世界と戦う為に。オーストラリアへの留学・進学なら

無料ご相談・お見積り

ページを選択

オーストラリア人気職業トップ10ランキング

オーストラリアには色々と仕事はありますが、やはりビザの関係で留学生が行える仕事は限りが出てしまいます。その中でも多くの方が行っている仕事を以下でご紹介します。自分がどのような仕事につきたいか、そのためにはどのような能力が必要なのかを予め知っておくことは必要です。

オーストラリアではやはり英語が出来ることで出来る仕事の範囲も変わってきます。そのため、まずはしっかりした英語力を身につけることが身になる仕事をゲットするための第一歩になると言っても過言ではありません。

また当社では、当社から学校にお申込みいただいた方の中で、希望者にローカルジョブサポートを行っております。詳しくはこちらをご確認ください。

1位 販売アシスタント

オーストラリア就職販売アシスタント

この仕事は、店内の顧客を助けたり、在庫確認やクリーニングを行う仕事が重になってきます。同僚や顧客との交流が非常に多いので、英語を学ぶのに最適です。

販売アシスタントメリット

フレキシブルな労働条件、英語を練習する時間が多く、通常は午後5時30分に終了する仕事も多いです。

販売アシスタントデメリット

低い給料率や歩合制

2位 事務アシスタント

オーストラリア事務アシスタント

オフィスにて事務的作業を手伝うお仕事です。上司のコーヒーを作ること、電子メールを書くこと、電話対応、上司のカレンダーを管理すること(秘書的業務)、コピーを取ることなどが仕事内容に入ってきます。単純な繰り返し作業を行うことも多いので初心者でも入っていきやすいポジションもあります。

事務アシスタントメリット

比較的簡単な仕事、良い勤務時間(午前9時〜午後5時)、良い賃金率(特にローカルの職場)

事務アシスタントデメリット

かなり退屈で単調な可能性もあり、他者とのやりとりはあまりありません。

3位 ウェイター

オーストラリア就職ウェイター

典型的な学生の仕事であるウェイター/ウェイトレスは、お客様を満足させるためにレストランで働きます。食事の注文をとったり、お客様の所に持って行ったり、関の予約を取ったり、掃除等が主な業務になってきます。一部のレストランでは顧客サービスを非常に重視しているので、そのような職場はトレーニングも多く、ホスピタリティの精神が無いと苦痛になってくる可能性もあります。

ウェイターメリット

妥当な賃金率、顧客対応で英語を練習する時間がたくさんあります。基本的に忙しく、退屈はしないかもしれません。

ウェイターデメリット

長時間労働を強いられる可能性。レストランに寄っては低い賃金。酔っ払いや礼儀の無い顧客の対応も多々あります。

4位 キッチンハンド

オーストラリア就職キッチンハンド

身体的に厳しい仕事の1つかもしれません。レストランのキッチンで洗い物や簡単に料理を準備します。キッチン内の雑用をすることも多いですので業務はレストランによって様々です。

キッチンハンドメリット

料理の勉強が可能。

 キッチンハンドデメリット

会話があまりない可能性。低賃金、忙しい

5位 バーテンダー

オーストラリア仕事バーテンダー

カクテル作りが主な仕事で、見知らぬ人と話すことを楽しむ事が出来る人には向いている仕事です。この仕事は酔っている人には寛容で、顧客を喜ばせる精神を持っていることが非常に大切です。英語の練習にはとてもなりますし、技術があればお酒大国のオーストラリアでは仕事先も多いかもしれません。ただ、結構高い英語力は必要ですね。

バーテンダーメリット

高い賃金、楽しい雰囲気、英語を練習するのに最適な方法。

バーテンダーデメリット

長時間、酔っている人に対処しなければならない、夜遅い仕事。

6位 コールセンターのスタッフ

英語の練習には確実になる仕事ですし、これほど話す仕事も他にはなかなかありません。そのため、高い英語力を求めてくる企業も多々あります。仕事内容は何かを売ったり、顧客の不満を聞いたり、電話を通しての顧客対応です。多くの留学生がこの仕事を楽しんでいます。英語力に自信のある人は是非挑戦してみましょう!

コールセンターのスタッフメリット

高い給与、柔軟な労働条件、しばしば楽しい仕事の雰囲気、英語の良い練習。

コールセンターのスタッフデメリット

1日に何百回も同じ会話があったり、顧客からのクレーム対応もあるので精神的に追い込まれる可能性もある。

7位 カスタマーサービスオフィサー

オーストラリア仕事カスタマーサービス

この仕事は、コールセンターの業務にも似ていますが、主にある商品やサービスに対しの手顧客の苦情、要望、仕様、問題などを扱うことです。この仕事をうまく行うことにより、企業の顧客の絆をより強くし、サービス向上に繋がることにもなりますのでとてもやり甲斐もある仕事です。

簡単な仕事ではありませんが、報酬はかなりいいので英語力や営業力に自信がある方にはおすすめです。長所: 組織内のより良い仕事、妥当な給料を探しているならば、始めるのが良い場所です。

カスタマーサービスオフィサーメリット

高い時給、やりがい、英語での交渉力強化

カスタマーサービスオフィサーデメリット

ストレス

8位 クリーナー

オーストラリア就職クリーナー

大変な仕事の一つですが、給与は比較的高いです。肉体労働もありますし、夜間のシフトも多いので気合を入れて行う必要がある仕事ですね。オフィスやバーとの清掃を閉店後に行い、場所は色々と変わったりもします。洗車を行う職場もありますが、こちらの方が比較的楽な仕事になるかもしれません。

クリーナーメリット

それほど複雑ではなく、多くのコミュニケーションが必要ではありません(英語がうまく話せない場合)。比較的給与も高いです。

クリーナーデメリット

肉体労働、夜間のシフト、単純作業の繰り返し。

9位 レセプショニスト(受付)

オーナーに仕事受付

来客の対応や案内役です。その他、場合によっては事務的や業務や秘書的業務を行うこともあります。ウォークインゲストとの会社の最初のやりとりですので、非常にプロフェッショナルな対応を要求されます。女性に人気があり、服装や言葉遣いもしっかりしないといけません。

レセプショニストメリット

高い賃金、労働時間(午前9時〜午後5時)、会社の人々との交流がたくさんあります。

レセプショニストデメリット

日常的な作業は退屈な場合もあります。業務内容によっては多忙です。

10位 営業担当

オーストラリア mba

物やサービスを売る最前線のポジションです。話せる能力が必要ですし、先を読む能力も要求されます。英語での対応となりますと、多少流暢な英語力を求められることも多いです。商品内容もしっかり理解し、積極的な顧客対応が必要なのでやりがい満点です。

営業担当メリット

売上げを締め切ることができれば、高い給与を得ることができます。人々との交流によって、英語を学ぶ良い方法になります。

営業担当デメリット

成績が出ないと給与は低く、更に雇用主からも責められる可能性もあります。

就職・仕事サポート

最新ホットニュース

おすすめ大学コンテンツ

留学生インタビュー①

ウーロンゴン大学で経済学を勉強している学生にインタビューをしました。

留学生インタビュー②

ウーロンゴン大学の大学院でプロジェクトマネジメントを勉強している学生にインタビューをしました。

さまざまな形の豪州挑戦をサポート

 

英語とスキルと就職を同時に。

手に職+英語は最強のオプション!
現地就職のチャンスも圧倒的に広がります。

豪州の大学で学び、世界と戦う。

世界と戦う覚悟があるなら今しかない!
当社の様々なサポート体制で全力でサポートします。

キャリアチェンジするなら今です。

一生もののスキルを豪州で身につけましょう!
技能スキル留学は本当にオススメです。

まずは、とにかく英語を極める。

英語が出来ないと何も始まらない!
初めの一歩をオーストラリアで踏み出してみませんか?

オーストラリア大学.comの特徴

  • オーストラリアの大学や各州の教育省に認められた正式な留学指定窓口だから安心
  • 全ての大学を公平に判断、あなたのキャリアパスにあった「この一校」を選定
  • 複数同時出願も可能
  • アドバイスや手配費は無料(大学によっては出願申請費がかかることをご了承ください)
  • 正規留学相談だけを扱ってきた経験豊富なカウンセラー陣
  • 大好評!気になる卒業後の進路の無料相談

無料留学カウンセリング

海外留学に興味はあるけどどんな留学をしたいのかまだ決まらない方から、やりたい仕事や取りたい資格など目的や目標に向けた具体的なプランまで、お気軽にご相談いただけます。

お問い合わせボタン