オーストラリアTAFEからレンガ職人を目指す

オーストラリアで手に職系のスキルを身に付けたいという方におすすめなのが建設系のコース。今日はその中でもレンガ職人についてご紹介します。 

レンガ職人とは?

レンガ職人は、建設業界の職業の一つ。住宅や商業用施設の壁、家、塀、住宅をレンガで作るのが主な仕事です。扱うレンガやブロックの素材は、粘土、コンクリート、石など様々。

建設物を作るだけではなく、アーチ型にしてデザイン性のあるものを作ったり、装飾の一部としてレンガを使用したりと仕事内容は多岐にわたります。
働く際には基本的に屋外となるので、体力があり、体を動かして働くのが好きという方に向いています。

学校のレンガコースではレンガを積む技術だけではなく、建築に関する法や建築設計に対する知識なども学習します。学校に通いながらもアルバイトとして関連した仕事をする学生も多く、在学中からスキルを身に付けることも可能です。

主な仕事内容

・図面や仕様書に従って手作業でレンガを積む
・モルタルを使って様々なデザインや形状のレンガを並べる
・レンガ、ブロック、石をカットし、形を整える
・レンガの補修やメンテナンスを行う

 

オーストラリアの建物とレンガ

オーストラリアはレンガ職人の需要が日本より高く、その理由は建物の違いにあります。

日本の建物

– マンションやアパートが多い
– 鉄筋、セメント使用

オーストラリアの建物

– 平屋、低層の家が多い

– 木の骨組みが多い

(タイル、レンガ、電気、大工など各分野の専門家を雇って建築する傾向あり)

 

 

TAFE NSW-シドニーでレンガコースを勉強できる学校

TAFE NSWはオーストラリアNSW州で唯一、レンガコースを留学生に提供している学校。 130年以上の歴史を持つオーストラリア代表技術学校として、高い実力と専門性を備えた教授陣から質の高い授業が受けられます。

コース内容は実務中心で、卒業後はオーストラリアレンガ工の資格が取得できます。​

TAFE NSWレンガコース

Certificate III in Bricklaying (期間1年)
Certificate IV in Building and Construction (Building)(期間2年 Certificate III を含む)
Diploma of Building and Construction (Building)(期間3年 Certificate IIIとIVを含む)

 

– 入学日

2月、7月

 

– 入学条件

高卒 (オーストラリアyear10)、アイエルツ5.5

 

– 学費 (2022年):

CertificateIII $16,340

Certificate IV $31,020

Diploma $52,380

お気軽にお問い合わせください

シドニーでレンガコースを考えているなら、TAFE NSWを検討してみてはいかがでしょうか。 さらに、レンガ工だけでなく、他の建設職種に関するご相談もぜひお気軽にどうぞ。

Facebook instagram LINE 無料で相談する