世界と戦う為に。オーストラリアへの留学

無料ご相談・お見積り

ページを選択

オーストラリアで就職

海外で仕事をしてみたい!と思ったことはありませんか。日本とは異なった環境の中で、自分に何ができるのか挑戦してみたい!新たな出会いの中で、様々な文化を持つ人たちと共に働いてみたい!お休みは自然や世界遺産を観光しながらゆっくりと過ごしてみたい!そんな皆さんの願いを叶えてくれる“オーストラリアでのお仕事”。「海外、いいな!」という漠然とした思いから、「よし、1歩踏み出してみよう」という皆さんにオーストラリア現地から、オーストラリアで仕事をするために必要な“生”の情報をご紹介したいと思います。

さてまず、オーストラリアにて仕事を探す上で一番重要とされているのが「就労可能なビザ」と言われております。勿論、仕事をする事が許されているビザを持っていない限り、法律上仕事をしてはいけないからです。オーストラリアは学生でも就労が許されていることを考えるとアメリカやイギリスに比べてメリットは大きいかと思われます。

ただ、就労可能なビザと言っても色々ありますが、学生ビザ、ワーホリビザ、永住ビザ等で就ける仕事は本当に一緒なのでしょうか?「永住権?技術独立移住ビザ?なんか難しそうで、ワーキングホリデービザで一年オーストラリアでのお仕事を経験できればいい!!」という皆さん。でも、実際に、皆さんがしたいと思うようなお仕事がワーキングホリデービザでできるのでしょうか。

ここでは、ビジネスビザ、永住権保持者と、ワーキングホリデー、学生ビザ保持者ができるオーストラリアでの仕事の違いについて触れたいと思います。日本でもそうですが、企業は特別なことがない限り、雇用者にある程度、長期間働いて欲しいと思っています。ですから、雇用主を変えなければならない、また、1年後には日本に帰らないといけないワーキングホリデービザや、勉強が本分の学生ビザでできるお仕事というのは、多くの場合、限られてくるのです。例えば、日本食のレストランでのアルバイトや、スーパーマーケットのレジ、または、スキー場のホテルでの掃除等、雇用時間が柔軟に選べ、雇用期間が限定されている、且つ、特別な資格や経験がなくても働くことができるアルバイト感覚の仕事が主になってきます。

また、ビジネスビザは、申請時に、特定の企業にスポンサーしてもらう必要がありますので、原則、その企業でのみ働くことができます。例えば、ビジネスビザで、ある企業に雇われましたが、そこがいやで、やめて別のところを探すとなると、その雇用主からのスポンサーがなくなるため、そのビジネスビザは、例え、期限が切れる前でも、失効ということになってしまいます

 

対して、現地の就職情報誌や新聞に掲載される正社員、パートの仕事の90%以上がオーストラリア市民、そして、永住権保持者が対象です。それは、もちろん、短期のビザ保持者が長い目で企業に貢献することが難しいという事実もありますが、それ以上に、移民の国オーストラリアが、オーストラリア市民、そして永住者の仕事とその生活を守ることに力を入れているということからきているのです。ですから、日本での社会経験があって、長期的に自分のキャリアを積み上げたい、オーストラリアで暮らしたいと本気で考える皆さんには、企業がスポンサーとなるビジネスビザか、永住権を取るということがとても重要になってきます。

「でも、永住権なんてそんなの簡単に取れないんじゃないの」と思われる皆さんもたくさんいると思います。簡単ではありません。しかし、決まったステップを進んでいくと、取れる確率が高いのもオーストラリアの永住権の一つ、技術独立移住ビザです。技術独立移住ビザは、まず、ポイントテストを使って、個人の能力を測り、ある一定のポイント(現法(2014年7月13日時点)では60ポイント)に達すると、「永住権申請に興味があります」とオーストラリアの移民局に告げることができます。その後、移民局から、「では、申請してください」と招待されることにより、はじめて申請することができるというビザになります。移民局側では、申請者の数を制限していますので、必然的に、招待される申請者は高いポイントを持つ人からということになります。つまり、60ポイントは最低ラインで、それより高いポイントを持つ人の方が招待されるためには有利であると言えます。

技術独立移住ビザは、皆さん個人で勝負して勝ち取ることができる永住権ですから、企業からのスポンサーやパートナー等、他者が関わる不確定要素を除いて目指すことができるのが一番の魅力です。そのため、オーストラリアにて真剣に就職を探されたい方は、多少遠回りになっても永住ビザ取得を自力で目指す方法をとられている方が多いです。

ただ、ここ最近は卒業生ビザという学士号や修士号を2年以上勉強し、英語力もある一定以上あれば、勉強した分野に関係なく発行される就労ビザも発行されるようになりました。永住ビザ取得が段々厳しくなってきている中、このような長期就労ビザは再度学生達にチャンスをくれるようになりました。永住ビザがダメでもこの卒業生ビザで就職を目指すこと方も増えてきているのでオーストラリアにて是非就職を目指されたいという方は是非一度弊社までお問い合わせください。

最新ホットニュース

おすすめ大学コンテンツ

留学生インタビュー①

ウーロンゴン大学で経済学を勉強している学生にインタビューをしました。

留学生インタビュー②

ウーロンゴン大学の大学院でプロジェクトマネジメントを勉強している学生にインタビューをしました。

オーストラリア大学.comの特徴

  • オーストラリアの大学や各州の教育省に認められた正式な留学指定窓口だから安心
  • 全ての大学を公平に判断、あなたのキャリアパスにあった「この一校」を選定
  • 複数同時出願も可能
  • アドバイスや手配費は無料(大学によっては出願申請費がかかることをご了承ください)
  • 正規留学相談だけを扱ってきた経験豊富なカウンセラー陣
  • 大好評!気になる卒業後の進路の無料相談

無料留学カウンセリング

海外留学に興味はあるけどどんな留学をしたいのかまだ決まらない方から、やりたい仕事や取りたい資格など目的や目標に向けた具体的なプランまで、お気軽にご相談いただけます。

お問い合わせボタン