オーストラリアで語学留学するためのビザとは?種類や取得方法を解説

目次

オーストラリア留学で必要なビザとは

オーストラリアで留学するには、就学が可能なビザ(査証)が必ず必要となります。

オーストラリアで就学が可能なビザには数種類あり、それぞれ申請条件や申請費用、就学できる期間が異なるので、留学プランに沿った適切なビザを選ぶ必要があります。

ビザはオンラインで申請することができますが、手続きは全て英語となります。

留学の志望理由書を求められる場合もあり、英語が得意でない場合はエージェントを介して申し込むことが多いです。

オーストラリアで語学留学するためのビザは3種類

オーストラリアで語学留学するためのビザは3つあります。

気軽に短期留学がしたいという方は観光ビザ、留学だけでなく就労、滞在、休暇をメインにしたいという方はワーホリ、本格的な長期留学がしたいという方は学生ビザがおすすめです。

観光ビザ
3ヶ月未満の短期語学留学。就労は不可。

ワーホリビザ

4ヶ月未満の短期語学留学。1年間の滞在が可能で、条件付きで就労が可能。

学生ビザ

3ヶ月以上の長期留学向け。コースの長さに合わせて滞在でき、条件付きで就労が可能。

観光ビザ

ビザ名観光ビザ(ETA)
サブクラス601
就学期間3ヶ月まで
有効期限3ヶ月まで
申請場所豪国外
申請料金$20
就労不可

観光ビザは気軽に短期留学したいという方におすすめのビザで、3ヶ月までのコースに通うことができます。

観光ビザで学校に通う方の中には、日本の長期休暇を利用して英語を学びたいという方や、長期留学の下見として利用される方がいます。

観光ビザの申請は学生ビザやワーキングホリデービザよりも簡単で、専用アプリをダウンロードし、パスポートなどの必要な書類をアップロードするだけです。

申請料金も$20と他のビザよりも安いです。

ワーキングホリデービザ

ビザ名ワーキングホリデービザ
サブクラス417
就学期間17週間(4ヶ月)まで
有効期限入国日から1年間
申請場所豪国外
申請料金$635
就労制限同一雇用主のもと6ヶ月まで

ワーキングホリデー(ワーホリ)ビザでは4ヶ月までのコースに通うことができます。

観光ビザと同じく短期留学ができるビザですが、1年間滞在することができ、自由に観光、就学、就労ができるという点で異なります。

さらに18〜30歳という条件を満たせば比較的簡単に申請することができるので、後に紹介する学生ビザよりも取得の難易度が低くなります。

ただし、就労の際には同一雇用主のもとで働けるのは6ヶ月までという制限があるので注意しましょう。

学生ビザ

ビザ名学生ビザ
サブクラス500
有効期限コースの期間+1-2ヶ月
就学期間コース期間
申請場所豪国内、国外
申請料金$710
就労制限20時間/週まで

学生ビザではコース期間の分だけ滞在・就学・就労をすることができます。

ビザの期間は通うコースの期間+1-2ヶ月となっており、1-2ヶ月は現地での準備期間や休暇期間分として用意されています。

学生ビザは制限付きで就労することも可能で、週に20時間(2週間で40時間)以内であればアルバイトをすることができます。

学生ビザの取得には条件があり、通うコースはフルタイム(週20時間以上)である必要があります。さらに在学中は出席率を80%以上で保つ必要があり、保てない場合は学生ビザをキャンセルされることがあります。

学生ビザは他の観光ビザやワーホリビザよりも準備が必要で、OSHCという学生保険へ加入したり、GTEという留学の目的を描いた志望書を提出する必要があります。

詳しい申請方法については以下の記事をご確認ください。

【無料】オーストラリア留学ならKOKOSへ

KOKOSではオーストラリア国内のほぼ全ての語学学校、カレッジ、TAFE、大学、大学院をご紹介可能です。

留学相談から入学手続き、ビザ申請、現地サポートまで、日本人の現地スタッフが丁寧にお手伝いします。

さらに正規の留学エージェントなので、サポート費用は無料です。お気軽にラインまたはメールでお問い合わせください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次