世界と戦う為に。オーストラリアへの留学

無料ご相談・お見積り

ページを選択

オーストラリアの大学:永住権申請が可能な放射線学科

本日は、オーストラリアでの放射線学科に進む方法について紹介しようと思います。

 

おそらくオーストラリアの大学に留学を希望している方であれば、単に永住権取得のためだけでなく、専門的にもどのくらい勉強できるのかを気にしていると思います。医療専門分野(理学療法/医学/看護/歯科衛生/放射線社など)の場合、かなり長期で勉強そして仕事ができるのではないかと思われます。オーストラリアでは、放射線技師は安定性と高所得も見込める安定した職業だと思います。

madical

オーストラリアの大学:放射線学科(Medical Imaging Technology / Diagnostic Radiography)とは?

国内とは違ってオーストラリアの放射線科は、4つに分かれています。放射線技師は各種放射線装置で、体の内部器官の病気や障害を診断したり、治療する役割を担っています。国内では医師を補助する役割だけという考えもあるかもしれなませんが、オーストラリアではもう少し踏み込んだ役割を担っています。

 

 

1)Medical Diagnostic Radiographer

よく知られている役割として、放射線撮影装置を介して病気を診断するために撮影する役割を担っています。X-Ray、CT、MRIなどを扱い血管形成術、造影、挿入術などの仲介的な施術もできます。

 

2) Medical Radiation Therapist

放射線治療は基本的にがん患者に対しての治療方法です。手術と化学療と一緒にがん治療行う代表的な方法です。放射線治療のために放射線量を見極め、治療する役割を担っています。

 

3)Nuclear Medicine Technologist

ガンマカメラやPETをはじめとする、放射線測定装置および計測器を扱う役割として、スキャン装置を利用して、放射性同位元素に基づいて、患者に必要な治療をする役割を引き受けます。

 

4)Sonographer

患者を診断することができる超音波画像や動画を扱い、超音波装置を専門的に行う役割です。物理学や解剖学、そして生理学の理解が必要な職業であり、オーストラリア内では修士以上の学歴が必要です。

medical1

オーストラリアの大学:放射線技師のキャリアとしての今後の見通しは?

 

オーストラリア放射線技師は4つの職業に分かれています。

1)Medical Diagnostic Radiographer(AIR)

2)Medical Radiation Therapist(AIR)

3)Nuclear Medicine Technologist(ANZSNM)

4)Sonographer(AIR)

職業としての安定性だけでなく、オーストラリアの永住権取得が可能であることは、大きなメリットです。

medical2 medical3

同様に、オーストラリア統計局から発表された資料からも分かるように 、2014年11月の時点で16,700人以上の放射線技師がおり、2019年には22,000人まで雇用が増大すると予想されます。給料も高い職種に分類できると思います。

medical4

 

オーストラリアの大学:放射線学科おすすめの大学リスト

オーストラリアの大学放射線学科は3年または4年のコースで構成されています。上記の通り、専門分野そして同じ大学でも詳細専攻(診断放射線社/放射線療法士/核医学技術士など)に応じて、勉強期間が異なる場合があります。オーストラリア放射線技師協会(AIR)に正式に登録をするためには、以下のような資格が必要になります。

 

* 3年コースの場合:3年の学業+ NPDP + IELTS 7.0

* 4年コースの場合:4年の学業+ IELTS 7.0

通常3年のコースを終えた学生の方々の場合NPDP 1年実習コース(試験管の下で行われる)を履修しなければいけません。

 

4年制のコースは、最後の年に現場実習があるので、別途でNPDPをしなくて大丈夫です。オーストラリアの大学で認可されたコースは、以下のリンクから確認することができます。https://www.air.asn.au/career_di.php

http://www.air.asn.au/career_rt.php

 

University of South Australia(南オーストラリア大学

コース:Bachelor of Medical Radiation Science(Medical Imaging)

期間:4年

入学可能時期:2月

入学の条件(学歴):国内の4年制大学1年生の修了者or専門学校卒業者orファンデーション/ディプロマ履修者

入学条件(英語):IELTS 6.5(6.5

)学費:$ 32,000(年間)

ホームページ:http://programs.unisa.edu.au/public/pcms/Program.aspx?pageid=181&sid=294&tid=440&y= 2016&int = 1

南オーストラリア大学は、ヘルスサイエンス系で有名で、オーストラリアでも医療分野では、指折りの大学です。入学基準が高いですが、実際の卒業生の就職率が最も高い学科です。

 

QUT University(クイーンズランド工科大学)

コース:Bachelor of Medical Imaging

期間:4年

入学可能時期:2月

入学の条件(学歴):国内の4年制大学1年生の修了者or専門学校卒業者orファンデーション/ディプロマ履修者

入学条件(英語):IELTS 7.0(6.5)

学費:$ 26,200(年間

ホームページ:https://www.qut.edu.au/study/international-courses/bachelor-of-medical-imaging#h2-0

他の大学は授業料が年間$ 30,000辺りなのに対して、QUTはオーストラリアで最も安価な放射線学科ではないかと思います。学校自体のクオリティも良いうえに学費まで安いので多くの学生が入学えお希望しています。

 

Curtin University(カーティン大学)

コース:Bachelor of Science(Medical Radiation Science)

期間:4年

入学可能時期:2月

入学の条件(学歴):国内の4年制大学1年生の修了者or専門学校卒業者orファンデーション/ディプロマ履修者or修能適正性的取得者

入学条件(英語):IELTS 7.0(7.0)

学費:$ 33,500(年間

Web:http:// courses。 curtin.edu.au/course_overview/undergraduate/medical-radiation-science

カーティン大学は西オーストラリア州の最大の大学です。試験で入学が可能であるという利点があります。標準的なスコアは国英数で300点を超えていた場合、すぐ入学が可能なです。

 

学校の手続きからビザまで無料でお手伝いしているので、気になる点ございましたら、いつでもお問い合わせください。ありがとうございます。

お問い合わせボタン