世界と戦う為に。オーストラリアへの留学・進学なら

無料ご相談・お見積り

ページを選択

工学3世界的なニーズの高さと日本人の特性に合う選択肢

理系離れ」は日本だけでなく世界中で共通していることのようで、それに伴い世界的にエンジニアが不足しています。オーストラリアも例外ではありません。

オーストラリアでエンジニアリング・コースを修了すれば、
1)オーストラリア永住ビザの取得に有利
2)英語のできるエンジニアとして日本での就職にも有利
3)世界中で仕事のチャンスがある

という3点でお薦めです。
特にオーストラリア永住ビザは魅力だと思います。 留学生で新卒の場合は、いくらビザがあってもオーストラリアでの就職は簡単なことではないのですが、一部の資格(教師や医療関係)は就職にも有利になっています。エンジニアはそれら以上、と言っても過言ではありませんし、また、オーストラリアのエンジニアの初任給は日本の新卒の1.5倍以上と、待遇がいいことも魅力です。

エンジニアとひと口に言ってもかなり幅は広いのですが、基本的にどの分野でもニーズは高いといえます。余談ですが、技術立国ニッポンのイメージは今でも強いため、仮に新卒であっても日本人というだけでニッポン・プレミアムが(そう強いというほどではないものの)多少なりとも期待できます。事実、日本人は文化的背景からか、細かいところによく気が付くと思いますので、ユーザー・フレンドリーなモノづくりに向いているといえます。

オーストラリアならではのマイニング(鉱業)、今後より高い需要が見込める機械、電気、電子、土木(環境含む)、化学は特にお薦めの分野です。文科系からの転身は簡単ではありませんが、十分な可能性もありますし、もともと理系バックグラウンドの方であれば、エンジニアリング・コースへの留学を検討してみる価値は十分にあると思います。

あなたも国際派エンジニア、国際派メカニックを目指しませんか ?

工学のその他の記事はこちらから

工学1 国際派エンジニアを目指す留学
工学2 オーストラリアにおけるエンジニアリング
工学4 環境エンジニア
工学5 バイオメディカルエンジニア(医用生体工学)
工学6 技術経営MOT~理系のMBA

お問い合わせボタン