世界と戦う為に。オーストラリアへの留学・進学なら

無料ご相談・お見積り

ページを選択
メルボルン大学

オーストラリア大学.comはオーストラリア州政府公認代理店です。

大学紹介

1853年に設立されたメルボルン大学(University of Melbourne)は、研究と教育に力を入れている大学で、地元の学生に加え、現在110カ国から来た8千人の外国人学生が在籍しています。メインキャンパスであるパーカービルキャンパス(Parkville campus)は、8つの病院と研究機関、そして研究図書館があることで有名で、その図書館では電子データベースと、20以上の言語にわたる3万冊にも及ぶ書籍があります。

また、2016年のTimes World Rankingではオーストラリアの大学で一番の評価を得ています。ノーベル賞受賞者も数多く卒業生から輩出していたり、特に医学分野では世界レベルでもかなり高い評価を得ています。加えて日本の多くの大学、例えば東京大学、京都大学、一橋大学、東京工業大学、東京外国語大学、慶應義塾大学、上智大学等といった大学と交換留学の提携をしているので、日本でもその知名度はオーストラリアの大学の中でもトップクラスでしょう。

The Timesが発表する世界の大学ランキングで世界最優秀25校の一つに選ばれた事もありますし、特に有名なのは卒業生の就職率です。研究機関としても、中国のShanghai Jiao Tong Universityが発表する世界の大学教育ランキングの世界100大研究機関で4年連続で選定されています。

その他にも数々のノーベル賞受賞者、オーストラリアの首相などあらゆる分野で活躍する著名人を輩出しています。名実ともにオーストラリアを代表する大学であり、世界各国から優秀な研究者や学生が集まってきます。

またメルボルン大学の卒業生の雇用主評価は非常に高く、学内での高いレベルの研究をはじめ次世代のリーダーシップを育成する上で非常に優れた大学です。メルボルン大学では、メルボルンモデルと呼ばれる独自のカリキュラムを導入しています。カリキュラムの中には実践と理論の調和した社会で通用する力やリーダーシップを養うことを目的とした高いレベルを目指すものになっています。

学校概要

設立年:1853年

場所:オーストラリア-ビクトリア-メルボルン(Melbourne)

運営形態:大学

外国人学生数:約8,311人

教員数:約4,684人

学期:2学期(2月、7月)

キャンパス:合計10校

メルボルン

メルボルンは世界的にも国際的な学術都市として知られており美しく歴史を感じさせる建造物や文化の名残を感じさせる美しい都市です。そのためキャンパスの周辺をはじめ修学環境の整った環境であると言えます。

- Parkville campus(メインキャンパス)

- Burnley campus
- McMillan campus
- Creswick campus
- Dookie campus
- Shepparton campus
- Gilbert Chandler campus
- Hawthorn campus
- Werribee campus

学部詳細

本校の「メルボルンモデル」では、他のオーストラリア大学にはない学部構成を行っています。学生は、6つの学位コースと様々な既存の課程で学部から選択でき、卒業後は就職をしたり、より専門的なレベルの勉強のために進学することができます。学部時代はイギリス・オーストラリア型の専門教育というよりも、1つの深い分野のほか、若干包括的に様々な分野を学んでいくイメージです。

以下のような幅広い専攻を提供しています。

オーストラリアと先住民研究

オーストラリア映画、テレビ、劇場 オーストラリア文学
オーストラリアとアボリジニの芸術 オーストラリアのメディア
オーストラリアとアボリジニの歴史 オーストラリアの植物と動物学
オーストラリアの建築 保全とオーストラリアの野生動物
オーストラリアの環境研究 現代のオーストラリア文化、政治、社会
先住民族の芸術管理(VCA) 先住民の教育と文化

建築と建築環境研究

建築 プロパティと建設
建築歴史 不動産
設計 都市計画と開発
造園 都市デザイン
計画と設計  

経営学

会計 ファイナンス
ビジネス 人的資源管理
コマース 管理
電子商取引 マーケティング
経済  

コンピュータサイエンス&情報技術

コンピューターエンジニア 情報システム
コンピュータサイエンス ソフトウェア工学
地理情報技術 電気通信工学
情報学  

教育

大人の教育 屋外教育
幼児教育 身体とスポーツの教育
初等教育 プロの練習と学校観察
キネシオロジー 中等教育

エンジニアリング

バイオメディカル 地理情報技術
化学および生体分子学 地理情報学
市民 機械および製造
コンピュータサイエンスとソフトウェア メカトロニクス
電気および電子
(電気通信を含む)
構造
エンジニアリングマネジメント ユーティリティー管理
環境  

環境研究

開発技術 環境科学
エコロジー 環境研究
エネルギー研究 森林科学
環境法 測量
環境方針 水資源管理

人文社会科学

アメリカの研究 歴史
古代世界のスタディ 科学の歴史と哲学
人類学 国際的な研究
考古学 イスラム研究
アラビア語の研究 ユダヤ教
美術史 言語学および応用言語学
アジア研究 中世の研究
映画研究 哲学
クラシック 政治学
文芸 公共政策
犯罪学 社会理論
文化研究 社会法的研究
開発研究 社会学
英語文学研究 劇場の研究
性別調査  

土地環境

農業 地理
農業経済と農林業 景観管理
動物科学と管理 天然資源
バイオテクノロジー 植物科学
保全と生態学 土壌科学
食品科学 都市園芸
森林科学 ワイン技術
遺伝学と育種  

言語

アラビア語 イタリア語
中国語 日本語
フランス語 ロシア語
ドイツ語 スペイン語
ヘブライ語 スウェーデン語
インドネシア語  

法学部

心理学

実験心理学 社会心理学
定量的心理学 認知心理学
発達心理学 産業/組織心理学
行動神経科学 人間心理学

科学

解剖学 人間の構造と機能
動物の生物学 免疫学
天体物理学 数学
大気・海洋科学 海洋生物学
生化学と分子生物学 気象学
バイオテクノロジー 微生物学
植物 神経科学
化学 海洋学
細胞生物学 病理学
発生生物学 薬理学
エコロジー 物理
地球科学 生理
環境科学 植物科学
進化生物学 統計
地質学 サイエンス
遺伝学 動物学

学期日程

メルボルン大学は前期、後期の2期制で運営されています。また一部の専攻では現地夏休みを利用したSummerコースも導入されています。 主な学期日程は下記の通りです。

【前期】Semester1

授業開始 2月下旬〜3月初旬
休暇(イースター) 4月上旬(1週間程度)
授業終了 5月上旬
試験期間 6月上旬~下旬(3週間程度)
学期終了 7月上旬

【後期】Semester2

授業開始 7月下旬
学期中休み 9月下旬~10月上旬(2週間程度)
授業終了 10月下旬
試験期間 11月上旬~12月上旬(6週間程度)
学期終了 12月上旬

上記日程は年度により変更となることがあります。

学生サービスと設備

学生連合(UMSU

学生連合の代表は、学生の投票によって選出され、学生の権利を保護·促進する役割を担っています。

進路と就職サポート

進路就職サポートは、学生の就職の可能性を高め、進路開発支援と就業機会の最大化のために提供されるサービスです。

-大規模な就職情報の提供
-多様な進路開発セミナーやイベントを開催
-個々の履歴書作成指導と進路相談
-週間メール発送
-海外就職相談をはじめとする海外雇用サービス
-オンライン就職情報サイト

言語·学習能力部門(LLSU

学業や言語能力を指導、教育する本部門は、調査、作文、試験準備、口頭発表などを含む学力向上をサポートします。

-個人指導
-ワークショップや短期コース
-オンラインコース
-文献資料と電子ドキュメント

ライティングセンター

ライティングセンターは、大学院生と教員の執筆能力の向上をサポートします。ワークショップ(初級、上級)は毎学期行われ、大学院生、新入研究員、学術研究者がより多くの大衆に研究内容を発表できるよう、業界の専門家たちが直接教育します。

メルボルンユニスポーツ(Mebourne Uni Sport

メルボルンでも最高水準とされる本校のスポーツ施設の中で、530万ドルをかけて改装したボールペールセンター(Beaurepaire Centre)は、世界遺産リストに登録されており、1956年のオリンピック当時の訓練の場所としても利用されました。

室内温水プールや、最新のフリーウェイト機器と陸上トラック、運動場などを備えています。

▶ 新入生担当部署(FYEU

新入生担当部署(FYEU)は、各種イベントやプロジェクト(オリエンテーション)のサポートをします。

保健サービス

在学生、教職員、その他の地域の人々に提供される本サービスは、一般的な診療サービスを提供しますが、避妊、性、スポーツ、または就学中に発生した傷害、アレルギーなどの診療も行っています。男女の医師や看護師がおり、必要に応じて外部に委託診療も可能です。

上記情報は変更されている可能性もありますので、最新情報やより詳細をご希望の場合は、弊社までご相談ください(無料)!

メルボルン大学 学費

すべての学費を列記したいのですが、毎年価格や学科が変更になる為、リンクをここに記します。Resourcesからコースを確認ください。詳しくは、お気軽にお問い合わせください!

分野 専攻 学士課程($AUD)
農業、工学、科学、獣医学 農業(農業を含む) - Dookie $ 39,168
コンピューティング $ 38,976
エンジニアリング $ 38,976
情報システム $ 38,976
数学、統計 $ 37,440
検眼 $ 46,048
科学 $ 39,680
測量 $ 38,976
獣医学 $ 62,080
建築環境と自然環境 建築環境 $ 37,664
ビジネスと経済 会計、管理、商業、経済 $ 39,264
教育 教育 $ 29,344
健康と医療科学 行動科学 $ 37,952
歯科 $ 61,760
健康(非臨床) $ 37,952
医学 $ 78,720
医学(臨床) $ 83,296
看護 $ 28,736
その他の健康 $ 37,952
理学療法 $ 40,256
人文・社会科学・言語 芸術、外国語、人文、社会 $ 29,728
法律 法律 $ 39,424
音楽、ビジュアル、舞台芸術 VCA(オーディオビジュアル) $ 52,064
VCA(基礎研究) $ 19,776
VCA一般 $ 26,784
VCA(舞台芸術) $ 26,784
ビジュアルとパフォーマンスアート $ 26,784

https://futurestudents.unimelb.edu.au/admissions/fees/ug-intl/subject-fees

メルボルン大学 偏差値/レベル

オーストラリアには偏差値という考え方はありませんが、世界大学ランキングからある程度のレベルを想定出来ます。

The Times World University Ranking

メルボルン大学のThe Times World University ランキングでは33、位です。オーストラリア国内の入学難易度としては最高クラスです。

QS World University Ranking

メルボルン大学のQS World University ランキングでは、41位です。オーストラリア国内の入学難易度としては最高クラスです。

オーストラリア大学.com独自評価

良くも悪くも他のオーストラリア大学とは一線を画す存在で、他の名門大学と比べてもその敷居の高さは格別です。教育よりは研究に力を入れており、その質は多くの分野で世界でもトップレベルにあることは間違いありません。ただ、教え育てると言う意味での満足度は学部では低くなっています(大学院の場合はこの限りではなく、評価は高いです)。万人に受ける大学とは言いがたい事実はありますが、とはいえそこは名門中の名門、キャンパスライフは誇り高いものになることは間違いないでしょう。

メルボルン大学学部

FactSheet

入学難易度(学部)☆やさしい~☆☆☆☆☆大変難しい

工学 ☆☆☆☆☆
建築学 ☆☆☆☆
構造環境 ☆☆☆☆
測量 ☆☆☆☆☆
会計 ☆☆☆☆☆
経営学 ☆☆☆☆☆
経済学 ☆☆☆☆☆
法律一般 ☆☆☆☆
心理学 ☆☆☆☆☆
言語 ☆☆☆☆☆
人文 ☆☆☆☆☆
コミュニケーション ☆☆☆☆☆
芸術 ☆☆☆☆
環境学 ☆☆☆☆☆
農学 ☆☆☆
数学 ☆☆☆☆☆
理学 ☆☆☆☆☆
歯学 ☆☆☆☆☆
医療サービス ☆☆☆☆☆

☆少ない ☆☆☆☆☆多い

非英語圏学生(学部) 29% ☆☆☆☆
25歳以上の生徒(学部) 5%
非英語圏学生(大学院) 27%
パートタイム学生(学部) 8%
パートタイム学生(大学院) 41% ☆☆
高校からの直接入学 73% ☆☆☆☆☆
TAFEからの編入 2%
留学生数(学部) 6,833 ☆☆☆☆☆
留学生数(大学院) 4,708 ☆☆☆☆☆

Foundation

Trinity College Foundation Studies
卒業生はメルボルン大学をはじめ、オーストラリアの大学や教育機関への入学資格が与えられます。学生の大学入学を支援し、進路決定の相談に対応します。ほとんどの学生がTrinity College Foundation Studiesを終えて、メルボルン大学の学士課程に進学します。

メルボルン大学 休学留学 認定留学

スタディー・アブロードとは、オーストラリア国外の大学生を対象とした短期の正規留学プログラムです。メルボルン大学では、半年から1年(1セメスターから2セメスター)、正規留学生として、科目を履修し、単位を取得できます。詳しくはこちらの休学留学のページにてご確認ください。

宿泊施設

キャンパス内の宿泊施設

カレッジスクエアアパート(College Square Apartments

カレッジスクエアは、1999年から学生マンションとして利用されています。また、パークビルキャンパス(Parkville campus)まで徒歩15分、トラムで5分ほどのスワンストン(Swanston)には2006年に新しく学生アパートがたてられました。

- 24時間対応フロントデスク勤務、夜間警備
-電子アクセスカードシステム
-プール
-ジムとサウナ
-ラウンジ、実用的な部屋、小さなレストラン
-個人指導室、セミナー室
-屋外バーベキュー施設やバスケットボールのコート
-共同開発センター
-敷地内駐車場と自転車置き場
-アパートホテル
-家具付きの広い部屋の1つ、 2ベッドアパート
-ラウンジ/ダイニングルーム、キッチン、バスルーム、自習室
-冷蔵庫、電子レンジ、ガス、配管レンジフード付キッチン
-テレビ、DVD
-自習室の環境工学の学習スペース
-インターネット接続可能。
-電話、ボイスメール機能携帯電話サービス
-住居空間とバスルームに自動温度調節暖房
-天井のファン

メルボルン大学には12寮提携の寮があります。これらの寮はキャンパス内にあるか、または徒歩10分以内の距離にあります。学生寮は、50〜326人の学生が定員で、ほとんどがシングルルームで構成されています。各部屋ごとに暖房を備えており、電話とインターネットが接続されています。バスルーム、洗濯機、乾燥機、アイロンなどのランドリー設備、高学年休憩室、コンピューター室、セミナー室、図書館、音楽練習室、写真暗室などは共有しています。

キャンパス外の宿泊施設

ホステル(Rooming Houses

ユースホステルは、

Rooming Housesとしても知られています。このタイプは、他の学生と一緒に生活しようとする新入生たちに人気があります。共同ラウンジ、バスルーム、ランドリー設備を備えておりますが、家具を備えた場合とそうでない場合、また、シングルルームであるか、シェアなのか、食事が出されるのか、自炊なのかもホステルによります。

プライベート下宿/ホームステイ

-食事が含まれているホームステイ

ほとんどの家具が備わっていおり、1日2食または3食が含まれます。ホームステイ先によっては、洗濯もしてくれる場合があります。

-食事なしのホームステイ

ほとんどの家具が備わっていおり、家のキッチンとランドリー設備の使用が可能です。

-デミペア(Demi Pair

毎週、家の掃除や子供の世話をする代わりに、無料または低価格で宿泊設備できるタイプです。どんな仕事か、どのくらいの時間かかるのか等確認する必要があります。

シェアハウス

家を学生等で共有して使うタイプ。一般的に、最も低価格なオプションとなります。1人1部屋から一部屋を何人かで使うというものもあります。バスルーム、キッチン、リビングなどは公共空間で、個々人で管理する必要があります。

メルボルン大学の著名な卒業生

メルボルン大学の著名な卒業生としては、近年では2009年に医学生理学賞を受賞したエリサベス・ブラックバーンや、1996年に経済学賞を受賞したジェームズ・マーリーズ、また以外なところではウィキリークス創設者であるジュリアン・アサンジがいます(卒業はしなていないようです)。

メルボルン大学奨学金 Melbourne Research Scholarships (MRS)

メルボルン大学のこの奨学金は、博士号または博士号の修士号を取得した国内外の高学年の学生に提供されています。もちろん成績優秀者に限られ、また倍率も非常に高いですが是非一度お問い合わせください!その他の奨学金情報はこちらにて確認できます。

https://studenteforms.app.unimelb.edu.au/apex/f?p=153:2:0:::2:P2_ID:641

メルボルン大学 MBA ビジネススクール

詳細はMBAのページをご確認いただければと思いますが、メルボルン大学では世界的に有名なMBAのコースがあるメルボルンビジネススクールがあります。ビジネスマンの方や経営学部の学生ならご存知かと思いますが、Economistのランキングで、オーストラリア国内で2番目の評価です。

キャンパス案内


大きな地図で見る

お問い合わせボタン