世界と戦う為に。オーストラリアへの留学・進学なら

無料ご相談・お見積り

ページを選択

オーストラリア留学の意味ってなんでしょう。
人それぞれですが、例えば私は大学院でマーケティング、ITビジネス、技術経営などを勉強しました。
もちろんそれは非常に役に立っているのですが、単なる知識だけなら、日本で本を読み漁っても得られます。

それでも留学したことは大きな財産になりました。
・英語力
たかが英語されど英語。
入学前はIELTS7.0、卒業時は7.5、と0.5しか変わっていませんが内容は雲泥の差。
少なくとも「使える」英語力を身につけることが出来ました。
英語「を」勉強しているうちはまだまだ。
英語「で」勉強したことで仕事でも使えるレベルにはなったのではないかと思います。
いまは、、、さびついてますが。

・時間の使い方
大学院では限られた時間の中で最適の解を見つける必要、レポートを提出する必要、グループ目バーと時間調整する必要がありました。
残業すれば何とかなる日本の仕事とはまったく違う制約がありました。
時間を有効に使えるというのは、1日を30時間に(物理的にではなく実質という意味で)できるということで、これ以上無い財産だと言えるでしょう

・仕事経験
オーストラリアが学生ビザでも働けます。単なるアルバイトとかもやりましたが、オーストラリアの会社でも雑用+α程度ですが働けましたし、日系の会社では戦力にもなりました。

ビザが取れなければ日本に帰国する予定で人材登録などもしていましたが、学生ビザ中とはいえ海外で働いた経験と言うのは思っていたよりも評価されたように思います。

・ビザ
オーストラリアで働けた結果、永住ビザも得られました。
月並みですが、生活大国オーストラリアの永住ビザはやっぱりいいものですね~
国をえ選べる選択肢をもてたこともやっぱり財産です。

もちろん、別の人にはまた別のメリットもあるでしょう。

資格を得られたとか、学位を得られた、友人を得られた、、、など様々な財産を築くことができます。
チャンスはたくさん転がっている留学生活ですが活かすも殺すも自分次第!
単なる学校案内だけではなくそのような将来を見据えたアドバイスを心がけています。

お問い合わせボタン