世界と戦う為に。オーストラリアへの留学

無料ご相談・お見積り

ページを選択

今更ながら、いや今だからこそオーストラリアの留学に行く理由を再度探ってみようと思います。 オーストラリアは日本から飛行機で約10時間、6,800kmの距離の南半球に位置する国で、インドと南太平洋の間に位置するオセアニア大陸に属する国です。天候は乾燥していて、ほぼ日本と似たような気候を帯びていますが、北側は熱帯気候になっています。

人口比率は、オーストラリア先住民であるアボリジニ(Aborigine)が3%、オーストラリア建国初期に定着した白人が全体の40%を占めており、残りのパーセンテージは、他の国から来た移民が全部占めており、移民の国で広く知られているところです。

1970年代-80年代後半までは白豪主義のような白人優越思想で知られていたところだが、90年代以降、本格的に平和的な多文化政策の効果が定着していき、米国の次に有名な多文化多人種の移民国家となりました。

先住民が平和に暮らしていた国にイギリス人が到着して、島を占領し始め建国された国として、大英帝国連邦に属する国であり、そのため正式な言語は定義していませんが、最も多く使用される公用語は、英語となっています。

オーストラリアは、世界10大先進国の中では、米国、英国、カナダとオーストラリアが英語使用国の一つです。特に日本の教育課程では、アメリカ英語の表現と発音に偏る一方、オーストラリアは、オーストラリア特有の表現と発音を使用しているが、イギリス英語をもとにしていてるのが大きな特徴であり利点です。

また同様に、英国の影響のおかげで、オーストラリアは世界でも指折りの先進教育制度を保有しており、初等中等早期教育と、高等教育、大学教育まで、世界上位のレベルとインフラ、環境を備えています。このような理由のために、オーストラリアは語学研修だけでなく、留学自体における世界の中でも、最適の条件を備えた場所といえるでしょう。

国民の過半数が、オーストラリア以外の他の国から来た移民で構成された多文化国家オーストラリアは、さまざまな国の特徴や長所と短所を持った国として、接することができる稀有な国です。また、ワーキングホリデーという外国人の長期外国体験プログラムを運営する国の一つであるため、さらに様々な外国人と外国文化に接することも出来、非常にいろいろな経験をすることが可能です。

このようなオーストラリアの特徴のために、オーストラリアは外国語を勉強しながら、様々な外国の生活や文化も同時に学ぶことができる国としてぴったりです。特にシドニーやメルボルンなどの大都市の場合には、都市の隅々にヨーロッパ、東南アジア、北東アジア、中東、アフリカ系のレストランがあり、各国の料理を味わうこともでき、多文化が日常生活に定着しているといえます。 オーストラリアは島国ではありますが、その大きさが約7,700,000㎢として世界6位に該当する国土面積を持っています。

このように、オーストラリアは一つの大きな島として、300年前までは文明の手が届かなかった場所であり、その為、山、海、砂漠、野原のような様々な形態の自然景​​観と独特の野生動物を保有しているいます。 このような自然環境のおかげで、日本での学生生活のように勉強だけ偏らず、コンクリートの建物に囲まれて過ごすのではない、広々とした緑の山と空の下澄んだ空気を吸って、勉強と日常生活の余裕との間のバランスをよく合わせることができる国がまさにオーストラリアだと言えるかもしれません。

オーストラリアでは留学が非常に盛んな国ということも、オーストラリアでの留学を検討する上でのメリットの一つです。簡単な例を一つあげると、オーストラリアの義務教育の公立学校と大学には、かなりの数の割合を留学生が占めていることがわかります。オーストラリアの学生ビザの場合は、外国から来た学生のための専用の留学生保険に加入することが、政府のガイドラインの義務でもあります。

オーストラリアで問題なく生活をして、学業を進めるための第一歩は、言語、つまり英語を理解することから始まるので、自然に英語の語学関連産業も巨大な産業として構成することになりました。結果的に学生に質の高い教育クオリティとリーズナブルな授業料を提供することができるようになっています。

このような理由から、オーストラリアは語学研修を考慮すると、必ず欠かすことが出来ない候補の国の一つだと思います。また語学研修だけでなく、すべての種類の留学に最適化された国がまさにオーストラリアといえます^^

お問い合わせボタン