世界と戦う為に。オーストラリアへの留学・進学なら

無料ご相談・お見積り

ページを選択

オーストラリアで調理師を目指す為の方法と学校

オーストラリア 調理師 学校

厳密に言いますと、オーストラリアでは調理師の資格がなくてもキッチンに立つことは可能です。そのため、日本で調理師学校を卒業されていれば、そのままこちらで働く事も全然可能です。調理師免許を持っていない人でも、アルバイトでずっと料理をしてきた人はそのままシェフとして働いているケースも少なくありません。

調理師資格が必要?

ただ、こちらのどのレストランでも認められるためには、やはり調理師資格は持っておくことにこしたことはありませんし、何と言ってもビザを取得するためには規定以上の資格が必要になってくるので、調理師免許は必要になって参ります。

オーストラリアで調理師の資格とされているのが、Certificate 3という学位になります。学校よってはCertificate 4というコースを提供をしている学校がありますが、最低Certificate 3さえ持っていれば資格として認めてもらえます。

ただ、取得を目指すビザの種類によってはこのCertificate 4以上の学位を求められることになります。ビザの要件等もありますので多くの学生がこのCetificate3 からCertificate 4、そしてDiplomaという学位まで終了しています。Diplomaは技術的に面よりはマネージメント関係まで学ぶことになりますので知識の範囲が広がり、レストラン側からの印象も良いものになってきます。

基本的にこのCerificate 3を取得するのに1年間~1.5年掛かる事が多く、Certificate 4とDiplomaまで合わせて取得をされてますと合計2-2.5年ほどで取得が可能です。実務の殆どがCertificateで勉強し、Diplomaはどちらかというとレストラン等のマネージメント関係の分野を集中して勉強します。

調理師免許資格まとめ

  • Certificate 3=最低限の調理師免許:必要勉強期間:1年から1.5年
  • Certificate 4=ビザによってはこの資格が必要  必要勉強期間Certificate: 3+半年
  • Diploma=スキル以外のマネージメント分野まで学ぶので持っている就職にも有利
    必要勉強期間:半年

また、学校によっては、Certificate 3のコース中に、有給インターンシップといって実際にレストランで働きながらお金を稼ぐことができるプログラムを含んでいるコースを提供してい学校もあります。

調理師というのは何と言っても「実践力が命!」ですので、出来るだけ実践経験を積むことが出来る学校を選ぶことが一つのポイントになってくるでしょう! その中でも特に評判の高い料理の学校をご紹介したいと思います。

調理師としてオーストラリアの永住ビザを目指すまでの道のり

調理師-学校-オーストラリア1

日本にて全く経験がない方

  1. 英語力強化(IELTS5.5程度目指す)
  2. 調理師学校にて調理師免許を取得(期間:1年から2年)
  3. 学校期間中に出来るだけ多くの就労経験を積む
  4. 学校卒業時に卒業生ビザ(Subclass 485)を取得
  5. 卒業生ビザ期間中に指定地方にて就職先を模索

学校で勉強する内容

コアユニット

  • 環境に配慮した職場づくりに参加する
  • 効果的に他者と協力する
  • 食品調理器具を使用する
  • 基本的な調理方法を使って料理を準備する
  • アペタイザーとサラダを用意する
  • 株式、ソース、スープを準備する
  • 野菜、果物、卵、果皮の料理を準備する
  • 家禽料理を準備する
  • シーフード料理を作る
  • 肉料理を準備する
  • 特別な食事の要件を満たすために食事を準備する
  • ケーキ、ペストリー、パンを作る
  • 効果的に料理人として働く
  • きれいなキッチンの前提と設備
  • 基本メニューの計画とコスト
  • デザートを作る
  • 食品安全のために衛生的な慣行を使用する
  • 安全な食品取り扱いの実践に参加する
  • 仕事のスキルの他のコーチ
  • 生鮮食品の品質を維持する
  • 安全な職場での練習に参加する

追加ユニット

  • 職場でのコミュニケーション
  • 基本的な職場計算を行う
  • アジア料理の基本的な方法を使って料理を準備する
  • アジアの食欲とスナックを準備する
  • アジアの株式とスープを準備する
  • アジアのソース、ディップ、伴奏を準備する
  • アジアのサラダを準備する
  • アジアの米と麺を準備する
  • カレーペーストと粉剤を準備する
  • アジア料理の料理を準備する
  • アジアのデザートを準備する
  • 日本の調理された料理を準備する
  • 刺身を準備する
  • 寿司の準備
  • 日本のデザートを作る
  • dim sumを準備する
  • 中国のロースト肉と家禽料理を準備する
  • タンジュリ料理を準備する
  • インドのパンを準備する
  • インドの甘い菓子を準備する
  • インドのピクルスとチャツネを準備する
  • 顧客にサービスを提供する
  • 個別計画に沿った食事やメニューの監視と修正を支援
  • サンドイッチの準備と提示
  • 準備された食糧を包装する
  • クック・チルとクック・フリーズ・プロダクトを作る
  • 冷凍・冷凍食品の再加熱
  • ビュッフェのための食糧を生産して提供する
  • ペッツとテリーヌを生産する
  • チーズの取り扱いと提供
  • 特殊食品の準備
  • ソースと現在の情報
  • 社会的、文化的感性を示す
  • スプレッドシートの作成と使用
  • データベースの作成と使用
  • ビジネス文書の設計と生成
  • 応急処置を提供する
  • 食品の輸送と保管
  • 在庫を受け取って保管する
  • 商品を購入する
  • 危険の特定、安全リスクの評価と管理
  • ホスピタリティ業界の情報源と利用方法

オーストラリア 調理師 専門学校 / TAFE 一覧

都市や学費、英語力などによりお勧めの学校も変わってきますので、無料ですので是非一度お問い合わせくださいませ。

William Blue College of Hospitality Management - ウィリアム・ブルー・カレッジ・オブ・ホスピタリティ・マネジメント
TAFE NSW - テイフ ニューサウスウェールズ
Le Cordon Blew - ル・コルドン・ブルー
Evolution Hospitality Institute - エボリューション・ホスピタリティ・インスティチュート
Holmes Institute - ホルムズインスティチュート
Quality Training & Hospitality College(QTHC) - クオリティトレーニングアンドホスピタリティカレッジ

就職・仕事サポート

最新ホットニュース

おすすめ大学コンテンツ

留学生インタビュー①

ウーロンゴン大学で経済学を勉強している学生にインタビューをしました。

留学生インタビュー②

ウーロンゴン大学の大学院でプロジェクトマネジメントを勉強している学生にインタビューをしました。

さまざまな形の豪州挑戦をサポート

 

英語とスキルと就職を同時に。

手に職+英語は最強のオプション!
現地就職のチャンスも圧倒的に広がります。

豪州の大学で学び、世界と戦う。

世界と戦う覚悟があるなら今しかない!
当社の様々なサポート体制で全力でサポートします。

キャリアチェンジするなら今です。

一生もののスキルを豪州で身につけましょう!
技能スキル留学は本当にオススメです。

まずは、とにかく英語を極める。

英語が出来ないと何も始まらない!
初めの一歩をオーストラリアで踏み出してみませんか?

オーストラリア大学.comの特徴

  • オーストラリアの大学や各州の教育省に認められた正式な留学指定窓口だから安心
  • 全ての大学を公平に判断、あなたのキャリアパスにあった「この一校」を選定
  • 複数同時出願も可能
  • アドバイスや手配費は無料(大学によっては出願申請費がかかることをご了承ください)
  • 正規留学相談だけを扱ってきた経験豊富なカウンセラー陣
  • 大好評!気になる卒業後の進路の無料相談

無料留学カウンセリング

海外留学に興味はあるけどどんな留学をしたいのかまだ決まらない方から、やりたい仕事や取りたい資格など目的や目標に向けた具体的なプランまで、お気軽にご相談いただけます。

お問い合わせボタン