世界と戦う為に。オーストラリアへの留学

無料ご相談・お見積り

ページを選択

経営学6技術経営MOT~理系のMBA

MOTとはManagement of Technologyの略で、日本では技術経営あるいは技術マネジメントと訳されており、技術に立脚する事業を行う企業・組織が、持続的発展のために、技術が持つ可能性を見極めて事業に結びつけ、経済的価値を創出していくための戦略を立案・決定・実行することです。技術者向け、理系向けのMBAと一般的に言われています。MOTの真髄は技術に立脚した戦略立案よりも技術開発に適応する組織開発や知識経営が主体となっています。MOT以外にもTechnology Management、Engineering Management、IT Managementなどが技術経営の意味で使われています。経営のわかる技術者や研究者、技術とはいかなくとも、技術を生み出す仕組みを理解できる経営者の育成にうってつけのコースです。
 

技術マネジメント(MOT)を入学しやすいオーストラリア留学で身につけよう

日本でも数年前から知られだし、大学がコースを設置しだしたMOTですが、このWEBページを割いてご紹介しているのはいろいろな思い入れがあるからです。技術立国ニッポンとして絶対に必要な考え方だと思うので、理系、技術者の方に是非お勧めしたい、ということもあります。

日本は長年その技術面での国際競争力はトップクラスにありますが、トータルでの国際競争力は年々下がってきています。この国際競争力指標にはいろいろな要因が絡み合っていますが、日本がその高い技術力を活かしきっていない、商品化、実用化できていない、ということも一因と言えるでしょう。技術経営はこのギャップを埋める為の考え方です。すごく簡単に言えば、技術者は「良いものを作ろう」となりがちですが、マーケティングの考え方も学んで「売れるもの、(皆が)欲しいものを作ろう」という考え方を持って技術開発にのぞんでいく、ということです。さらにもっと深く掘り下げれば、技術者特有の「良いもの」を、消費者の利益に如何に転化させるか、ということを考えていくか、という視点です。

経営者の視点に立てば、逆に「技術者が作ったすばらしい技術をどのように売れるものとして世に出そうか」「よい技術が生み出される組織作り」といった考え方を育てます。

実は(というかやはり)この技術マネジメントの考え方はアメリカ生まれです。スタンフォード大学やマサチューセッツ工科大学が大学院レベルでMOTプログラムを提供しています。ただ、留学生にとっては現時点では企業派遣でないと入学できず、また入学自体も狭き門となっています。その点はオーストラリアの各大学はオープンになっていますからどんどんチャレンジして頂きたいと思います。是非オーストラリアでMOTを学び、英語とビジネス感覚にも精通し、国際感覚もあるエンジニアを目指していただければ、と切に願います。そしてそういう人が増えれば今世紀の日本の競争力も決して悲観することはないと信じています。

お問い合わせボタン