIT大学(Royal Melbourne Institute of Technology)

期間:2年
入学可能時期:2月と7月
入学の条件(学歴):大学卒業以上(専攻無関係)
入学条件(英語):IELTS 6.5(Each band 6.0 )+ Bilingual Test(日/英)

オーストラリアRMIT大学の大学院コースは、オーストラリアでも上位に選ばれるプロセスです。RMITは独自のTAFEのコースを運営しており、Advanced Diploma of Translating(6ヶ月)+ Advanced Diploma of Interpreting( 6ヶ月)+ Master of Translation and Interpreting(1年)のコースが運営されており、卒業後に試験を受けなくてもNAATIで認証する通訳・翻訳の資格を取得することができます。

ニューサウスウェールズ大学(University of New South Wales)

期間:2年
入学可能時期:3月と8月
入学の条件(学歴):大学卒業以上(専攻無関係)
入学条件(英語):IELTS 6.5(Each band 6.0 )

ニューサウスウェールズ大学の場合Group of 8のメンバーとして、オーストラリアでも有数の名門大学です。シドニーで通訳・翻訳コースを提供する学校で有名だったマッコーリー大学の教授らが大勢UNSWに移ったのでオーストラリア全土でも最も良い教員を保有しているのではないかと思います。

オーストラリア永住権に通じるNAATI試験からの資格取得

SIIT コース:Diploma of Interpreting

キャンパス:Sydney
期間:24週間(4週間の休暇を含む)
入学日:毎月入学可能
学費:8,950ドル(入学金300ドル、教材費500)
入学条件:IELTS 5.5(Listening 6.0 、Speaking6.0)

SIITはドニーにある学校でWSU(Western Sydney University)と唯一連携がとれており、通訳・翻訳学科のディプロマコースを終えてWSUの通訳・翻訳学科で単位を認められて行くことができるのが特徴です。

HETC コース:Diploma of Interpreting

キャンパス:Brisbane(Sunnybank)
期間:24週
入学日:3,6,9,11月
学費:8900ドル(入学金200ドル、教材費200)
入学条件: IELTS 6.0(Listening 6.0、Speaking6.0)

通訳・翻訳の仕事の機会が少ないとお考えの方が多いかもしれませんが、通訳と翻訳業務の仕事は皆さんが考えるよりももう少し広い分野で仕事をしています。国の機関が主催している、多くのセミナーやフォーラム、企業のイベントだけでなく、国家機関の通訳・翻訳をする業務もあります。書籍、雑誌の翻訳などの企業との間の交流もある仕事です。また、最近ではオーストラリアの大学院課程を修了した後、イギリスやニュージーランド、あるいはシンガポール、マレーシアなどの外国企業に就職をする方も多い。

オーストラリアの留学についてご不明な点ございましたら、無料ですのでお気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせボタン