世界と戦う為に。オーストラリアへの留学・進学なら

無料ご相談・お見積り

ページを選択

オーストラリア専門 / TAFE 学校 WEBデザイナー

オーストラリア webデザイン 大学

WEBが生まれてから、30年程経ちましたが未だにその職業としての需要はとどまることをしりません。求人を確認すれば、WEBデザイナーやWEBエンジニアの求職は一般企業から制作会社まで常に多くあります。またWEBデザインは専門技術なので、一度覚えてしまえば世界のどこにいっても働くチャンスがあります(もちろん技術や情報のアップデートは常に必要です)。

また昨今はグラフィックデザイナーの方々の仕事が少なくなってきていることから、WEBデザイナーに転身する為に、学校に再度入り直しITの知識などを学習するケースが増えています。

オーストラリアでWEBデザインを学ぶ意義

まず第一に英語環境で学ぶことで、英語も同時にまなぶ事があげられます。またオーストラリアは英語圏なので最新の情報のキャッチアップが非常にはやいです。日本のWEBデザインの学校の先生方は、現場で働きながら教えてる方も数多くいますが正直教えていることが、世界レベルから少し遅れていることが少なくありません。

オーストラリアの学校の先生方は現役のプロフェッショナルのWEBデザイナーなので、彼らから学ぶことでWEBの世界で重要な流行の技術を日本でまなぶより非常に簡単にまなぶ事ができます。

英語で学習できるというスキルを身につけると、日本のWEBデザイナーから頭一歩抜け出せることが出来ます。なぜなら日本のWEBデザイナーの方々は、誰かが翻訳した情報を二次情報、三次情報として受け取っているからです。それらの情報は、下手すると数カ月から、分野によっては数年遅れて日本にやってきますし、また情報の信頼度という点でも、他の人の観点が入ることから直接英語で情報をキャアチップ出来る能力の重要性がわかると思います。

オーストラリアWEBデザイナー給料

実は、オーストラリアはWEBデザイナーの給料は世界の基準から見ても非常に高いです。以下世界のWEBデザイナーのランキングです、オーストラリアのWEBデザイナーの給与は北欧に続き非常に高いことがわかりますよね。ちなみに日本の1.5倍以上です。

Country (Currency) Annual Salary (USD)
United States(USD) $65,894.00
Japan(JPY) $41,880.00
Australia(AUD) $73,686.00
United Kingdom(GBP) $47,783.00
Italy(EUR) $29,350.00
Germany(EUR) $56,910.00
France(EUR) $41,000.00

仕事の成長率

予測:2020年にオーストラリアで雇用されているWebデザイナーは14%増(2015年と比較)

地域別雇用率

Webデザイナーとして雇用率が高い上位3つの地域は次のとおりです。

  • NSW:39.3%
  • VIC:3​​4.6%
  • QLD:12.3%

必要スキル

  • 創造性
  • テクニカルタスクの適性
  • よいコミュニケーション力
  • チームの一員として働くことができる
  • 新技術の理解とスキルの向上に専念

オーストラリアWEBデザイン専門/TAFE学校一覧

ここでは、オーストラリアでWEBデザインを学べる専門学校をいくつかご紹介します。

学校名
Billy Blue College of Design キャンパス複数
AIT ACADEMY OF INFORMATION TECHNOLOGY キャンパス複数

ビリーブルーカレッジオブデザイン - Billy Blue College of Design

Billy Blue College of Design web design

Billy Blue College of Designは、創立25年の歴史あるデザイン専門学校でデザインやアートの学校らしく近代的なキャンパスで勉強することができます。業界とのつながりが非常に強く、在学中のインターンシップなども可能です。また最新の設備も備えており就職に直結するようなスキルを身につけたい方非常に良い環境です。デザイン系のコースは、オーストラリア国内でトップ3に常にランクインしていますし、学校の講師の方々は実際に現場の先端で働いているデザイナーであったりデザイン関係者であるため最新のスキルを身につけることが出来ます。

また近年、LaureateのTorrens大学の傘下に入りましたので、BillyBlueのコースを修了することで、Torrens大学卒業と見なされるようになりました。WEBデザインに特化したコースは、Graduate CertificateのUX and Web Designです。Graduate Certificateとは?

ただしデザインに特化している為、広範囲にhtmlやcss等も学ぶ場合はご自身の努力も必要かと思います、詳しくはコース科目をご紹介しますのでご確認ください(Developmentのコースは別にあります)。

コース

Graduate Certificate UX and Web Design

キャリア

・ウェブデザイナー
・情報アーキテクト
・インタラクションデザイナー
・オンラインプロデューサー
・ユーザーエクスペリエンスデザイナー
・ユーザーインターフェイスデザイナーコース科目

Interface Development(インターフェイス開発)

User Experience Design(ユーザーエクスペリエンス)

User Experience Management and Systems(ユーザーエクスペリエンス管理とシステム)

 Multi-platform Experience Design(マルチプラットフォームユーザーエクスペリエンスデザイン)

コース期間

フルタイム: 6ヶ月

コース開始日

お問い合わせください。 

キャンパス

 シドニー、メルボルン、ブリスベン

学費

お問い合わせください。

入学条件

・IELTS6.0(各スコア5.5を下回らない)

・事前の職務経験、またはこれまでに修了した科目または学位のコース、認定された機関からの準学位または卒業証書、または デザインポートフォリオの提出(オリジナルクリエイティブ作品6〜10枚)

こちらのコースはUI・UXに特化したコースですが、その他にもビリーブルーカレッジオブデザインではグラフィックデザインやWEBデブロッパーとしてのキャリアにつながる数多くのデザインコースを提供しています、是非一度お問い合わせください。

エーアイティーアカデミーオブインフォメーション・テクノロジー - AIT ACADEMY OF INFORMATION TECHNOLOGY

AIT ACADEMY OF INFORMATION TECHNOLOGY

AIT ACADEMY OF INFORMATION TECHNOLOGYは有名企業も注目している、シドニーで有名なIT、デザイン、3Dアニメーション、インタラクティブデザイン等に特化した専門学校です。なんといってもAITの素晴らしい所は、その設備の充実度でしょう。学校には最新のMacやWindowsはもちろんの事、ハイスペックなマシーンやモーションキャプチャーの設備までを完備しています。

シドニー大学などオーストラリアのトップクラスへの大学などへの編入もあるので、専門学校からキャリアップを目指す学生さんも数多くいいます。その為生徒のモチベーションは高いですし、また各コースは先生と生徒間での講義、実践的な内容で構成され、すべての生徒が確実にスキルを身につけられるようにプログラムが組んであります。

ここではそんなAITでWEBデザインのスキルを得るためのコースとしては、学位で別れていますが、Bachelor of Digital Designと
 Diploma of Digital Designがあります。

コース

Bachelor of Digital Design(3年) or Diploma of Digital Design(1年)

キャリア

・UX / UIデザイナー / Webインターフェースデザイナー
・デジタルデザイナー
・放送デザイナー
・デジタルコンテンツプロデューサー
・モーショングラフィックデザイナー
・ビジュアルエフェクトアーティスト
・3Dアーティスト
・ゲームアーティスト
・キャラクターデザイナー
・クリエイティブディレクター
・アートディレクター
・グラフィックデザイナー
・イラストレーター
・ブランディング&アイデンティティデザイナー
・タイトルデザイナー

コース科目

1年目 基礎グラフィックデザイン

デザイン原則

グラフィックデザインの要素について学びます。内容としては、一貫性、調和、ヒエラルキー、スケール、プロポーション、色彩理論、コントラストと繰り返しといったもので、デザインを構成するある要素について学んでいきます。

クリエイティブドローイング

線、形、カラー、テクスチャー、価値、シェイプといったものを学んでいきます。生徒たちは自分たちの慣れしたんだ場所から一歩踏み込んで、スタイルや手段、またクリエイティブドローイングを成功するための自分たちの理論を開発していきます。

デジタルイメージ

Adobe CSのイラストレーターやフォトショップを使い、基礎的なグラフィックアプリケーションの使い方と画像やレイアウトを学びます。

コミュニケーションデザイン理論

コミュニケーションの基になっている原則を学びます。メディアや社会、政治に出てくる昔のレトリックや説得方法について学んでいきます。

デザインシンキング & プロセス

カラー、シェイプ、テキスト、テクスチャー、またアイデアとコミュニケーションしていく為に必要不可欠なスキルを様々なツールを使って取り組んでいきます。コンセプチュアルなアイデア開発は、メディアを横断的に拡げ、一貫性をもつデザインワーク、またどのように合理的にコンセプチュアルデザインを学ぶか、建設的な批判を受け入れる素養を作っていきます。

WEB基礎

既存のテクノロジと新興テクノロジーがビジネスの運営や管理にどのように影響するのか、企業が外部の相手(顧客、サプライヤ、規制当局など)と企業が提供できる製品やサービスとの関係について理解できます。

最初半分の科目は、インフォメーションシステムが組織によってどのように、また使われているのかを理解出来るように構成されています。また問題をどう扱い、解決するか、個人間のコミュニケーション、分析スキルをクライアントの為に使えるようにしていきます。

撮影&編集

一眼レフカメラを使って、写真やビデオのクリエイティブな側面について学習していきます。内容としては光の理論、カメラの構造、写真の歴史、写真デザインの構成、写真スタイルの提案、またそれらの動機づけと目的についてです。生徒は、ショートコマーシャルビデオに取り組み、Adobe LightroomとAdobe Premiere Proを使ったポスプロ工程について学びます。

インターフェイス&エクスペリエンスデザイン

あらかじめ定義された機能品質特性を満たすようにユーザーインターフェイスを設計、実装、評価する方法を学びます。そしてまた、WEBやアプリデザインのユーザー中心経験の作成方法についても学びます。またここでHTMLとCSSについても学びます。


2年目 デジタルスキル

デジタルまでの道

著名な人物、文化、哲学、歴史的出来事の影響を受けて、現代的な形になるまでにアートが取ってきた道を学びます。広い幅でビジュアルカルチャーやコンテンポラリーアートに対して批評、ディスカッション、レビューを出来るようにする豊富なボキャブラリーを開発します。それらの洞察は生徒のデジタルメディアの現代的な美の使いこなしと理解を助けます。

印刷と出版の基礎

プリント技術と美的感覚を学びます。またどのようにプリントが通信手段としての機能するのかも学びます。どのようにカラーシステムや紙のタイプをなどをコントロールして、自分が期待する結果を得るかも、オフィスプリンターやプロプリントショップなどを使って学んでいきます。

タイポグラフィ

タイポグラフィの機能、美しさ、応用等を学んでいきます。

モーショングラフィック

モーショングラフィックスのスキルを学んでいきます、ロゴを分析したり、2Dのキャラクターを作ったりして、Adobe After Effects and Cinema 4Dを使ってアニメーションの為の準備します。それらの課題を通して、2.5Dの様々なファイルを作って楽しませる方法を学ぶことになります。

情報デザイン

情報デザインの基礎として原則、テクニックを学びます。学生は複雑なデータから意味のある魅力的なものをどう作るかを学び、それがなければいかにコンセプトを理解するのが難しいかも学びます。また生徒は図、テーブル、マップ、グラフ、チャート、タイムライン、シンボル、英数字などをの幅広テクニックをつかって応用、デモを行います。

選択科目 1 と 2

生徒は選択科目リストから選択科目を選択する事が出来ます。選択科目は空き状況に左右され、選択科目には前提条件があります。詳細は、選択科目の説明ページを参照してください。


3年目

プロトタイプイラストレーション

プロトタイプドローイングの基礎が紹介されます。伝統的な描画技法とデジタル工法を使用して、日々のモノやオーガニックオブジェクト(自然のモノ)を構築する方法の基礎を学びます。また、業界のクライアントの要求速度に答える為の方法も学びます。

広告とブランドデザイン

歴史的な観点から広告を調査した後、現代の広告のケーススタディを行います。

モーショングラフィックと映像の為のタイポグラフィ

生徒はデジタルツールを使って、テレビ、映画、ウェブ用のアニメーションテキストを組み込んだモーショングラフィックスを作成します。生徒は短時間で、アニメートシーケンスを作らなければならない。

デザイン練習と倫理体系

ビジネス、コミュニティそしてグローバルの文脈の中でのデザイナーとして役割を学びます。クリエティブワーク練習のなかで法的な責任、倫理体系について学びます。

強化

職場のプレッシャーの中で、あなたの知識、スキル、態度をプロフェッショナルとしてまとめあげる方法を学ぶ。この科目の目的は、スピートと効率である。よりプロの現場に近いような状態で作成することにより、成功と失敗の経験を通じて、より自分たちと他の人のことに関して学ぶことです。

ローンチパッド

この科目では、生徒に就職の準備と探し方についての指導を行います。

選択科目3

使うソフトウエア

  • Adobe InDesign
  • Adobe Illustrator
  • Adobe Photoshop
  • Adobe Premiere Pro
  • Adobe Lightroom
  • Adobe After Effects

コース期間

3年

コース開始日

お問い合わせください

 

キャンパス

 シドニー、メルボルン、ブリスベン

学費

お問い合わせください。

就職・仕事サポート

最新ホットニュース

おすすめ大学コンテンツ

留学生インタビュー①

ウーロンゴン大学で経済学を勉強している学生にインタビューをしました。

留学生インタビュー②

ウーロンゴン大学の大学院でプロジェクトマネジメントを勉強している学生にインタビューをしました。

さまざまな形の豪州挑戦をサポート

 

英語とスキルと就職を同時に。

手に職+英語は最強のオプション!
現地就職のチャンスも圧倒的に広がります。

豪州の大学で学び、世界と戦う。

世界と戦う覚悟があるなら今しかない!
当社の様々なサポート体制で全力でサポートします。

キャリアチェンジするなら今です。

一生もののスキルを豪州で身につけましょう!
技能スキル留学は本当にオススメです。

まずは、とにかく英語を極める。

英語が出来ないと何も始まらない!
初めの一歩をオーストラリアで踏み出してみませんか?

オーストラリア大学.comの特徴

  • オーストラリアの大学や各州の教育省に認められた正式な留学指定窓口だから安心
  • 全ての大学を公平に判断、あなたのキャリアパスにあった「この一校」を選定
  • 複数同時出願も可能
  • アドバイスや手配費は無料(大学によっては出願申請費がかかることをご了承ください)
  • 正規留学相談だけを扱ってきた経験豊富なカウンセラー陣
  • 大好評!気になる卒業後の進路の無料相談

無料留学カウンセリング

海外留学に興味はあるけどどんな留学をしたいのかまだ決まらない方から、やりたい仕事や取りたい資格など目的や目標に向けた具体的なプランまで、お気軽にご相談いただけます。

お問い合わせボタン