世界と戦う為に。オーストラリアへの留学・進学なら

無料ご相談・お見積り

ページを選択

医療系2作業療法

作業とは何でしょうか?仕事だけではありません。仕事も含まれますが、人々が日常生活における様々な活動、つまり趣味、日課、休息といったことが作業と定義付けられています。そして、事故や病気、高齢などの理由で一般の作業が出来なくなった方や、身体障害者を対象としたリハビリ医療を作業療法と呼びます。

理学療法とも似ているとされていますが、理学療法がより体の根幹部分の治療に着目しているのに対し、作業療法は、作業能力、つまり応用動作能力と社会的適応能力を回復させることを目的としています。基本項目は理学療法士と同じことを学ぶ科目もありますが、その専門科目は大きく異なると言うことです。

リハビリの流れとしては、理学療法によって関節や筋肉の治療を行い、回復した後が作業療法の出番といえるでしょう(もちろん、それぞれ単独で治療が行われ、完結することも多々あります)。扱う体の部位でいえば、語弊があるかもしれませんが、幹を扱うダイナミックな理学療法、細かく枝葉を整える作業療法、と例えられるかと思います。

もちろんどちらもリハビリ作業、医療において大事な行為であることは間違いありません。

そして日本、オーストラリアを問わず、ますますの高齢化社会に向かって大変重要視され、やりがいもある職業です。
ご他聞にもれずオーストラリアで不足している職種の1つですから、就職や永住ビザにも大変有利となっています。ご興味をもたれましたらお気軽にご質問ください。

お問い合わせボタン