世界と戦う為に。オーストラリアへの留学

無料ご相談・お見積り

ページを選択

ワーホリや留学生の王道、ジャパレスで働くということ

ジャパニーズレストラン、略して、ジャパレスでのお仕事は、留学生、ワーキングホリデーの人がオーストラリアに着いて、お仕事に選ぶ率NO.1 といえるのではないでしょうか。オーストラリアの、特に都市部では、お持ち帰り専用の小さなお店から、ラーメン専門店、また、オーストラリアでも一流と呼ばれるレストランまで様々なジャパレスがあります。特に、シドニーやメルボルンのような大都市の繁華街には、ジャパレスの横にジャパレスがあるというような現象も起こりますが、それでも、ランチタイムやディナータイムには、お客さんで賑わっているんですから、現地の人にとても人気があるといえるでしょう。

ですから、ジャパレスでのウェイトレス、ウェイター、キッチンハンドのお仕事は、山ほどありますし、経験を問わない場合が多いですので、日本からオーストラリアに来て、まったく仕事がなく困るという状況に陥ることは、まずありえません。実際に、ワーキングホリデーや学生ビザで来ている方々で、オーストラリアでの滞在期間中、職業経験がジャパレスのみという方もたくさんいるのは、そういう理由もあると思います。

ですが、レストランで働くと一口にいっても、選ぶレストランによって、大きくその経験に差がでてくるという事実はあまり知られていません。ここでは、その違いを少しお話することで、なるべく皆さんがお持ちのイメージに近い職業体験ができるようなお手伝いができればと思います。

 

レストラン 経験 給料
日本人だけで経営しているジャパレス 日本人を求めているので、一番仕事が得やすいオーストラリアで日本人の友達を増やせるオーダーをとる時、支払い時のみ英語を話せる給料が安い $7-
オーストラリア現地のジャパレスやローカルレストラン ほとんどが英語の会話になる他人種の友達を増やせる英語で話す練習ができる給料が高い $16-

 

比べてみますと、仕事に使う言語はもちろんですが、実は時給がまったく違います。オーストラリアでは、通常働く時の最低時給が決められていて、それはおよそ$16からになっています。ですが、現状では、日本人経営や、アジア系のレストランでは$16ももらえることはほぼなく、そのほとんどが$7ドル程度からの手取りになります。このようなジャパレスは、初めてオーストラリアに来て働き始めるという点ではそれなりに魅力があります。例えば、同じく日本から来ている日本人と友達になれ、英語を使う必要がほとんどない点、そしてなにより、これらのレストランでは求人がありあまるほどありますから、手が出しやすいお仕事となります。対して、オーストラリア現地のローカルレストランとは、簡単に言えば、レストランに入ってみると、日本人やアジア人以外の人もたくさん働いているようなレストランです。オーストラリアでは、日本人やアジア人が経営するジャパレスの数がかなり多いですが、それでも、大都市にはそれ以外の方経営のジャパレスもいくつかみられます。「日本人経営のジャパレスから、ステップアップしようかな。」そう思われた皆さんは、ジャパレスを経験した後なら、現地のローカルのジャパレスだけでなく、カフェのウェイター、ウェイトレス等でもお仕事が見つけやすいと思います。何しろオーストラリアは、“経験が命”の国ですから、1つの職種を極めようとすること、そのために、はじめはいくつかのジャパレスでのウェイターをしてみて、その経験をいかして、次は、よりたくさんのゲストが来るホテルのレストランでウェイターをしたいと言う志望動機は、雇う側としても、きちんとした経験と技術に裏打ちされた向上心のある人と見ることができますから、良い印象がもたれやすいです。

 

 

お問い合わせボタン