世界と戦う為に。オーストラリアへの留学・進学なら

無料ご相談・お見積り

ページを選択

オーストラリアの海外留学保険

オーストラリア oshc

オーストラリへ学生ビザで留学に行く学生とその家族は、必ずOSHC(Overseas Student Health Cover)と呼ばれる外国人学生医療保険に加入することが義務となっています。この保険がないと学生ビザ申請自体が出来なくなってしまいます。

海外留学保険のメリット

医療保険を加入したとてしも、かかった費用の100%を返金として受けることはできません。私立病院で診療を受けたときは通常85%程度の支援を受けることができると思います。しかし、公立の病院では、診療費の全額が無料となり、最大35日までの入院費を受けることができます。ただし、歯科、眼科、薬は基本的にカバーされないことが多いですが、状況に応じて異なりますので、事前に医師、また保険会社に連絡することをお勧め致します。

海外留学保険治療費請求方法

留学生の場合、診療費を請求する方法は、大きく二つに分けることができます。最初は、まず個人で支払いをし、領収書や請求書を保険会社の窓口に持っていくと、現金や小切手にて払い戻してくれます。 2つ目の方法は、支払っていない請求書を保険会社に提出すれば、そこから医師に支払う小切手を発行して、病院に直接送ってくれたりもします。しかし、ほとんどの場合、1番目の方法を使用されています。注意することは診療後、必ず領収書を保管しておかなければいけないということです。領収書が無くなってしまっては払い戻しも難しくなります。

海外留学保険の費用

OSHCはそこまで高額な保険ではなく、総合的な医療保険として使用できることがメリットです。オーストラリアでの滞在期間中に必要になるかもしれない医療費や入院費をサポートしており、ほとんどの処方薬と緊急時の救急車の費用などについても使用できますので安心です。保険の価格は、個人(Single)、家族(Family)によっても変わってきますが、一人で1年間のOSHCに加入しますと大体A$400~600程度になると思います。

海外留学保険の主な会社

オーストラリア保険会社

メディバンク(Medibank):(http://www.medibank.com.au) 国内最大の民間医療保険会社であり、留学生のためにOSHCも提供しています。 OSHC world care(www.oshcworldcare.com.au) オーストラリアの教育機関の60%程度が利用している海外留学生の医療保険です。世界最大の旅行保険会社の一つでもあります。保険がカバーする範囲につきましては先に紹介したメディバンクと大きな違いはありません。

オーストラリアに学生ビザで滞在する場合、OSHC(Overseas Student Health Cover-海外留学生健康保険) に入る事が義務付けられています。OSHCにはシングルとファミリーがあり、自分一人で留学する場合はシングルでの加入になります。オーストラリアでの留学中には病気や事故によるリスクが常にありますし、またオーストラリアの医療費は日本ほど安価ではない為、学生ビザ以外の方々にもOSHCへの加入をお勧めをしています。 OSHCの適用範囲 各保険会社によって微妙に差はありますがカバー範囲は基本的に、病院内(一般開業医)での治療の場合100%がOSHCでカバーされます。ただし病院以外(専門医)での場所の場合医療費の85%までとなります。また、処方箋につきましては、1処方箋につき最大$50、シングルの場合は年間最大$300、ファミリーの場合は年間最大$600までとなります。 *内容は保険会社によって随時変更がある為、上記はあくまで目安となります。

OSHCの適用対象外

OSHCによってすべての保険費用が対象になるわけではありませんので、あらかじめ適用対象外のものも知っておくことも重要です。歯科医療はOSHCで一切カバーされない為、渡航前に歯の治療は済ませておきましょう。また医療上必要であるとみなされない人間ドッグや美容外科手術、メガネやコンタクト、渡豪前から行っていた治療等があります。

OSHCの加入期間

OSHCの加入期間は、通学期間だけでなく、学生ビザの発給予定の期間分加入が必要です。

お問い合わせボタン