オーストラリア語学留学!社会人がするメリットやおすすめの学校

目次

オーストラリアの語学留学

留学や移民が盛んなオーストラリアでは、外国人向けの様々な語学学校があります。

シドニーやメルボルンといった大都会だけでなく、ブリスベンやゴールドコースト、ケアンズなどでも多くの語学学校があるので、行きたい都市から学校を選べるのが魅力です。

さらに学校のコース内容も多岐に渡り、以下のようなものがあります。コースによって必要とされる英語力が異なるので注意が必要です。

・一般英語コース
一般的・総合的な英会話を学ぶコース。初心者から上級まで幅広いレベルの人が入れる。

・アカデミック(進学)英語コース
専門学校や大学などに進学するためのコース。英語力以外にもレポートの作り方、プレゼンやディスカッションの仕方なども学べる。中級〜上級者向け。

・ビジネス英語コース
社内で使う英語に集中して習得できるコース。英語での電話対応やメールの書き方など実践的な内容を学べる。中級〜上級者向け。

・英語試験対策英語コース
IELTSやTOEFLなどの英語試験の対策ができるコース。

・英語+αコース
基本的な英語力に加えて、バリスタやサーフィン、ヨガなど習い事が+αでできるコース。

語学留学のコースを終了した後はよりレベルの高い英語コースに入学したり、専門学校や大学に進学するなどの選択肢もあります。

オーストラリアで社会人が語学留学するメリット

短期間でも語学留学できる

社会人の場合、会社の長期休暇や有給休暇を利用して1ヶ月以下での留学をしたいという場合もあるでしょう。

オーストラリアの語学学校は最短で1週間のプログラムもあり、入学日も毎週あるので好きな時に好きな期間で留学することが出来ます。

海外での就業経験が積める

オーストラリアでは学生ビザを取得して留学する場合、アルバイトをすることが許可されています。(制限あり)

語学留学をしながら現地での就業経験が積めるので、英語を学ぶ以上の経験ができるのがメリットです。

さらにオーストラリアは時給が高く、留学費用の足しにできるのも魅力です。

オーストラリアの語学留学で必要なビザ

オーストラリアで語学留学できるビザには3種類あります。

学生ビザ

ビザ名学生ビザ
サブクラス500
有効期限コースの期間+1-2ヶ月
就学期間コース期間
申請場所豪国内、国外
申請料金$710
就労制限48時間/2週間まで

コース期間が3ヶ月以上の場合は学生ビザを取得する必要があります。学生ビザでは就労が認められており、2週間で48時間以内であれば働くことが出来ます。

学生ビザは手続きに時間がかかるため、余裕を持って書類を準備するようにしましょう。

ワーキングホリデービザ

ビザ名ワーキングホリデービザ
サブクラス417
就学期間17週間(4ヶ月)まで
有効期限入国日から1年間
申請場所豪国外
申請料金$635
就労制限同一雇用主のもと6ヶ月まで

ワーキングホリデービザは通称ワーホリビザと呼ばれており、オーストラリアで自由に観光、就学、就労ができるという自由度の高いビザです。

18〜30歳という条件を満たせば比較的簡単に申請することができるので、学生ビザよりも取得の難易度が低いのが特徴です。

しかし就学期間は17週間までと定められているので、ワーホリビザで選べるコースは主に語学学校の短期コースとなります。

観光ビザ

ビザ名観光ビザ(ETA)
サブクラス601
就学期間3ヶ月まで
有効期限3ヶ月まで
申請場所豪国外
申請料金$20
就労不可

観光ビザはその名の通り観光するためのビザですが、3ヶ月までのコースなら通うことができます。

とにかく短期間で英語を学びたいという方や、長期留学の下見として利用される方も多いです。

観光ビザの申請は学生ビザやワーキングホリデービザよりも簡単で、専用アプリをダウンロードし、必要な書類をアップロードするだけです。

申請料金も$20と安いので、気軽に短期留学したいという方はこのビザがおすすめです。

オーストラリアのおすすめの語学学校

英語教育の質を重視する方向け

立地の良い学校に通いたい方向け

柔軟な時間割で学びたい方向け

学費が安いコースで学びたい方向け

【無料】オーストラリア留学ならKOKOSへ

KOKOSではオーストラリア国内のほぼ全ての語学学校、カレッジ、TAFE、大学、大学院をご紹介可能です。

留学相談から入学手続き、ビザ申請、現地サポートまで、日本人の現地スタッフが丁寧にお手伝いします。

さらに正規の留学エージェントなので、サポート費用は無料です。お気軽にラインまたはメールでお問い合わせください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次