世界と戦う為に。オーストラリアへの留学

無料ご相談・お見積り

ページを選択

オーストラリアの休学留学

オーストラリア 休学留学

今、大学を1年休学して留学に挑戦する大学生が増えています。彼らはなぜその道を選ぶのか、休学をして得られるものは何か、どのような魅力が彼らを突き動かすのか、グローバル化はめまぐるしく進んでいきます。グローバル化に対応できる語学力、グローバルな視野、異色の文化に触れることができる新たな体験をして得られる柔軟性や適応力を身につけ、就職活動でのアドバンテージにと考える大学生が多いようです。学生が留学する場合は、大きくわけて休学留学と単位認定留学があります、それぞれ見ていきましょう。

休学留学

オーストラリア 単位留学

日本の大学に籍を置いたまま、休学して海外に半年から1年間の期間、留学するのが休学留学です。在籍している大学の姉妹校や協定校に関わらず、自身の留学目的や希望に沿った以下のようなプログラムを選択することができます。

単位認定留学

オーストラリア 語学留学プラス学部聴講

現在では多くの大学で、留学先での取得単位を日本の大学の卒業単位として認定してもらう認定留学制度があります。日本の大学に単位を認めてもらえるので、休学扱いではありません。日本の各大学ごとに留学先での対象校が決まっているが、単位が認められれば4年間で大学を卒業することができます。学生本人が希望した留学先での大学の単位を認定する留学制度もありますが大学によって規定が異なるので、在学中の大学にて、認定留学の条件を確認することが必要です。

認定校と協定校の違い

大学を休学する際に、認定校と協定校の違いについてはっきりと認識しておく必要があります。協定校とは、在籍する大学によって認められた正規の留学先の教育機関を示しています。協定校においては、留学先の大学で取得した単位を全て認められ、卒業を遅らせることなく就職活動に影響を及ぼさないと言えます。

また、費用においても在籍している日本の大学に学費を納めるだけで、現地の大学に学費を支払う必要はありません。ただ、現状では大学が協定を結んでいる教育期間のみであるケースが多く、一定基準を満たしていない学生は大学側から協定校を通した海外への渡航を認めてもらえないケースもあります。つまり選択肢が少ないのに加えて、大学側からの選考から漏れてしまった場合、協定校を通した海外留学ができない可能性もあります。

一方、認定校とは姉妹校や協定校にかかわらず、大学側から認可された特定の教育機関を指しています。認定校を通した休学留学(認定留学)の場合、学生自身で海外の教育期間に入学手続きを行い、日本の大学へ直接届け出をすることによって、単位を認めてもらう制度です。というのも日本で在籍している大学側から入学手続きの全てを援助してもらえるわけではありません。また現地で取得した単位数によっては大学卒業を遅らせずに済みますが、学校によっては認定される単位に規定があるため、取得した単位が全て認めてもらえるとは限りません。学費においては日本の大学と留学先の学校の双方に支払わなければならないケースもあるので、自身の在籍している大学に、認定校のリストとともに確認する必要があります。

協定校、認定校を通した休学留学以外にも、日本で在籍している大学に休学届を提出して留学する休学留学があります。休学をして留学するので日本大学に休学費を支払わなければならないケース(大学によって異なります)もありますが、グローバル化がめまぐるしく進む今、日本人留学生を求めている大学が多くあり、それに伴った休学費の免除がなされるケースも増えてきています。学ぶ分野に制約が一切ないので、自由度は高いです。

おすすめ大学コンテンツ

最新ホットニュース

留学生インタビュー①

ウーロンゴン大学で経済学を勉強している学生にインタビューをしました。

留学生インタビュー②

ウーロンゴン大学の大学院でプロジェクトマネジメントを勉強している学生にインタビューをしました。

お問い合わせボタン