世界と戦う為に。オーストラリアへの留学・進学なら

無料ご相談・お見積り

ページを選択

オーストラリア専門 / TAFE 学校 会計士

オーストラリア会計士
会計士は、一般的に課税や金融取引に関連する組織や個人に会計サービスを提供します。 オーストラリアの会計士の平均給与は年額$ 89,646です。会計士は、会計に関連する記録の保管とコンプライアンス要件についてもクライントに助言します。オーストラリアでは会計士になる為には、CPA、ICAA、IPAなどの査定団体の資格を取る必要があり、その要件の中でオーストラリアで会計士の学士号を取得する必要が出てきます。

平均給与

A$89,646

仕事の成長率

予測:16%会計士が2020年にオーストラリアでさらに雇用されます(2015年と比較して)

地域別雇用率

会計士として雇用の上位3つの地域は次のとおりです。

  • NSW:38%
  • VIC:26.3%
  • QLD:15%

必要スキル

  • コミュニケーション力
  • 優れたプレゼンテーションスキル
  • クライアントとの関係を構築できる
  • 問題の分析と解決が可能
  • 優れた組織力
  • 機密情報を扱う際の裁量
  • プロフェッショナルで倫理的
  • チームの一員として働くことができる

会計士の職務内容

会計士は何をしていますか?

会計士は、組織、企業、個人の財務問題を分析、評価、報告します。これには、損益計算書、予算、自動化された金融システムなどのデータを調べることによって、顧客または雇用者の財務健全性に関する助言を提供することが含まれます。
組織内では、会計士は戦略チームの一員として重要なビジネス上の意思決定に関与することがあります。個人と一緒に働く会計士は財務諸表を作成し、税務申告書を提出する必要があります。
会計士として、ビジネス取引の法的遵守を確実にするために、オーストラリアの課税法に精通していることが義務付けられます。
キャリアの機会と会計士の専門分野には、以下のような役割があります。
会計士は、一般的に課税や金融取引に関連する組織や個人に会計サービスを提供します。 オーストラリアの会計士の平均給与は年額$ 89,646です。会計士は、会計に関連する記録の保管とコンプライアンス要件についてもクライントに助言します。

会計士平均給与

A$89,646

仕事の成長率

予測:会計士は2020年にオーストラリアでさらに16%雇用されます(2015年と比較して)

地域別雇用率

会計士として雇用率が高い上位3つの地域は次のとおりです。

      • NSW:38%
      • VIC:26.3%
      • QLD:15%

必要スキル

      • コミュニケーション力
      • 優れたプレゼンテーションスキル
      • クライアントとの関係を構築できる
      • 問題の分析と解決が可能
      • 優れた組織力
      • 機密情報を扱う際の裁量
      • プロフェッショナルで倫理的
      • チームの一員として働くことができる

会計士の職務内容

会計士はどんな職業?

会計士は、組織、企業、個人の財務問題を分析、評価、報告します。これには、損益計算書、予算、自動化された金融システムなどのデータを調べることによって、顧客または雇用者の財務健全性に関する助言を提供することが含まれます。
組織内では、会計士は戦略チームの一員として重要なビジネス上の意思決定に関与することがあります。個人と一緒に働く会計士は財務諸表を作成し、税務申告書を提出する必要があります。
会計士として、ビジネス取引の法的遵守を確実にするために、オーストラリアの課税法に精通していることが義務付けられます。
キャリアの機会と会計士の専門分野には、以下のような役割があります

      • 税務会計士
      • 財務会計士
      • 管理会計士
      • 法医学会計士
      • 審査員
      • 財務マネージャー
      • 投資アナリスト
      • 原価会計士

会計士の毎日の仕事

会計士の日常業務は、専門分野や雇用分野によって異なります。会計士の典型的な日常業務には、以下が含まれます。

      • ビジネスの収益と支出の分析。
      • 財務調査と監査の実施、報告書の作成。
      • マネージャー、取締役または株主に事業の財務健全性について報告する。
      • 合併、買収、破産、資金調達についてのアドバイス。
      • 予算と会計方針の策定。
      • 外部監査人との連絡。
      • 損益計算書の作成、月次決算およびコスト会計報告。
      • 会計上の相違を解決する。

会計士の勤務時間

会計士は通常、オフィス環境で平日の営業時間内に働きます。しかし、会計年度の終わりなどの忙しい期間中、会計士は、より多くの仕事を完了し、期限を守るために、夜間や週末などの時間を増やすことが期待されるかもしれません。

CA(公認会計士)とCPA(公認練習会計士)の違いは何ですか?

CPA(公認会計士の練習は) CPAオーストラリアのメンバーのための専門資格です。 

CA(公認会計士)は、ICAのメンバーのために国際的に認められ、プロの呼称です。

ICAとCPA Australiaはオーストラリアで最大の会計機関のうちの2つであり、両方のメンバーが継続的な専門的な教育を受けなければなりません。CAとCPAの両方は、商業会計と公的会計の両方で機能します。

ほとんどの中規模から大規模の会計事務所では、このプログラムの内容が会計事務所環境での作業に合わせて調整されているため、会計士はCAである必要があります。

CPAプログラムは、企業外の会計業界で働く者、または中小規模の会計会社で働く人に適しています。 

会計士になる方法

会計はオーストラリアで最も急成長を遂げている職業の一つですが、オーストラリアの会計士として働くためには、資格を取得し、全国的に認められる必要がある一定のレベルの経験と調査があります。

専門 / TAFE学校を卒業しただけでは会計士になれません。オーストラリアで会計士の学士号を取得する必要があります。くわしくはこちらをご確認ください。

 

私は会計士になるためにどのような技術的・専門的スキルが必要ですか?

会計士として働くために必要なプロのスキルは、あなたが働くことを選択した地域に依存しますが、ほとんどの職務は会計ソフトウェアとスプレッドシートの使用経験があることを好みます。

また、実務の会計基準については厳しい要件があります。

オーストラリアの会計業界は、公認会計士協会(CPA)、オーストラリア公認会計士協会(ICAA)、公認会計士協会(ICAA)の3つの専門会計機関によって規制され、認定されています。

Swinburne Onlineのビジネス&会計プログラム担当ディレクターのTony Whitefield博士は、3つの専門機関のいずれにも入学資格を得るには、第3次資格を取得する必要があると説明しています。 

CPAとICAAに入学するための最低資格は会計学の学士号、会計学専攻の経営学士などです。IPAには、少なくともディプロマまたはアドバンスドディプロマが必要です。

「第三次資格がなければ、会計で働くことができるかもしれませんが、財務報告が3つの専門機関のいずれかによって認定された会計士のサインオフを必要とするため、財務報告を作成する資格はありません」とWhitefield博士は付け加えます。

また、雇用主は、CAまたはCPAプログラムに参加した経理卒業生(または経験の少ない卒業生)を高く評価したりしています。

会計士になる為の最初のステップは何ですか?

あなたがしばらくの間勉強していない、または学士号にコミットする準備ができていない場合、あなたは戸口に足を踏み入れるために証明書や卒業証書だけを必要とする会計で取ることができる多くのキャリアパスがあります。

業界での経験がほとんどまたはまったくない人は、CirtificateⅢ または以下のコースを使用して、軽い簿記責任、未払金、給与計算処理等を学びましょう。会計士の職務に就くための基盤を提供します。 

良い会計士になるためには?

良い会計士になるためには、次のものが必要です。

  • 数字を扱う適性
  • 戦略的
  • 優れた組織力
  • 詳細な分析力
  • 強い倫理観

問題を解決することに優れている必要があります。また、機密情報を扱う方法を知っている必要があります。「さまざまなクライアントとコミュニケーションをとることができることも重要であるため、優れたコミュニケーションスキルが欠かせません

オーストラリアで2番目に大きな業界として、会計士としての地位を築いているのは若い人達だけでなく、35歳から勉強を始める人も多くいます。

2017年には、21,000件の新しい会計士の雇用が出来ると予測されています。

学校で勉強する内容

会計システムの導入と維持、内部統制システムの維持、非報告主体の財務諸表の作成、税務申告の作成、業績の報告、小規模チームの管理事業計画の策定、管理のための会計報告書の作成などが含まれます。

学校で勉強する科目

コアユニット

  • 財務および業績情報を提供
  • 個人の税務書類準備
  • 予算と予測の管理
  • 法人のための財務報告書を準備
  • 内部統制手続きの実施と維持
  • 管理会計情報の提供

追加ユニット

  • 財務報告書の作成
  • 複雑なスプレッドシートの使用方法
  • 効果的な職場関係をリードする方法
  • 金融取引処理、中間報告を抽出
  • 会計情報システムの確立と維持
  • 法人のための税務書類の作成と管理
  • ビジネスパフォーマンスの評価
  • 金融サービス
  • アトリションと業界の実践規範
  • 金融サービス業界で働くための経済原則
  • 財務統計とツールを解釈
  • 法定要件を満たすために財務報告書準備
  • 財務予測と予測の準備
  • 消費者および契約法に法的原則
  • 企業法および信託法に法的原則
  • 不動産法に法的原則

オーストラリア専門 / TAFE 学校 会計

会計を学べる学校というのはオーストラリアに数え切れないほどあるのですが、いくつかご紹介したいと思います。

学校
TAFE NSW - テイフ・ニューサウスウェールズ
Holmesglen Institute of TAFE
TAFE Queensland
Top Education Group Pty Ltd
Holmesglen Institute
Melbourne Polytechnic
Accredited Training Centre of Australia Pty Ltd
Zenith Business Academy Pty Ltd
Cambridge International College (WA) Pty Ltd
Sydney Metro College Pty Ltd
Southern Cross Education Institute Pty Ltd
Pacific College Pty Ltd
Pass Global Pty Ltd
Captain Cook Institute Pty Ltd
Choice Business College Pty Ltd
Box Hill Institute
Macquarie Education Group Australia Pty Ltd
TasTAFE
Lonsdale Institute Pty Ltd
Mercury Institute of Victoria Pty Ltd
Gold Coast Learning Centre Pty Ltd as Trustee for GCLC Unit Trust
Cass Training Pty Ltd
M.S Aviation Pty Ltd

会計士はオーストラリアで永住権が取れる職業で人気が大変あり、このTAFE / 専門のコースも例外ではないです。その他分からない点があれば是非一度お問い合わせください。

就職・仕事サポート

最新ホットニュース

おすすめ大学コンテンツ

留学生インタビュー①

ウーロンゴン大学で経済学を勉強している学生にインタビューをしました。

留学生インタビュー②

ウーロンゴン大学の大学院でプロジェクトマネジメントを勉強している学生にインタビューをしました。

さまざまな形の豪州挑戦をサポート

 

英語とスキルと就職を同時に。

手に職+英語は最強のオプション!
現地就職のチャンスも圧倒的に広がります。

豪州の大学で学び、世界と戦う。

世界と戦う覚悟があるなら今しかない!
当社の様々なサポート体制で全力でサポートします。

キャリアチェンジするなら今です。

一生もののスキルを豪州で身につけましょう!
技能スキル留学は本当にオススメです。

まずは、とにかく英語を極める。

英語が出来ないと何も始まらない!
初めの一歩をオーストラリアで踏み出してみませんか?

オーストラリア大学.comの特徴

  • オーストラリアの大学や各州の教育省に認められた正式な留学指定窓口だから安心
  • 全ての大学を公平に判断、あなたのキャリアパスにあった「この一校」を選定
  • 複数同時出願も可能
  • アドバイスや手配費は無料(大学によっては出願申請費がかかることをご了承ください)
  • 正規留学相談だけを扱ってきた経験豊富なカウンセラー陣
  • 大好評!気になる卒業後の進路の無料相談

無料留学カウンセリング

海外留学に興味はあるけどどんな留学をしたいのかまだ決まらない方から、やりたい仕事や取りたい資格など目的や目標に向けた具体的なプランまで、お気軽にご相談いただけます。

お問い合わせボタン