世界と戦う為に。オーストラリアへの留学

無料ご相談・お見積り

ページを選択

休学留学のメリットとデメリット

オーストラリア 休学留学

ここでは休学留学と、その休学留学の中でも大学から単位をもらいながら留学出来る単位認定留学のメリットとデメリットをご紹介します。

オーストラリア休学留学(単位認定留学でない)のメリット

  • ・大学の成績に問わず留学できる。
  • ・自分の目的に沿った豊富な留学プランから選ぶことができる。
  • ・協定校や姉妹校に限らず自由に学校を選ぶことができる。
  • ・期間を定めて大学を休学して海外に留学するので勉強内容に制約がない。
  • ・インターンシップを経験することができる。

なんといっても休学最中に、日本の大学に籍を置きながらさまざまな留学スタイルから選択することができるのは休学留学の強みです。

オーストラリア休学留学(単位認定留学でない)のデメリット

また単位認定留学と違い、休学扱いとなるためその分の単位を取得するために卒業が遅れてしまうことがデメリットの一つです。

オーストラリア休学留学(単位認定留学)のメリット

  • ・認定留学で取得した単位を認めてもらえれば留学先の大学在学を含めた4年間で大学を卒業できる。
  • ・学費免除や奨学金が出るケースがあります。
  • ・留学先の大学で取得した単位を日本の大学に移行できる。
  • ・専門分野に特化した実践的な英語を学びながら集中的に取り組むことができる。

将来的に留学をしたい人や単位を取得しながら日本で大学を卒業したい方におすすめの留学プログラムです。

オーストラリア休学留学(単位認定留学)のデメリット

単位認定留学をする場合、全ての手続きを大学側が行ってくれるわけではありません。最近では留学エージェントを仲介するのが主流になってきました。というのも全て個人の責任で留学をする必要があるため、自分の目標を明確にした留学プランを組まなければリスクを伴います。

休学留学や認定留学が伴うリスクを回避するためにも、海外留学のプロである留学エージェントに留学の方向性を話し合い、最適な休学留学プログラムを提示してもらう事ををお勧めします。また、奨学金制度もありますが、全ての学生が対象であるわけではなく、原則費用は自己負担であり、大学側が費用を免除してくれることはありません。つまり経済的な負担がかかるのもデメリットの一つに挙げられます。

また、休学留学中も日本の大学に在籍していることになるので、在籍費を支払わなければならないケースがあり、近年はかなり各大学在籍費が安くなりましたが事前に大学側に確認するようにしましょう。

双方(休学留学、単位認定留学)の強みは海外留学を通して得られるグローバルな視野を育むことです。大学を卒業した後の就活の武器にもなり大きなプラスになると言えます。オーストラリアのような多種多様なマルチカルチャーな国で生活して得られる柔軟性はさまざまな場面で生かされます。

おすすめ大学コンテンツ

最新ホットニュース

留学生インタビュー①

ウーロンゴン大学で経済学を勉強している学生にインタビューをしました。

留学生インタビュー②

ウーロンゴン大学の大学院でプロジェクトマネジメントを勉強している学生にインタビューをしました。

お問い合わせボタン