世界と戦う為に。オーストラリアへの留学・進学なら

無料ご相談・お見積り

ページを選択

Le Cordon Bleu

le-cordon-bleu

学校紹介

ル·コルドン·ブルー(Le Cordon Bleu)は、青色のリボンという意味の名を持つ世界3大料理/製菓学校であるフランスの料理/製菓名門校です。その歴史は、料理・製菓分野で有名なだけでなく、一般の人にもよく知られています。ル・コルドン・ブルーは、世界的なシェフを目指している多くの人達にとっての「夢の学校」として知られてきました。また、世界的なハリウッドスターBlake Livleyがル·コルドン·ブルー本校に訪問したことにもより、一層料理/製菓分野での名誉を挙げました。 現在シドニーキャンパスとアデレードキャンパスでは、毎年約2000人の学生が勉強をしており、実践中心の学科であるCulinary(Cookery)、料理学科とPatisserie(Pastry)のDiplomaコース、Hospitality Managements分野で構成されAdvanced DiplomaコースとBachelor(学士課程)およびMaster (修士課程)まで提供しています。
現在の料理/製菓学校の中で、オーストラリアのル·コルドン·ブルーほどの教育水準や学校の評判がある学校はないといっても過言ではありません。学校の特徴としては、実技の授業だけでなく、学生が現場に出て、実質的な経験を積む6ヶ月間の有給インターンの機会を提供していることです。 学校の授業はBasic LevelからSuperior Levelまであり、クッカリーは、通常月、火、水、木曜日に授業が行われており、菓子の場合、木、金と土曜日に授業が行われます。主に午前中はLecturer、またはInstructorが直接説明をするレクチャー・チュートリアル形態の授業が行われ、午後には、学生が学んだ内容を実践に移す授業を設けています。 Certificate IIIが終われば、6ヶ月間学校に行かずに、各自のフィールドで実質的キャリアを積む事ができるWork Placement体験があり、学校側が手配を手伝ってくれます。また、この期間中の実習は有給なのでお給与も貰いながら実践経験を積むことが可能になっています。上記の有給インターン6ヶ月のコースが終了すると、Certificate IVレベルになり、月曜日から金曜日まで朝9時〜1時まで授業を受けます。

お勧めのコース

Le Cordon Bleu - Basic Cuisine(初級)

フランス料理の紹介、フランスの伝統料理の技術、調理方法の変化、食事の準備法、
野菜の準備と千切り、食材とソースに関する勉強
肉、魚介類の調理技術と材料を扱う方法、フランス料理の言語、食品管理、材料の準備。
Le Cordon Bleu-Intermediate cuisine(中級)
食品原料原産国や地方料理の勉強、オーストラリアの伝統料理の材料、スープ、ソースの作り方、野菜、卵や穀物の粉で作る料理の勉強、肉料理、魚や貝料理、デザート作り、フランスパンやケーキ焼く技術、プレゼンテーション等

Le Cordon Bleu Superior Cuisine(専門職、上級)

オーストラリアの伝統料理とオーストラリアの現代料理、フランス料理の技術と方法、料理の装飾やプレゼンテーション、チーズに関する分析、季節柄食品、マーケットの影響、食品のメニューに及ぼす影響海産料理、ビュッフェ計画と準備、チーズを扱う技術法

Certificate IV in Hospitality(Commercial Cookery)

メニューエンジニアリング、レストランシステム管理、レストランパイネンス管理、安全衛生管理、人材管理の勉強

Advanced Diploma in Hospitality(Commercial Cookery)

レストラン経営、商法及びビジネス関係、レストランパイネンス管理、人材管理の勉強

入学条件
高校3年生修了以上(オーストラリアYear 11修了以上)、Certi 4以上の修了
英語- IELTS 5.5(AcademicまたはGeneral)
ダイレクトパスウェイを持つ語学学校
シドニー- Navitas、Embassy CES、UEC、SELC
アデレード- SAIBT、CELUSA

申し込み必要書類
最終学歴(高校以上)の卒業証明書(英文)
最終学歴(高校以上)の成績証明書(英文)
パスポートのコピー
英語の成績(申し込み時には必須ではありません)

入学時期
シドニー- 2013年1月23日、4月18日、7月18日、10月3日
アデレード- 2013年1月14日、6月24日

お問い合わせボタン