世界と戦う為に。オーストラリアへの留学・進学なら

無料ご相談・お見積り

ページを選択

オーストラリア TAFE / 専門学校

英語プラス専門スキルの最強留学パターン

オーストラリアでフライトアテンダントを目指す【CA】【オーストラリア留学】

オーストラリア フライトアテンダント

航空機での乗客の安全と快適なサービスを提供する人たちのことをフライトアテンダントと言います。具体的には、フライトの前に、客室の飛行前チェックを行い、搭乗券をチェックし、乗客を座席での安全を確保し、荷物を保管し、緊急手続きの説明をします。フライト中は、食事や軽食を提供し、子供、障害者、高齢者など、特別な注意を必要とする乗客のニーズに応えることが仕事となります。また緊急時には、乗客に助言し、応急処置を行い、避難を監督する義務もあります。

 

かつては女性の客室乗務員をスチュワーデス、男性の客室乗務員をスチュワードと呼ぶこともありましたが、現在は男女の区別なく、キャビンアテンダントやフライトアテンダントと呼ばれることが多い。 航空会社別では、JALがキャビンアテンダント、ANAが客室乗務員(スカイサービスアテンダント)とよんでいます。また英語圏では、フライトアテンダント(Flight attendant)またはキャビンクルー(Cabin crew)が一般的です。

また外資系の航空会社でも、日本国籍を持つ客室乗務員採用を行っていたりしますので、応募資格はまちまちですが、英語に加え、その国の言語に堪能だと優遇される場合もあります。

正式な資格を持たずに乗務員として働き、職場で訓練を受けることは可能です。しかし、ホスピタリティやカスタマーサービス業界での経験が望ましいです。

平均給与

オーストラリアでのフライトアテンダントの平均給与は、A$ 55,000です。

雇用動向

フライトアテンダントの雇用は、過去5年間で30.4%の割合で増加し、2017年までわずかに増加すると見込まれています。

男女比率

男性: 29.9% / 女性: 70.1%

雇用形態比率

男性正社員:18.5% / 男性パートタイム:11.4%

女性正社員:48.1% / 女性パート・アルバイト:21.9%

地域別雇用率

オーストラリアのフライトアテンダントの地域別雇用率は以下の通りです。

NSW:51.8% /  QLD:20.1% / WA:12.7%

職務

  • 乗客の座席の確保と荷物の収納と持ち込みアイテムのアシスト
  • フライトの詳細と緊急時の安全手順に関する簡単な乗客
  • 緊急用機器のデモンストレーション
  • 毛布、枕、ヘッドフォン、読書などの快適なアイテムを配布する
  • すべての乗客が離陸および着陸のためにシートベルトを固定していることを確認する
  • 緊急の器具や食べ物、飲み物、快適さのアイテムが搭載されていることを確認する
  • 食事と飲み物を準備し、提供する。商品、スナック、軽食を販売する

必要なスキル

  • フレンドリーで礼儀正しい態度
  • 美しく整えられた外観
  • 人と仕事をしたり人を助けたりすることを楽しむ
  • チームの一員として働く能力
  • 良い体力と水泳能力
  • 危機の中で落ち着く能力

労働条件

フライトアテンダントは、仕事の性質上、病気やけがのリスクが高いです。手荷物の落下による怪我、または重い荷物の移動等のときにも事故が起こる可能性があります。 乱気流はさらなるリスク要因です。気圧が高い上空で働くことは、医療上の問題を引き起こす可能性があります。また労働時間に関してもフライトに応じて、長時間の不規則なスケジュールを働かせることができ、夜間、週末、および休日を働くことを求められます。

オーストラリアでフライトアテンダントの勉強をする

実はフライトアテンダントの要件には、英語力や身長などの規定等はありますが、特段資格や学士等の学歴を求めているところはないです。ただし英語力が高ければ高いに越したことはありませんし、フライトアテンダントに付随する資格をオーストラリアでの留学を通して取得していくのはもちろん強みになります。

オーストラリアは英語を学ぶには適した環境ですし、またオーストラリアのフライトアテンダントを学べる専門学校は世界各国の航空会社とのコネクションも強くオーストラリアの航空会社に限らず幅広い選択肢を得ることが可能です。そのため、卒業生の多くは世界の様々な国でフライトアテンダントとして働いています。

年齢制限

大部分の航空会社は、最低年齢は18歳から21歳で、大部分の国際航空会社は、上限を約56歳までとしています。(イギリスを拠点とする航空会社は、従業員の年齢制限を設定していません)

スイミングスキル

少なくとも約20メートル(すなわち、Ryanair)泳ぐことができなければないと規定している航空会社もあります。

体重および肥満指数(BMI)

これは航空会社にもよりますが、ある航空会社では「正常」BMIは22〜27、「過体重」は22〜27、「肥満」は27以上の値であるとされています。

入学に必要な条件

入学に必要な英語力としてはTAFE / 専門学校レベルでIELTS5.5以上で、学歴としてはどの航空会社も専門学校卒業以上となっていますが、LCCの中には最終学歴の指定がない会社もあります。
英語力が不足している場合は、付属の英語学校等で英語力を伸ばしてから現在英語力が不足している場合は、提携・付属の語学学校などで英語力を身に付け、入学ももちろん可能です。

学校自体には身長制限はありませんが、航空会社によっては150cm後半程度の制限として設けていたりますが、最近では身長制限を設けていない航空会社等も出てきているようです。

 

フライトアテンダント募集要領

オーストラリアの主なフライトアテンダントの募集要項は以下の通りです。

ジェットスター

ジェットスター航空

カンタス航空の子会社のジェットスター・オーストラリア)はオーストラリア永住権がないとなれなません、ジェットスター・ジャパンやジェットスター・アジア等はその決まりはありません。またジェットスター・オーストラリアの身長制限は163~183cmとなっていますが、ジェットスター・ジャパンとアジアは158cmから可能です。またどちらもTOEIC700点ほどを要件にいれています。

カンタス航空

カンタス航空

カンタス航空もジェットスター・オーストラリアと同じくオーストラリアの永住権が必要となります。

フライトアテンダントを目指せる学校

フライトアテンダントの専門学校はいくつかりますが、TAFE NSWとAviation Austarliaという学校が評判が高いです。

1.TAFE NSW

TAFE NSW Sydney Institute - テイフ・ニューサウス・ウェールズ・シドニー・インスティチュート

期間は半年で、学費はA$8500です。Certificate 3 in Aviation (Cabin Crew)の資格が取得できます。

コアユニット

  • フライト前後の客室チェックを管理、実施する
  • 航空機の安全手順を適用する
  • 航空作業の健康および安全手順を適用する
  • 人と航空機の安全を維持する
  • 航空機内の異常および緊急事態への対応
  • 航空業界で効果的に働く
  • 飛行中の破壊的な行動や違法な干渉を管理する
  • 航空職場のセキュリティ手続きの適用と監視
  • 航空職場におけるセキュリティ意識と警戒を維持する
  • 個人的な仕事の優先順位と開発を整理する
  • 職場の文書を準備する
  • 消防設備を操作する
  • セキュリティ上の脅威に対する緊急対応処置を実施する

 

・追加ユニット

  • 航空環境で応急処置を提供する
  • 航空リスク管理プロセスの導入
  • 航空運航における人的要因の管理
  • 航空安全およびサービス運用中の規制と方針を実施する
  • 航空運航における人的要因の管理
  • 航空安全およびサービス運用中の規制と方針を実施する
  • 航空機の水中脱出と生存を引き受ける
  • 航空職場における疲労リスク管理の実践
  • 航空便の主要なサービスとアトラクションのアドバイス
  • 質の高い顧客サービスを提供する
  • 航空機に顧客サービスを提供する
  • 航空機で飲料サービスを行う
  • 航空会社の運航会社の構造、製品、サービスの知識を適用する
  • 航空機事業、ファーストクラスの食事、ノンアルコール飲料サービスを実施する
  • 効果的な職場関係に貢献する
  • サポート運用計画
  • 職場情報と資源計画を提供する
  • チームの有効性に貢献する
  • 応急処置を提供する
  • アルコールの責任あるサービスを提供する
  • 作業チームまたはグループをリードする
  • 顧客に支援を提供する

2.Aviation Australia

Aviation Australiaは2001年にクイーンズランド州政府によって設立された、世界クラスの研修機関です。主に分野はエンジニアリング、フライトアテンダント、パイロットに分かれており、キャンパスはメインキャンパスのブリスベン、シドニー、メルボルンと3つあります。学費等はお問い合わせください。

 

・Aviation Austarliaの3つの強み

1.航空業界内の専門家によって提供される授業

2.訓練施設が世界トップクラス

3.就職チャンスを得る事が可能

・飛行安全研修センター

Aviation Austarliaの航空安全研修センターは、アジア太平洋地域初の独立した客室乗務員の訓練施設であり、実用的なホールエリアと業界で最高のトレーニングだけでなく、大規模なプールを提供しています。フライトアテンダントの学生は、本物のシミュレートされた環境でトレーニングを行うことが可能です。

 

・最新トレーニング機器

航空オーストラリアは、信頼性の高い、効率的なトレーニング機器を持っています。また継続的なメンテナンスや改善をしているので、訓練をより安全、生産的なものにしています。

B737キャビントレーナー

B737キャビントレーナーはトレーニング操作を監視するためカメラ、オーディオ/ビジュアル・エフェクトを搭載しています。また以下のシナリオを想定した装備もあります。

 

  1. 乗組員ステーションの下のDME松明
  2. 棚に固定された消火器
  3. 棚に確保シミュレータ酸素ボトル
  4. シミュレートされたPA故障で使用するためのメガホン
ワイドボディのキャビントレーナー

ガラス張り監督ステーションで総合的観察および評価のプロセスを行うことができるようになります。

  1. 加圧された酸素マスク
  2. 乗組員ステーションの下のDME松明
  3. 棚に確保シミュレータ酸素ボトル
  4. 括弧内に確保シミュレータ酸素ボトル
  5. シミュレートされたPA故障で使用するためのメガホン
  6. シミュレートされたオーバーヘッドロッカー火災
  7. 積荷火災
  8. シミュレートされたトイレの火災
  9. シミュレートされた電気パネル火災
  10. シミュレートされた厨房の火
  11. IFE画面
  12. PPE
火災トレーナー

火災トレーナーはトレーニング操作を監視するために、オーディオ/ビジュアルエフェクトのカメラを内蔵しています。シミュレータは以下のシナリオ中に使用するための機器があります。

  1. シミュレートされたオーバーヘッドロッカー火災
  2. シミュレートされたトイレの火災
  3. シミュレートされた電気パネル火災
  4. シミュレートされた厨房の火災
  5. IFE画面
  6. PPE
  7. 乗組員ステーションの下のDME松明
ドアのトレーナー

訓練可能なドアは、次のとおりです。

  1. B737 / B767 / B747 / B777
  2. A320 / A330タイプAとタイプ1
  3. ダッシュ8
スライド

避難訓練に利用可能なスライドが含まれます:A320 / A330 B737 / B767を

研修生のための全てのマットと(防護服を含む)の保護装置が利用可能です。

いかだ

避難訓練のために利用できるスライドと安全性ラフトは、次のとおりです。

  1. 42人のいかだ
  2. A320 / A330スライドいかだ
プール

不時着水プールは、長さが20メートル、2メートルの深さと幅は12メートルです。

  1. 乗客/乗務員訓練ライフジャケット
  2. 乗員拘束デバイス
  3. 保護オーバーオール

キャリアセッションも何度も行わていますので、興味があるかたは一度お問い合わせくださいませ。

さまざまな形の豪州挑戦をサポート

英語とスキルと就職を同時に。

手に職+英語は最強のオプション!
現地就職のチャンスも圧倒的に広がります。

豪州の大学で学び、世界と戦う。

世界と戦う覚悟があるなら今しかない!
当社の様々なサポート体制で全力でサポートします。

キャリアチェンジするなら今です。

一生もののスキルを豪州で身につけましょう!
技能スキル留学は本当にオススメです。

まずは、とにかく英語を極める。

英語が出来ないと何も始まらない!
初めの一歩をオーストラリアで踏み出してみませんか?

Facebook instagram LINE 無料で相談する