世界と戦う為に。オーストラリアへの留学

無料ご相談・お見積り

ページを選択

オーストラリアの看護留学を計画される日本の看護師や学生の方々、オーストラリアで英語の勉強をしておられるすべての方々は、是非下記をよくご覧いただき、ご自身に合った学校を選択することで、看護師登録および永住権取得の成功につなげていただければと思います。

◎オーストラリア看護学科を選択する方法

看護学科を選択する際に注意する点は、自分の年齢とキャリア(経歴や学歴)、学力に合わせて学科を選択する必要があるということです。どの学校が対外的に優れているかということはほとんど関係なく、病院がRegistered Nurse (RN=正式看護師)を採用するときに、学校名はほぼ問題にしません。ご自身の考え、年齢、経歴などに合わせた選択をしましょう(年齢というのは永住ビザを加味した際に重要になるからです)

 

1.学歴

オーストラリアの看護大学は基本的に3年ですが、自国で看護資格を取得している学生や、看護以外でも学士号を持っている学生は、勉強期間を1年あるいは2年まで減らすことができ、期間が減るということでコストと時間を節約することができます。また、日本で学士課程を1年または2年まで勉強して、オーストラリアに勉強しようとする人も多いのですが、このような方にもファンデーションコース(1年の教養課程)なしですぐに学士入学して3年以内に勉強を終えることができます。ただし、学士入学に際しては一定以上の英語条件は満たす必要はあります。

2.年齢

年齢のことはあまり話したくはないのですが、、、オーストラリアの永住権を申請する際にも年齢スコアは非常に重要です。通常は、いろいろな仕事の機会も多いシドニーで看護を勉強することをお勧めしますが、年齢に応じて、他の地方で勉強をするほうがいい場合もあります。参考までに、オーストラリアの永住権年齢点は25-32歳で30点、それ以下、以上だと25点、15点などとなります。

3.キャリア

オーストラリア移民省では、看護師移民時日本で看護師として働いていた経歴を追加スコアで(ほぼ)認めます。准看護師は残念ながら永住ビザ人制の際のキャリアとしては認められていません。キャリアが長くあり​​年齢スコアが満点にならなくてもあまり問題ないような方々は、地方地域に関係なく、自分が勉強したい地域で勉強してください。

 

オーストラリア看護留学のより具体的な現地の状況と情報を知りたい方は、弊社までお気軽にご連絡いただければ、皆様の今までの経歴やお考えなどにあわせて詳しく説明いたします。

お問い合わせボタン