世界と戦う為に。オーストラリアへの留学・進学なら

無料ご相談・お見積り

ページを選択

英語について

オーストラリアで大学、大学院を考えている人の中でも、現在の英語力は様々だと思います。ここでは英語についてのお話をまとめました。

○日本での英語学習
馬鹿にしてはならないのは受験英語。単語と文法。大学留学に限らず、留学の為の準備として日本で英語学習をする際、つい会話などに注意が行きがちですが、単語や文法をしっかりやることがお勧めです。これらはつまり基礎、基本。スポーツでも、基本動作や基礎体力がついてはじめて応用が利くように、英語学習も同じ。単語は体力、文法は基本動作と定義できるでしょう。そして受験英語は役に立たない、とされてる日本の英語の参考書でも十分に役に立ちます。基礎がしっかりしていれば、留学後に会話力やライティングなどが伸びるのも早いものです。文法は、中3までの文法事項でも十分通用しますので、100%に近いくらいはおさえておきましょう。

○オージー英語
オージーアクセント、オーストラリア訛り・・・さすがにここしばらくはあまり話題にもなりませんが、未だそういうことを言う人も稀にいます。オーストラリア訛り・・・そうなれるものならなってみたいものです。なんせ我々は世界で一番かっこ悪いと言われるジャパニーズ訛りなのだから・・・
それはいいとして、英語にある程度精通している人なら、日本人にとってオーストラリア英語が決して聞き取りにくくないこと、世界標準に近いことは知っていると思います。アメリカ英語と比べると、母音の発音も(日本人にとって)素直、ローマ字読みでもなんとかなります(あくまでアメリカと比べると)。そして何より本家イギリス英語には最も近いです。そのイギリスの中でも、アイルランドやスコットランドに行くとまったく別物。その点オーストラリアは広いにもかかわらずどこに行ってもほぼ同じ言葉ですから、そういう意味で、英語の面でも留学しやすい国と言えます。

○発音とイントネーション
とはいえ、、、発音はしっかり。完璧にはならなくても、ある程度は注意しましょう。もっとも、オーストラリア人は外国人のいろいろなアクセントに慣れているので、理解しようとはしてくれます・・・しれくれますが、それに甘えることなく努力はしましょう。発音以上に注意したいのがイントネーション、抑揚です。某日本の国内線の英語アナウンス、非常にわかりにくいと感じたことがありませんか?発音は悪くないが、聞きづらいです。これはイントネーションの問題なんですね。イントネーションのほうがむしろ発音よりも大事かもしれません。ワンポイントアドバイスは・・・かっこつけてしゃべる・・・?かな。いや、でもこれもまんざら冗談でもなく、照れずに、英語っぽくしゃべってみるだけでも、イントネーションはよくなるでしょう。

au_info_2_8

○趣味を活かそう、趣味を作ろう
大学や大学院、専門学校留学に限らず、語学学校やワーキングホリデーにも言えることですが、ご自身の趣味も英語学習に十分活かせます。会話はもちろん、ReadingやWritingにしてもそうです。会話は2人以上いないと成り立たない為、当然友達が必要。その際に共通の趣味があれば盛り上がるのは間違ありません。音楽やスポーツには国境はないですし、映画でもアニメでも構いません。日本だと、アニメおたく、なんて言われるかもしれませんが、アニメやまんがは日本が世界に誇るコンテンツ。ジブリアニメはもちろんですが、ドラゴンボール、ドラえもん、キャプテン翼にスラムダンク、ガンダム、ポケモン、ワンピース、、、国にもよるが意外なアニメが意外な国で流行っていたりします。スポーツも大変盛んな国で、ラグビーやテニス、クリケットはもちろん、バレーボール、野球、サッカー、バスケット、、、ほとんどのスポーツにおいてどこかしこにクラブやチームが存在し、毎週リーグ戦を行ったりしています。柔道、空手、水泳などの個人スポーツもサークルが存在していますし、サーフィンならビーチにボード持って出かければ、もう国境はなくなりますね。レベルも様々で、上手でも下手でも楽しめる仕組みになっていますから、昔やっていたスポーツをオーストラリアで再チャレンジする、これから新しく始める、いずれも取り組みやすい環境です。スポーツ自体の楽しさももちろんですが、試合後のビールで交流し、英語に触れるきっかけもまた増えます。将棋のルールがわかるなら、チェスにチャレンジしてもいいでしょう。スポーツの場合競技中はさほど会話はないのですが(掛け声はたくさん!)、チェスのようなゲームならしゃべりながら楽しめます。もっともしゃべりすぎてもうっとおしがられるかもしれませんが・・・

Readingにおいても、よく新聞を読めといいますが、確かに新聞の英文はきれいで勉強にります、が、日本で新聞をあまり読まない人が新聞を読むか・・・いずれは読みたいところですが、まず手始めには趣味の本、雑誌から読み始めてみては?自分の知っていることを改めて英文で読むことで、英文に慣れることも出来ますし、勉強の延長ではなく、趣味の延長と言うことで脳も活性化しやすくなります。このことは日本にいるうちにでも是非試してほしいことです。

UAdelaide_i au_pro_11_2

 

 

○英語の特異性
聞いたことがある方もいるでしょう。英語と言うのは世界で唯一、Native Speakerの数がNon Native Speakerの数を下回る言語です。日常の会話も、Non Native同士で行われることも多々あります。つまり実際の英語の現場では、Non Nativeの英語こそ世界基準であるとさえいえなくもありません。ちょっと強引ですか。しかしながら実際オーストラリアでもそのようなことが研究されていますし、Non Native同士の会話で通じることもNative Speakerは???だったり・・・これを言い出せば、文法も発音もイントネーションも、場合によっては単語さえも何でもありか?・・・ということにはならないにしても、言うなれば我々Non Native English Speakerは、あくまで標準英語においてNon Nativeということであり、Global Englishの世界においてはNative Speakerであるともいえます。多少(標準英語的に)変な英語でもいいじゃないですか。堂々と話し、堂々と書きましょう。と同時にいろいろな英語があることも知りましょう。

オーストラリア留学はそんな英語に触れる機会も増やしてくれます。

 

お問い合わせボタン