世界と戦う為に。オーストラリアへの留学・進学なら

無料ご相談・お見積り

ページを選択

意外と多くの方が、そのインパクトを実感していないのがこの「ポストスタディワークビザ」制度です。

この制度は、一定条件はありますがオーストラリア留学後に2年間(ないし4年)フルタイムで就労できるビザを取得できるもので、学生ビザ中の就労とあわせますと実に4-5年の就労機会があることになります。一般技術移住ビザと異なり、2年後以降は自力での永住ビザ取得には(専攻次第ですが基本的には)繋がらないものの、弊社にもよくお問い合わせをいただきますが、企業スポンサーによる「就労ビザ」のチャンスはかなり大きく広がる事になります。

興味のある方にはよく話をしますが、就労ビザスポンサーによる就職を目指す際において、一番大事なのは「働ける状態で出来るだけ長くいること」、二番目が「出来る だけ自身の英語力や学位、資格を高める事」なのですが、この制度を利用すればこれまでよりも遥かに効率よく、この2点を満たすことが出来ます。オーストラリア就職に際し「自分の仕事ぶりを見て欲しい」とお考えの方にはこれ以上の制度は無いでしょう。

一方雇用主側も、一般技術独立永住ビザの厳格化に伴い、優良人材確保の為に少しずつですが就労ビザスポンサーを検討し始めており、企業によっては人事戦略の中に、ビザ制度を以前よりも真剣に組み込んでいるところも出始めました。就労ビザスポンサーを行う際のネックは使用期間の確保でした。採用においてはただでさえ、能力は勿論、相性の面から考えても働いてみないとわからない部分がどうしても付きまといますが、就労ビザをスポンサーすると言う場合はより慎重 になります。今までの学生ビザからビザスポンサーという流れでは、一定期間は働く事はできましたが、週20時間に限られていたことで躊躇する企業も多少はありました。しかしこのビザ制度のおかげで、思い切った試用期間を組めることになり、就労ビザスポンサーも検討しやすくなったと言えます。

海外就職をしたいと言う場合、一番最初の、そして大きなハードルはビザです。少なくとも都合4-5年にわたる長期の就労許可を得られることは、今後オーストラリア就職への大きな足がかりになるでしょう。闇雲にどんな留学でも良いと言うわけではありませんが、「学び」と「仕事」を直結させてくれるオーストラリアならではの制度です。

お問い合わせボタン