オーストラリアのTAFEと専門学校/カレッジ、どちらがいい?

オーストラリアのTAFEや専門学校は、英語力や難易度、費用面でも大学よりハードルが低くなっており、実践的なスキルを身に付けたい人にも人気です。

それでは、TAFEと専門学校は何が違うのでしょうか?今回はコース内容、授業料、入学時期、雰囲気といった点での違いを説明したいと思います。

TAFEとは?

TAFE

TAFEとは各州の政府が運営する公立の職業訓練専門学校のこと。雇用主が求めるスキルを身に付け、卒業後に即戦力として働くことを目的としているため、学ぶ内容も実践的です。ほとんどのコースで職場体験や、実際に仕事で使われている器具や設備を使ったトレーニングを受けられます。

TAFEの規模は大学より小さく、専門学校よりは大きいといったイメージ。コースの種類はとても多く、ビジネス、エンジニア、情報技術、ホスピタリティ、看護、福祉、建築、農業など300以上のコースを提供しています。

TAFEのメリット

TAFEのメリットとしては大学と比べて割安な学費、通いやすいロケーション、入学基準が低いという点があげられます。

TAFEはオーストラリア人からも人気で、高校を卒業してすぐの人や、新しいキャリアに進みたい社会人などが通学しています。クラスの9割以上がオーストラリア人という場合も多く、現地らしい雰囲気で学びたいという方におすすめです。

また、実践的スキルの取得に焦点を当てたカリキュラムであるため、卒業後の転職や就職につなげてキャリアアップすることができます。

TAFEで学んだ後に大学に進学したいという場合は編入制度を使うこともできます。ほとんどのTAFEでは大学2年生までの学位(Associate Degree)しか取得できませんが、一部のTAFEでは大学卒業と同じ学士(Bachelor)を提供しています。

 

私立専門学校/カレッジとは?

オーストラリアには多数の私立専門学校/カレッジがあります。

私立専門学校では大学のように学士(Bachelor)や修士(Master)を提供するコースもあれば、TAFEのように職業訓練に特化したコースもあります。私立とはいえ、教育の質は政府によって管理されており、CRICOSと呼ばれる政府認定制度に登録した学校でないと学生ビザが発行できません。

大学よりも規模が小さいものの、ビジネス、IT、クリエイティブ・アート、ホスピタリティなどの特定の分野に強みを持ち、特化していることが多いです。

※大学のキャンパスなどに〇〇カレッジといった名前がついてあることもありますが、その場合と私立のカレッジ/専門学校は全く別のものです。

専門学校のメリット

専門学校では留学生の割合が高く、学科によってはほとんどが留学生という場合も。そのため、学校によっては英語力が低い学生のために特別授業を開講するなど、サポートが充実しています。

オーストラリア人の中で自分だけが外国人という状況になりづらいため、学校の環境に馴染みやすく、友達を作りやすいというメリットも。

さらにTAFEより休みが少なく集中的に学習するため、コース期間が短く済み、早く卒業できます。一部の専門学校では、Diplomaはもちろん、Bachelor(学士号)やMaster(修士号)という学位も取得可能です。専門学校で学位を取得することで大幅に学費を抑えることができるので、大学を諦めていた人にもおすすめです。

 

TAFEと専門学校(カレッジ)、どちらがいいの?

悩んでいる女性

TAFEとカレッジのそれぞれの特徴がわかったところで、それぞれの違いについて説明したいと思います。

教育の質

TAFEと専門学校ではそれぞれ強みがあり、各学校によっても教え方が変わるため、どちらの教育の質が高いと答えるのは難しいです。そのため、学校を選ぶ際はどんな環境で学びたいのか、学んだ後に何がしたいのかを考え、自分にとってベストな学校を選ぶ必要があります。

資格と学位

同じ資格を取得した場合、TAFEか専門学校かという理由で違いが出ることはありません。同じ資格でも専門学校のほうが学習期間が短かったり、カリキュラムの内容が違っていたりしますが、どちらもAQF(Australian Qualifications Framework)という機関が定めた基準をクリアしています。そのため、どちらの学校で取得したとしても同じ扱いを受けられます。

学費クラスメイトの国籍と雰囲気や奨学金

専門学校の学費はTAFEより安いことに加えて、柔軟な支払いプランや奨学金など、学生が資金の援助を受けられるオプションがあります。一方でTAFEは政府からの大きな資金援助を受けていることが多いですが、留学生にとっては専門学校のほうが安い場合がほとんどでしょう。

キャンパスの場所とコース数

私立専門学校のキャンパスのほとんどは主要都市にあり、交通の便がよく生活もしやすいです。しかしコースの種類はTAFEほどないため、マイナーなコースは提供していないことも。
TAFEのキャンパスは各州にあり、都市だけではなく、地方にも散らばっています。しかし、キャンパスが多数あるといっても、自分の学びたいコースが学びたい場所にあるとは限りません。またコースがあっても、留学生向けには開講していない場合もあるので注意が必要です。

入学のしやすさ

同じ学位や資格の場合、TAFEと専門学校では成績や英語力などの入学条件に大きな差はありません。しかし入学できる時期には違いがあり、TAFEが年に2回(2月、7月)であるのに対し、専門学校は年に3~4回(学校によって時期は変わる)となっています。少しでもはやくコースを始めたい方や、現在のビザが切れたタイミングで学生ビザを取りたい方にとっては、専門学校のほうが融通がきいておすすめです。

クラスメイトの国籍と雰囲気

先ほど述べた通り、TAFEと専門学校では生徒の国籍に大きな違いがあります。TAFEに通う場合は生徒のほとんどがネイティブなため、英語力が低い人は授業についていけないということも。その反面、現地の雰囲気を味わえ、より高い英語力を身に着けることができるというメリットもあります。
一方専門学校は留学生の割合が多く、コースによっては国籍が大きく偏ってしまうことも。「せっかくオーストラリアに来たのに、クラスに一人もオーストラリア人がいない」という場合もあります。しかし留学生同士の連帯感は生まれやすく、学校側も言語面でサポートしてくれます。

 

自分の目的に合わせて選ぼう

自分に合っている学校はどちらかクリアになったでしょうか?

留学の目的は人それぞれで、海外での楽しい学生生活を送ることだったり、予算内で資格や学位を取ることだったりしますよね。いろいろと情報を見て分からなくなってしまった方は、「留学で一番重要なのは何か」ということを考えてみてください。

TAFEと専門学校の違いについてもっと詳しく知りたい方、実際にコースを比較して決めたいという方、その他の留学に関する質問がある方など、ぜひお気軽にご相談ください。

 

オーストラリア大学.comの特徴

  • オーストラリアの大学や各州の教育省に認められた正式な留学指定窓口だから安心
  • 全ての大学を公平に判断、あなたのキャリアパスにあった「この一校」を選定
  • 複数同時出願も可能
  • アドバイスや手配費は無料(大学によっては出願申請費がかかることをご了承ください)
  • 正規留学相談だけを扱ってきた経験豊富なカウンセラー陣
  • 大好評!気になる卒業後の進路の無料相談

無料留学カウンセリング

海外留学に興味はあるけどどんな留学をしたいのかまだ決まらない方から、やりたい仕事や取りたい資格など目的や目標に向けた具体的なプランまで、お気軽にご相談いただけます。

無料相談
Facebook instagram LINE 無料で相談する