オーストラリア TAFE / 専門学校

英語プラス専門スキルの最強留学パターン

TAFEの入学条件について

TAFEの入学条件として、英語力と最終学歴の成績が求められます。TAFEやコースによって条件は異なりますが、一般的にはどのくらい必要なのかを解説していきます。

英語力

オーストラリア 永住 IELTS

通常TAFEに入学する場合、IELTSで5.5(toefl ibt 50)以上の証明書提出か、それに準ずるスコアが必要。ただし翻訳・通訳、医療関係等の英語の専門性が高いコースはより高い英語スコアが求められることが多いです。そのようなコースでは講義で用いられる英語も難しいため、入学前に準備しておくのがいいでしょう。

英語力が足りないという人はTAFEのダイレクトエントリーコースと呼ばれる、TAFE付属の進学用英語コースに入学するという手もあります。このコースを一定の成績で卒業することで、英語試験のスコアなどの英語力の証明を必要としないで、TAFE本科コースに入学する事が可能です。

この方法は英語力は足りないけど今すぐにオーストラリアに留学したい人、現地の環境に慣れながら英語力を伸ばすことから始めたい人、英語の試験が苦手な人におすすめです。

ただしダイレクトエントリーコースを提供していないtafeもあるため、注意が必要です。

 

英語試験必要スコア
IELTS5.5
TOEFL (iBT)46
STEP EIKEN GradePre 1
Cambridge International General Certificate of Secondary Education (IGCSE)Grade C
Cambridge First Certificate in English (FCE)162
Cambridge Certificate in Advanced English (CAE)162
Cambridge Certificate of Proficiency in English (CPE)162
Pearson Tests of English (PTE)Academic overall score of 42

 

最終学歴証明

学歴の条件としては、高校を卒業していれば入学が認められる場合がほとんどです。

その他

デザインやアート系の学科ではポートフォリオや課題の提出を求められることもあります。さらにそれ以外の専門性が高いコースは実務経験を求められたり、関連するコースで学んだ経験も必要になることがあります。

必要な成績

TAFEの専門コース(本学科)を入学する場合は、以下の書類を揃える必要があります。
英文の成績証明書などは作成に時間がかかることが多いため、提出期限ギリギリにならないよう、前もって請求しておきましょう。

・入学願書
・英文卒業証明書
・英文成績証明書
・英語力の証明書
・パスポートのコピー
※その他(コースによってはポートフォリオや課題)

さまざまな形の豪州挑戦をサポート

英語とスキルと就職を同時に。

手に職+英語は最強のオプション!
現地就職のチャンスも圧倒的に広がります。

豪州の大学で学び、世界と戦う。

世界と戦う覚悟があるなら今しかない!
当社の様々なサポート体制で全力でサポートします。

キャリアチェンジするなら今です。

一生もののスキルを豪州で身につけましょう!
技能スキル留学は本当にオススメです。

まずは、とにかく英語を極める。

英語が出来ないと何も始まらない!
初めの一歩をオーストラリアで踏み出してみませんか?

オーストラリア大学.comの特徴

  • オーストラリアの大学や各州の教育省に認められた正式な留学指定窓口だから安心
  • 全ての大学を公平に判断、あなたのキャリアパスにあった「この一校」を選定
  • 複数同時出願も可能
  • アドバイスや手配費は無料(大学によっては出願申請費がかかることをご了承ください)
  • 正規留学相談だけを扱ってきた経験豊富なカウンセラー陣
  • 大好評!気になる卒業後の進路の無料相談

無料留学カウンセリング

海外留学に興味はあるけどどんな留学をしたいのかまだ決まらない方から、やりたい仕事や取りたい資格など目的や目標に向けた具体的なプランまで、お気軽にご相談いただけます。

無料相談
Facebook instagram LINE 無料で相談する