世界と戦う為に。オーストラリアへの留学・進学なら

無料ご相談・お見積り

ページを選択

人気No.1ナビタスのIBTコースからの大学進学

IBT経由での大学進学概要

NavitasグループのIBTは、オーストラリア全域に中心を置いているオーストラリアの大学への編·入学の専門教育機関です。

通常日本の高校を卒業してオーストラリアの大学に進学するには、1年の進学準備コース(ファンデーションコース)を経て大学1年生に入学するため、合計4年(大学が3年コースの場合)かかります。しかしIBTのディプロマというコースを完了すれば、このコース自体が大学の1年生に相当する勉強内容になっていますので、ディプロマ終了後に大学2年生に進むことが出来るのです。そのため、ファンデーションコース経由のように1年余分で勉強するということがありませんので、オーストラリアの大学の期間(平均3年)そのままでの学士(バチェラー)取得が可能になって参ります。

また、このディプロマコースでは主に大学にて勉強予定コースの基礎的科目を勉強します。ただ、全ての勉強分野においてこのディプロマが準備されているわけではありません。IBTでは主に経営/商業、コンピュータ工学/情報技術(IT)、デザイン学科、ホテルマネージメント、ジャーナリズム、会計学、看護学の分野のコースを提供しています。これらのコースは、オーストラリアの大学と連携のもとに実施され、大学内の施設を使用できるというメリット以外にも、大学の教授が直接教えてくれるので質の高い授業が展開されております。そのため、オーストラリア全国の有名大学で認められています。

詳細

日本の大学とは違いオーストラリアの多くの学士号(バチェラー)コースは、3年で修了する事が可能になっています。しかし、 日本の高校を卒業した場合、オーストラリアの大学の学部に直接入学できる資格がありませんので(特例有り)、一般的にはファンデーションコースと呼ばれる大学予備課程を1年経て入学をすることになります。 この場合、ファンデーションコース1年後にオーストラリアの大学1年生に入学をする事になるので合計4年の留学期間となってしまいます。ですから、日本にて大学に通うのと期間における違いはなく、授業料においても、全体の期間を3年以内に終えることができるIBT +大学のパッケージに比べても大きな差が出て参ります。

IBT +大学のパッケージは日本にて高校卒業以上の学歴であれば基本的にほとんどの方が入学が可能です。また、最速で大学卒業までに3年以下(2年8ヶ月)にて学位取得が可能になっております。IBTは、各連携大学で開設している編入目的のディプロマ(準学士)の学位を開設しており、1年(3学期)、または8ヶ月(2学期)のみのディプロマ(準学士)を受けて、その連携大学の同じコースまたは類似学科の2年生に編入学が保証されます。

IBTの授業は通常大学のキャンパス内で行われ、講義は各大学の教授陣で構成され、質の高い教育が提供されています。また、大学のキャンパス内の設備、図書館、寮などの様々な諸施設を利用することができるというのも大きな特徴です。

入学時には規定の英語力証明が必要ですが、多少英語力が入学条件から劣っていても、IBTでの授業内で決められた期間だけ英語研修することを条件付きで入学することもできますので、入学において大きく難しさがなく、英語を勉強する科目が増えるだけで期間は長くならずにも済みます。

IBTグループは、オーストラリアのブリスベン、シドニー、メルボルン、アデレード、パースなどにセンターを置いて、世界中の学生と学部準備コース、大学レベルのディプロマコース、大学院準備コースを提供しています。 以下が主なIBTと提携学校の一覧です。

SIBT:Macquarie University(シドニー)
MIBT:Deakin University(メルボルン)
QIBT:Griffith University(ブリスベン、ゴールドコースト)
PIBT:Edith Cowan University(パース)
SAIBT:University of South Australia(アデレード)
Eynesbury:University of Adelaide (アデレード)
Curtin College:Curtin University(パース)
ACN:La Trobe University(メルボルン)

IBT 経由での大学進学メリットまとめ

1 大学講師とカリキュラム

IBTでは、高いレベルのプログラム内容と指導方法で教育を受けることができます。IBTのプログラムは、大学の学位プログラムに沿って1年目のコースが構成されており、大学の優秀な講師によって実施されて調整されますので大学レベルの高い水準が常に維持されます。

2 小グループと個別指導

IBTは勉強成果を最大限高めるために学生の勉強進度によってプログラムカスタマイズし、安心サポートを提供しています。 講義では、平均30人で構成され小さなグループを維持し、個別指導やセミナーが特徴です。授業後、講師との個別相談も可能です。

3 その他の学業支援

IBTで勉強中に追加で学習支援が必要になった学生には、どのように勉強したらよいのかなどの指導までして貰えます。英語力アップが必要な外国人学生の場合、英語の科目をプログラム内に追加して英語力を高めることが出来るように支援しています。

4、3学期制システムとファーストトラック

3学期の授業スケジュールはIBTの革新的な教育プログラムの一例です。IBTの学生は一般的な2学期制の学生よりもプログラムを早く修了する事も可能ですし、早く大学2年生を始めることができます。入学時期は毎年2月、6月、10月となっております。

ただ、もし大学の入学時期の関係で、ディプロマコースを早く修了させたい方は、高校の成績や英語力次第では8ヶ月間のファーストトラックというディプロマコースへの入学も可能です。このファーストトラックというのは、通常3学期で勉強する8科目を2学期で勉強する事になるので1学期辺りの勉強量は増えるのですが、ディプロマコースを数ヶ月早く修了する事が出来ますので、例えば7月にディプロマコースをスターとして翌年2月に大学をスタートさせることも可能になって参ります。

5 ファンデーションコース不要で且つ大学2年生に編入

IBTのディプロマコースへは日本の大学から直接入学が可能なため、ディプロマコースを認めていない大学のようにファンデーションコースを経由する必要がありません。そのためl1年間早く大学を完了することも出来ますし、その分授業料も安く抑える事が可能になって参ります。また、IBTのディプロマコースは大学1年生レベルのプログラムが提供されていますので、コース終了後は全ての単位が大学に認められ、大学2年生への編入が可能になってきます。

6 英語のプレッシャーが少ない

大学1年生に入学すると大学初年度からローカルの学生に囲まれるので、ただでさえ難しい勉強に加え、英語のプレッシャーも大きなものになってきます。ただ、ディプロマコースは留学生も比較的多いので英語のプレッシャーという意味では圧倒的に少ないと思われます。ディプロマでは大学内にて闘っていくための良い準備運動になる点でも人気です。

7 大学内での授業

IBTのプログラムは大学校内にて行われるため、大学の大きな図書館、コンピュータルーム、スポーツジム、校内の宿泊施設や雇用サービスなど、すべての大学施設やサービスを利用することができます。

8 ディプロマ学位取得

もしファンデーションコース1年後に個人的な事情があって帰国をすることになる場合、ファンデーション、1年の学習は、ノンアワード学位であるため、何も学位を受け取ることが出来ません(修了証書のみで学位ではない)。しかし、IBTで1年の課程を修了した場合、ディプロマ(Diploma)の学位を取得する事が出来ます。ディプロマというのは日本にて馴染みの少ない学位ですが、準学士号レベルということで専門学校を卒業したのと同等の学位とみなされることがほとんどです。

【基本的はIBT入学方法条件:学歴編】

  • 高校2年生のみを終えた場合

日本の高校2年生まで終了した場合には、IBTで1年ファンデーションコース(Certificate4)コースを修了後、ディプロマ(Diploma)のコースを経て大学2年生に入学することができます。基本的には高校2年生にて最低でも50-60%以上の成績を取得していることが必要になってくることが多いです。ただ、それ以下の成績でもIBTの場合、柔軟に何か勉強をする科目を追加する事により入学を認めてもらえる可能性もありますので一度弊社までご相談ください。

  • 高校卒業以上の方

日本にて高校を卒業された方は、ディプロマ(Diploma)コースを経て大学2年生に編入することができます。ただし、高校での成績が良くない場合は、ファンデーションコース(Certificate4)からのスタートになることもあります。

[IBT入学英語条件]

1 IELTS 5.5から6.0以上を受けた者(大学や専攻によって違いがあります)または、

2 IBTグループと提携を持っている語学学校の進学英語コース(EAP)を規定以上の成績で修了するか、英語教育機関のレベルがAdvance以上である場合、または、

3 IBTにて英語試験を受けてパスした場合。

以上、上記にはオーストラリアにて一番人気のIBT経由大学行きの基本的な情報をご紹介させて頂きました。更なる詳細をご希望の場合は、「人気大学と提携ファンデーションディプロマコース一覧」をご参照ください。

お問い合わせボタン