世界と戦う為に。オーストラリアへの留学

無料ご相談・お見積り

ページを選択

工学5バイオメディカルエンジニア(医用生体工学)

バイオメディカルエンジニア(医用生体工学)とは、医学と工学を融合した分野で、工学技術を医療に応用、あるいは生体の仕組みを工学に応用する学問です。その応用例として様々な医療検査機器、人工心臓などの臓器、医療用ロボット、DNAコンピューティングなどがあげられます。医療においてのみを見ても予防、診断、そして治療とが一体化した未来の医療システムの構築に貢献することは間違いありません。

この分野もやはりオーストラリアが世界に誇る分野の1つです。少子高齢化が進む中、社会を持続的に発展させる為、健康と社会福祉に貢献できる、やりがいのある医療・工学分野です。

本専攻の領域は、概ね「物理、電気、機械系」と「化学、材料、生物学系」の2つにわけられ、そこからさらに細分化されます。
工学関係の別の分野からの転身、理学系や医療関連からの転身はもちろん、まったく畑違いの分野からの挑戦、高校を出て大学に進学する際の選択肢、いずれの場合も意義のある学びとその後のキャリアになるでしょう。

本件は、医療関係、工学系両方のページに類似の内容を掲載しています。いずれかに興味のある方に是非一度検討していただきたいコースです。詳しくはどうぞお気軽にお問い合わせください。

工学のその他の記事はこちらから

工学1 国際派エンジニアを目指す留学
工学2 オーストラリアにおけるエンジニアリング
工学3 世界的なニーズの高さと日本人の特性に合う選択肢
工学4 環境エンジニア
工学6 技術経営MOT~理系のMBA

お問い合わせボタン