世界と戦う為に。オーストラリアへの留学・進学なら

無料ご相談・お見積り

ページを選択

オーストラリアの基本情報

基本情報をチェックして、充実した留学生活を。

ETASと観光ビザの違いについて

ほとんどのオーストラリアに留学に来る方は、学生ビザかワーキングホリデービザにて渡航に来ているのは事実ですが、ここでは短期(3ヶ月以内)での語学留学の時に使われる、ETASと観光ビザの違いについてご説明したいと思います。

ETASとは?

ETAS(イータス)とは、「ELECTRIC TRAVEL AUTHORITY SYSTEM」の略で少し堅苦しくなりますが、日本語で言えば電子旅行許可システムと呼ばれるものです。電子旅行許可システムの名前の通り、インターネットで申請する事が可能です(A$20)。このETASは3ヶ月以内の観光用のビザで、また就労は認められていません。基本的にはオーストラリア国外の旅行者がオーストラリア国内に旅行する為に使われるものです。そしてここが重要なのですが、オーストラリア国内から申請は出来ません。しかし、国外に出て再申請すれば、2度目の旅行扱いとなり、なんの問題もありません。

観光ビザとは?

観光ビザとETASの基本要件は同じです、しかし申請料金(A$215)と申請方法(残高証明や滞在先等の証明が必要になる)が違いです。またオーストラリア国内からも申請が可能です。

結局はどちらが良いのか?

さて、では実際どちらを申請すべきかと申しますと、ETASで問題ありあせん。ではどんな時に費用も高く、申請も手間がかかる観光ビザが必要になるかと申しますと、オーストラリア国外に出ず、連続で6ヶ月間滞在したくなったケースです。つまり、ETAS(日本から申請) -> 3ヶ月以内 -> 日本に戻らず更に3ヶ月延長したくなった -> 観光ビザ -> 3ヶ月延長(計6ヶ月) というようなケースです。

就職・仕事サポート

最新ホットニュース

おすすめ大学コンテンツ

留学生インタビュー①

ウーロンゴン大学で経済学を勉強している学生にインタビューをしました。

留学生インタビュー②

ウーロンゴン大学の大学院でプロジェクトマネジメントを勉強している学生にインタビューをしました。

お問い合わせボタン