世界と戦う為に。オーストラリアへの留学

無料ご相談・お見積り

ページを選択

医療系1理学療法資格

オーストラリアでキャリア・チェンジを図る人も、永住ビザを取得したい人にも有利な資格は医療関係全般の資格です。なかでも看護資格が大変人気がありますが、その他で特に紹介したいのは理学療法(Physiotherapy)のコースで、こちらも看護ほどではないもののとても人気の高いコースです。

一般にはあまりなじみのない言葉なので「人気コース」というのには違和感があるかもしれませんが、実はオーストラリアで正規留学を希望してキャリア・アップを考えている人にはかなり人気の高いコースです。オーストラリアは医療関係の研究は世界的にもかなり進んでいるのですが、この理学療法に関しては世界でもトップと言われています。

理学療法とは、身体に障害のある人に対し、運動療法・マッサージなどにより、リハビリテーションとして行う治療と認識されていて、そうしたことも含みますが、実際にはもっと幅広く身体的障害の回復を図っていく治療法です。スポーツ大国であるオーストラリアでは、スポーツ関連の理学療法教育も盛んです。

この理学療法はどの学校でも学べるわけではないのですが、一部のオーストラリアの大学、大学院でコースを設けています。オーストラリアでは人手も不足していますので、永住ビザの取得にも有利な学科の1つです。

日本の理学療法資格は残念ながらオーストラリアでは認められておらず、オーストラリアで理学療法士として活躍するには、「Australian Physiotherapy Council」認定の試験をパスするか、認定の大学、大学院で学位を取るか、のいずれかの方法を取る必要があります。大学で学ぶ場合、通常4年(大学院2年)ですが、日本の資格保持者については履修単位の免除がわずかながらも認められる可能性があります。

永住ビザ取得に有利と書きましたが、日本人留学生の場合、だいたい半数弱は日本に帰国して、レベルの高いオーストラリアで学んだことを活かすことでキャリア・アップを図っているようです。また、永住ビザを取得した方は、地元の病院などで活躍されていますし、開業することも出来ます(日本では、理学療法士は開業できない)。学位取得はハードですが、医療の最先端オーストラリアで学んでキャリア・アップするも良し、あるいはキャリア・チェンジ+永住ビザ取得をお考えのあなたにもお薦めコースの1つです。

主な大学
学部(4年)
シドニー大学、モナッシュ大学、ジェームスクック大学、クイーンズランド大学、ラトローブ大学、セントラルクイーンズランド大学、南オーストラリア大学、オーストラリアンカソリック大学、カーティン大学、ニューカッスル大学、キャンベラ大学、チャールズスタート大学

大学院(1年~2年、資格取得のためのコースは2年)
シドニー大学、グリフィス大学、カーティン大学、キャンベラ大学、南オーストラリア大学、ボンド大学、西シドニー大学、メルボルン大学、ラトローブ大学

お問い合わせボタン