世界と戦う為に。オーストラリアへの留学・進学なら

無料ご相談・お見積り

ページを選択

仕事はどうやって見つけるの?

オーストラリアには、日系の企業がいくつかありますので、都市部には、日本の会社から派遣されて、駐在員としていらっしゃる方も見かけます。これら駐在員を目指す皆さんは、ビジネスビザがおりますし、住宅や滞在費等も会社が負担してくれる場合もあると聞きます。ただ、会社が滞在期間を決めますから、「2年滞在と思っていたら1年で帰らなければいけなくなった」とか、また、派遣先の国が会社によって決められる等いくつかの制約があります。大前提として、皆さんの会社の事業が海外に展開されているか、オーストラリアに支社はあるのかということもありますので、総合的に考えると、駐在員としてオーストラリアで働くことは、かなり狭い門となります。ですから、通常は、皆さん、ご自分でお仕事を探すことになります。ここでは、オーストラリアでの仕事の探し方をいくつかご紹介します。

自分の足で探す

レストランやお店等でのサービス業は、日本のように、求人広告がそのお店に張られていることがありますから、興味があれば、それに書かれている連絡先に、連絡し、履歴書を送り、面接があり決定と言う流れになります。また、オーストラリアでは、求人広告が張られていないお店にも、履歴書をとりあえず、持っていってみる、仕事を探していると言ってみる、ということで、意外なんですが、その日から働いてくださいと言われることもあります。特に、働いてみたいなと思うようなお店にはこの方法でチャレンジしてみましょう。

 

現地の新聞、インターネットから探す

永住権保持者は特に有効な方法ですが、有料の新聞には、求人広告の欄が設けられていて、現地の人にもよく活用されますので、チェックすることができます。また、無料の地方紙にも求人欄があります。ただし、両方とも、発行の曜日や、求人広告の出る曜日が、新聞によって決まっていますので、注意が必要です。また、オーストラリア人が使っている求人のためのインターネットサイトもあります。以下にいくつか例をまとめてみました。

 

有料の新聞 無料の地方紙 インターネットサイト
The Australian(オーストラリア全土)The Sydney Morning Herald (シドニー)The Daily Telegraph(ニューサウスウェールズ州))Herald Sun(メルボルン) Inner West Weekly(シドニーのInner West地方紙)Manly Daily(シドニーのManly地方紙) Seekhttp://www.seek.com.au/Mycareer

http://mycareer.com.au/

 

Indeed

http://au.indeed.com/?r=us

 

 

これらの情報媒体から探すお仕事の中には、本当にまれに、ワーキングホリデービザ保持者や長期の学生ビザ保持者でも申し込みが許されているものもありますが、やはり永住権保持者に焦点を当てられているのが現状です。

アルバイトのお仕事がメインで、現地で、ワーキングホリデービザや学生ビザ保持者に、実際に積極的に使われているのは、オーストラリア現地でつくられた日本人用情報誌とインターネットサイトです。そのいくつかを、特色とあわせてご紹介しましょう。

 

日本人用情報媒体 特色
日豪プレス(Nichigo Press) オーストラリア全域で発行されている情報誌。 HP http://nichigopress.jp
ジャムズ (JAMS) オーストラリア全域の情報がのっているウェブサイト。 HP http://jams.tv/
チアーズ (Cheers) シドニーのみで発行されている情報誌。HP http://www.cheers.com.au/
ジェンタ(Jenta) シドニーのみで発行されている情報誌。HP http://www.info-m.com.au/
デンゴンネット(DENGON NET) メルボルンで発行されている情報誌。HP http://www.dengon.com.au/

 

知り合いや友達からの紹介

これは、どのビザにおいてもありえます。たとえば、オーストラリアに来る前に、すでにオーストラリアに住んでいる人と知り合いになるということは、インターネットが発達した今、難しいことではありません。また、オーストラリアについてからでも、出会う人々に求職中であることを話してみてもいいでしょう。すでに、自力でお仕事を探した人も、そこで働きながら、同業者等への転職のアンテナをはることもできますね。

 

現地の派遣会社に登録する

日本でもありますが、オーストラリアでも派遣会社が存在します。特に現地での日系のお仕事=日本人の雇用に強い会社は以下の通りです。

会社名 ウェブサイト
Nihon Brain Centre http://www.nbca.com.au/
Advantage Partnership http://www.advantage-partnership.com/
Staff Solutions Australia http://www.ssaust.com.au/

 

これらの会社を使うときは、登録だけは日本からできることがほとんどですが、基本的に、お仕事の紹介は、現地にきてからとなる場合が多いと思われます。なぜなら、これらの会社とだけでなく、現地企業との面接がいつでもできる状態でなければならないですし、面接にスカイプや電話等が使われる場合もありますが、企業からみると、例え、適正のある人でも、日本にいて、本当にオーストラリアにくるという確証がない人を採用するという危険性は考えると思われるからです。

 

起業する

オーストラリアでは、起業するだけなら、実は、他の国に比べると簡単にできます。起業の方法はいくつかあり、1個人で事業をする起業から、個人同士が共同して行う起業、そして、法人としての起業があります。先に述べたように、起業するだけなら、特に、個人事業(Sole Trader)としての起業は、以下の3点さえあれば申請できます

  • タックスファイルナンバー (Tax File Number – TFN)オーストラリアでお仕事をする人は全員が持たなければならないのが、このTFNとなります。このTFNは、納税者番号となり、雇用される際にも、オーストラリアでタックスリターン(日本での確定申告のようなもの)を行うときにも必要となってくるものになります。オンラインで申請でき、申請料は無料で、1度取得すると、それを生涯使うことができます。
  • オーストラリアンビジネスナンバー (Australian Business Number – ABN)個人事業者としての番号となりまして、オンラインで申請できてこちらも無料となります。ABNは通常郵送されるのに約1ヶ月みるといいと思います。
  • ビジネス名  これは、絶対取らなければならないというわけではなく、個人事業なら皆さんのお名前でも良いのですが、皆さんのお名前を使われないというのであれば、ビジネス名を考えて、登録しなければなりません。登録時に、ABNが必要となりますので、ABN取得後、オンラインでビジネス名の登録をする必要があります。ビジネス名は、現在オーストラリアでビジネス名として登録されているもの以外でないと、登録できませんので、オンラインで登録ページに、自分の望むビジネス名がまだ登録されてないかどうかを調べることもできます。ビジネス名登録には費用がかかり、現在(2014年7月13日時)、1年用は$34、3年用で$78となっています。

上記、申請時のウェブサイトを以下にまとめてありますので、ご参考に。

Tax File Number (TFN)
https://www.ato.gov.au/Individuals/Tax-file-number/Applying-for-a-TFN/
Australian Business Number (ABN)
https://abr.gov.au/For-Business,-Super-funds---Charities/Applying-for-an-ABN/Apply-for-an-ABN/
Business Name
http://www.asic.gov.au/asic/ASIC.NSF/byHeadline/Registering%20a%20business%20name

もちろん、この個人事業(Sole Trader)としての起業は、稼いだお金は全て皆さんに入ってきますが、反面、起業した後の責任はすべて個人事業主にあり、その責任範囲は、仕事が上手くいかなくて出た損害や借金、または法的に他者から訴えられる等、全てになります。

 

お問い合わせボタン