世界と戦う為に。オーストラリアへの留学・進学なら

無料ご相談・お見積り

ページを選択

スタッフ紹介

代表者からの挨拶

上條 貴行(Taka)

私はワーキングホリデーではじめて来たオーストラリアに心惹かれ、日本帰国後もいつかオーストラリアに戻りたいと思い一生懸命働きました。既に妻も子供もいた私には仕事を辞め、家族でオーストラリアへ留学する決断は簡単な事ではありませんでしたが、理解ある妻と自分のキャリアアップのためにも決断し、オーストラリアでMaster of Business Administration (MBA)取得のために家族全員で渡豪しました。
大学院での勉強は想像以上に忙しく、難しかったですが、日本語以外しか通用しない環境は自分をとても強くしました。その内ワーホリ、語学留学、大学院留学の経験を使ってオーストラリアへ来る留学生を助けたいと思い始めました。
どうしても海外の進学となると専門家が少ないということで苦労している学生さん達をよく見ます。私達はオーストラリアへ来られる一人一人にあった留学プランを考え、一人でも多くの方の留学をお手伝いできればと考えております。進学、大学のスペシャリストとして皆さんをサポートさせて頂きます。努力すれば必ずチャンスは自ずとついてくるという事を実感して頂ければと思います。

カウンセラーの紹介

オーストラリア大学.com カウンセラー

照屋 彩香(Ayaka)

私は大学生の時に思いきって1年休学し、ワーキングホリデーでシドニーにやってきました。当初は英語の勉強だけが目的で、半年で帰るつもりでいましたが、現地の大学や専門学校で学ぶ留学生のルームメイト達と話しているうちに、自分もここでしっかり勉強したいと強く思うようになりました。流暢に英語を話す彼らが、この先もっと国際化が進む社会のライバルになっていくと思うと、こんな自分では到底太刀打ち出来ないと思い知らされた感じがしたのを今でも覚えています。
再度、学生としてオーストリアに戻ることを決めた後はとにかく必至に勉強しました。費用も必要でしたので、勉強にバイトに毎日とにかく忙がしい日々でしたが、大学卒業後、運良く県費留学の奨学金も得ることが出来、オーストラリアの州立専門学校TAFEへの入学を叶えることができました。
正直、TAFEに入学した当初は英語力が足りず、先生が言っていることがわからなくて困ったこともありました。しかし、諦めずに先生に授業後に聞きに行ったり、現地の友達に教えてもらいながら必至に勉強していると、自然に授業にもしっかりついていけるようになりました。TAFEの授業はとても実践的で、卒業後に就職してからも自信を与えてくれました。オーストラリアに戻る決断のきっかけを与えてくれた当時のルームメイト達、賛成ではないにも関わらず留学をサポートしてくれた家族には今でも感謝しています。
オーストラリアに住み始めて8年、自信の経験も含め、多くの留学生と関わってきました。海外の大学、専門学校は高い、英語が出来ないから無理、と思っている方もたくさんいると思います。私も最初はそう思っていましたし、親にも友人にもそう言われました。しかし、オーストラリアはチャンスがある国です。
留学を本当に叶えたいと思えば予算や時間にあった選択肢はたくさんありますので、一人一人の要望にあった留学プランを提供出来るよう、日々最新の情報を得られるように勤めています。留学に行ってみたいと思ったら、まずはお気軽にご相談ください。

瀬川 恭介(Kyosuke)

私はもともとニュージーランドでの高校留学を経験した後、現地の大学を卒業しました。就学中に出会った様々な国の友人たちに触発されいろいろな国をめぐりたいと強く思うようになり、卒業後に世界各地を旅したりドイツでのワーキングホリデーも経験しました。国や言葉は違えど、思いや考えは繋がるものです。
様々なバックグラウンドの人々と交流する中から感じ取り、学んだことは今でもかけがえのないものだと感じています。
自分自身が過去に充実した留学生活を経験しているため、これから海を渡られる方々の貴重な経験の手助けをできればと思い留学エージェントとしての職に就きました。
留学中のつらかった部分やこうしておけば良かったというような、自身の経験に基づいたアドバイスを差し上げられるのではと考えています。
オーストラリアという自然豊かな美しい国で今後留学を経て、これから世界の舞台で活躍される方々のステップアップをお助けできればと思います。

恒川 陸(Riku)

私は高校を卒業してから、シドニーに渡りました。語学学校から始まり今では学士号を学びながら留学カウンセラーとして学生目線で学生たちのサポートをさせていただいております。私自身、オーストラリアに渡った際、不安や緊張でいっぱいでしたが、それを克服できたのは語学学校や大学の仲間たちや教育機関の先生たちとの出会いまた、 KOKOS JAPANの存在でした。
また私自身、KOKOS JAPANで留学のサポートを依頼した身でもあり、大変お世話になりました。今こうしてオーストラリアで勉学に励みながら、KOKOS JAPANの一員として学生たちと向き合っていくことができるのも彼のおかげであり、感謝しきれないぐらいの恩があります。だからこそ私には追いかける背中があり、留学カウンセラーとして日々成長させてもらっていることに感謝し留学カウンセラーという仕事に対して誇りを持っています。
だからこそ、私のような留学生の手助けをしたい故、自ら志願しました。学生の目線になってカウンセリングすることができるのは私自身の最大の強みです。どうすれば、英語が話せるようになるのか?どのようにしたら単位を取ることができるのか?留学生活の中で感じる些細な疑問から大きな問題まで私が自身の経験を含めてお話します。
オーストラリアはチャンスで溢れている国だと心から感じます。私はみなさんが留学してよかったと心から思えるような留学計画をみなさん一人一人と一緒に創り上げていくことが私の目標であり、生きがいです。だからこそ、みなさんのチャンスを私が全力でサポートします。

佐々木 裕介(Yusuke)

日本の大学生時分から、卒業後は海外の大学院で専門性を身に付けたいという目標を抱き、大学を卒業後社会人として働いた後、29歳でオーストラリアの大学院(モナッシュ大学)にて英語教授法の修士後取得を目標とし、渡豪致しました。大学院に入学した当初は自分の英語力の低さ並びに日本とオーストラリアの教育システムの違いになかなか馴染めず、何度も落ち込み逃げだしてしまいたいと思いましたが、周りの方々のサポートのおかげで無事に目標であった英語教授法の修士号を修了できました。大学院の時は沢山の失敗や苦労もありしたが、それでもあきらめずやり通したことで自分自身成長したと強く感じます。様々な経験を通し、卒業後、これから留学して自分の目標を叶えたいと考えている皆様のお力になりたいと思い、留学カウンセラーとして現在働いております。海外留学のプロである我々が皆様の目標を実現させるために全力でサポートさせていただきます。どうぞお気軽にご相談ください。

LINE Facebook instagram 無料で相談する

ZOOMで相談しよう!