世界と戦う為に。オーストラリアへの留学

無料ご相談・お見積り

ページを選択

オーストラリアの食費

オーストラリア 食費

オーストラリアに最初来た時は食事にお金がいくらかかるのか分からず、正直不安もあると思います。そこでオーストラリアで生活するにあたってざっくりとした一週間にかかる食費の目安をシドニーに留学に来ている、3人の例でご紹介したいと思います。

実際の食費例

それでは実際にシドニーで生活する3人の食費を具体的に見ていきましょう。

A君

A君はワーキングホリデーでオーストラリアに来ていて、日本食レストランで働いています。

シリアル or 食パン ($5前後)
仕事先のまかない
仕事先のまかない
合計 $5前後 

彼の場合、仕事先がレストランである為、お店からまかないが支給されます。よって、1日に食費があまりかからないとのことでした。一週間に週5で仕事に出ているのでどんなに見積もっても、一週間で$70以内で済むそうです。

次は、留学生で語学学校に通っているB君、B君はアルバイトをしていません。

B君

シリアル or 食パン ($5前後)
ファーストフード店($10前後)
自炊($ 15前後)
合計 $30前後 

結果は上記のようでした。彼の場合、自炊をする時にかかる食費が昼のファーストフード店でかかる食費を上回っています。ここで疑問に思う方がいらっしゃると思います。そうなんです、実際自炊をした時の食費が、お店で食事をするより上回ってしまうことがあります。スーパーに行かれた時はその事実を目の当たりにすると思います。彼は、1日食費に30ドルほど使うそうです。よって一週間に210ドルほどかかるそうです。

お次はCさん。Cさんは語学学校に通いながら土産物店で働いています。

Cさん

食パン & ヨーグルト($3前後)
自炊したお弁当($7前後)
自炊($10前後)
合計 $20前後 

Cさんの場合、1日のほとんどを自炊で過ごしているようです。その結果1日に20ドル前後の食費がかかるそうです。彼女は一週間に食費が140ドルを超えないようにしているのだそうです。

以上の結果を踏まえてわかることは食費には個人差がありますが、毎日三食きちんとたべたとして一週間に$150ドル前後に抑えるが理想だと思います。友達と出かけたり、外出が増えれば当然食費は上がります。今回は三人の協力者の元、目安をお伝えすることができました。

食費を抑えるためのポイント

上記で紹介したように、オーストラリアではいかに食費を抑えるが節約する上での重要なポイントになります。

1.コンビニで食べ物を買わない

オーストラリアには深夜までやっていコンビニエンスストアが結構あります。日本にいる感覚でコンビニを利用してお会計の時に驚く事のないようコンビニは便利だからといって浪費しないように気をつけましょう。

2.大手スーパーの値下げセール品をチェックする

オーストラリア スーパーマーケット

シドニーには大型スーパーがありますが、商品によっては半額セールがあります。値引きされている商品などWoolworth やcolesなど大手スーパーの公式のwebsiteに随時載っていますし、またメルマガなども配信されているので、チェックしてみましょう。

3.一週間にかかる食費を一度計算する

一週間にかかる食費を一度計算してみて次の週の食費の参考にすること、これが本当に大事なことだと思います。慣れない土地で一週間にかかる食費を把握しないまま過ごしていくのは勿体無いです。節約できるところがあるかもしれません。

上記のように、食事は節約していく上で重要な要素です。留学生の中には節約することが苦手な方も多くいますが、一週間にかかる食費をきちんと把握しておくことは今後の生活をする上で必要なことです。そうすることで、自分の経済状況を把握しやすくなります。また慣れてくるとお金の管理は楽しさえも感じるかもしれません。

最新ニュース

おすすめ大学ニュース

留学生インタビュー①

ウーロンゴン大学で経済学を勉強している学生にインタビューをしました。

留学生インタビュー②

ウーロンゴン大学の大学院でプロジェクトマネジメントを勉強している学生にインタビューをしました。

お問い合わせボタン